How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

June 2017

皆さんこんにちは。

今日で今年も前半戦が終了ですね。

皆さんにとって今年の上半期は、
充実した時間になりましたか?

私は適度に艦これを楽しみつつ、
ときにはサボりつつという感じでした。

やっぱりマイペースが一番ですね。






マイペースといえば、
先日のメンテナンス後に時報が追加された川内ちゃんです。

予想通りといえばそうなのですが、
明らかに昼と夜のテンションが違いますよね。

朝に時報を聞けるタイミングがあったのですが、
露骨に爆睡していてさすがに草が生えました。

そして午後から夕方にかけて、
いや夜が近づくにつれて上がっていくテンション(笑)。

さらに私が気に入ったのが、
22時から23時にかけての流れです。


前々から思っていましたが、
川内ちゃんから「夜戦バカ」を抜くと、
ただの正統派美少女になりますよね。

その女子力の一端を見ることができて、
久しぶりに川内ちゃんと夜戦したくなりました。






もちろん、
他意はないですよ?

川内ちゃんと夜戦がしたいだけです(笑)。

皆さんこんにちは。

ひたひたと月末が近づいてきましたが、
今月のEO海域は攻略し終えたでしょうか。

ぐうたら提督な私は、
4-5まではどうにか終わらせました。

5-5は正直迷っているところです。

一昔まであれば、
どうせ勲章を取ったところで…、
という言い訳もしやすかったのですが、
最近は勲章の消費が激しすぎるのもあり…。

気が向いたら、
ダッシュでがんばるかもしれません。






ここ数日、
ギルティギア×チェンクロの話題ばかりでしたが、
久しぶりに提督業にも活かせるビジネスネタでいきます。

皆さんは艦これでの各アクションについて、
ログを取る習慣などはありますか?


うちの友人提督には、
「提督日誌」というツールを活用している人がいます。

艦これに関するあらゆるデータを記録し、
あとで振り返ることができる優れものです。

私は「提督日誌」を活用していませんが、
できるだけ各アクションを記録するようにしています。

細かく記録しすぎると、
リアルの仕事みたいになってしまうため、
精神的な疲労に耐え切れなくなることがありました。

そのため、
現在はあくまで「ざっくり」と記録しています。

コツコツと記録しているのは以下の項目です。

・各資材の収支
・建造開発の結果
・装備改修の計画と進捗
・出撃エリア別の艦隊編成と装備
・出撃エリア別の出撃結果と所感


資材管理や開発レシピ別の結果などは、
エクセルなどで記録している方も多いと思います。

また、
艦隊編成については、
艦これの機能のひとつとして実装されています。

これがとても便利ですね。

私は課金せずに3枠だけ使っていますが、
周りはほとんど枠の増設をしているくらいです。

私の3枠の使い方は以下のとおりです。

・アルフォンシーノ方面(3-3)用
・カレー洋(4-2)・カスガダマ沖(4-4)用
・珊瑚海(5-2)用

ご覧の通り、
ウィークリー任務のためだけに使っています。

同時に進めるためには、
カスダメをとったり疲労を抜いたり、
ちょっとした待ち時間が発生します。

その時間を使って、
他方面に出撃をしておくというのが、
私がよくやっている出撃方法です。

きっと皆さんもやっていることでしょう。

艦隊編成を変えるときに、
ワンボタンでフルチェンジできるので、
時間的なロスが少なく効率化が図れるのです。


ただ、
出撃に関する所感を記録しておくことは、
ほとんどの提督がしていないと思います。

どういうことを記録しているかというと、
ボス戦で反航戦になり火力不足だったとか、
対空カットインで空母ヲ級が沈黙したとか、
装備改修をすればワンパンで行けそうとか、
そういうざっくりとした感想を残しています。

これをどのように活かしているのかというと、
その海域でギリギリまで燃費を節約させたり、
レベリングする艦娘を入れたときのバランスを取ったり、
積み重ねることでいろいろと役に立つのです。

もちろん、
数値的なデータも大切なのは理解しています。

ただ、
実戦経験を自分なりにデータベース化しておくことで、
たとえばイベント海域に突入するときに何をすべきか、
直感的に多くの引き出しを思い出せるのです。






いちいちすべての出撃に対して、
これらの記録を残しているわけではありませんが、
出撃させるときには何らかのコンセプトを持って、
それがどのように機能したのかを残しておきます。

そうすることでコンセプトへの反省ができます。

さらに、
艦隊がどのように機能しているかについて、
日頃から戦闘中に「見よう!」という姿勢がつき、
気付きにくい点への観察力が増してくるはずです。


これはそのまま仕事に対しても、
同じように活かせるような気がしています。

大切なことからくだらないことまで、
情報はあらゆるチャンネルから入ってきます。

それに対する感度を高めて、
自分なりにデータベースを作っておくことで、
必要なときにちゃんと力になってくれるはずです。

はじめのうちは、
何を記録したらいいのか、
こういう記録の仕方でいいのか、
きっと迷ったり考えたりする時間が続きます。

けれども、
それでいいのです。

やがてそれが自然にできるようになり、
さらにデータベースの質が高まっていくのですから。


私は「意識高い系」ではありません。

できるだけ楽をしながら、
目的に対して効率的に進んでいきたいのです。

それであまった時間ですか?

もちろん、
ぐうたらするのに使います!

皆さんこんにちは。

タイトルだけでピンときた方は、
ギルティギア兼業提督の方でしょうか?

前回に引き続き、
GG×チェンクロのコラボの話からです。


うちに来てくれたソルさんですが、
すっかりスーパーエースの座に就きました。

3凸のヘリオスくんと並んで、
強力な前衛部隊の完成ですね。

非力だったうちの義勇軍も、
これで多少レベルの高い敵とも対峙できそうです。


ソルさんといえば、
超必殺技の「タイランレイブ」が有名です。

もちろん、
チェンクロとのコラボでも、
このタイランレイブは強力な必殺技です。

さらに、
ソルさんは「ドラゴンインストール」といって、
ドラゴン?に変身する技を持っています。

ギルティギアはそれほど詳しくないので、
間違っていたらすみません…。

これもチェンクロとのコラボで、
しっかりと再現されています。

戦闘中に敵を倒しながらゲージを貯め、
貯まりきったところでドラゴンインストールです。

さらに、
ドラインからのタイランレイブですよ!

これが見た目もかっこいいのですが、
ゲームバランス崩壊レベルに強い必殺技です。

これによって、
ソルさんは一躍スーパーエースの座を射止めました。

これからも大切に使っていこうと思います。


ソルさんといえば、
ファフニールという技があります。

友人のなかにソル使いがいまして、
いつも「ファフニールからの…」でやられます。

はい、
私はへたっぴなのです。

そのファフニールなのですが、
ずっと「ファブリーズ」だと思っていました。

私は難聴気味なのですよ、
効き間違いが人一倍多いことで有名?です。

なので、
チェンクロの自己紹介コメントに、
「ふぁぶり~ず♪♪」と入れております。






艦これでは、
途中から変身する艦娘はいませんね。

最近では、
イベントなどで「○○-壊」となる敵がいますが、
最終形態となると極端に装甲や火力などが高くなり、
撃沈までもっていくのに一苦労となることが少なくありません。

どちらかといえば、
ギルティギアのようにゲージを貯めて…、
というよりは壊れたことによって本気を出すイメージでしょうか。


艦娘にも道中で敵を撃沈することでゲージを貯め、
ボス戦で強力なカットインとして放出するような、
面白い必殺技があったらどうなるのでしょうか。

いわゆる、
「深雪スペシャル」や「加古スペシャル」のような感じです。

実現性は限りなく低いと思いますが、
そういう妄想を勝手に抱くのも楽しみですね。

皆さんこんにちは。

まずは将棋の藤井四段が、
29連勝達成ということで、
昨夜はとても驚きました。

これからどこまで連勝が伸びるのか、
騒ぎすぎないように見守りたいと思います。






ご覧いただいている提督さんのなかには、
艦これ以外のゲームを楽しんでいる方が多いと思います。

提督業を営んでいるリア友さんとは、
艦これ以外でもいくつかのゲームを楽しんでいます。

そのひとつに、
格ゲー「GUILTY GEAR(ギルティギア)」があります。

私自身は格ゲーが苦手であり、
触れる程度の実力なのですが、
他の友人たちはかなり上手になってきました。

ちなみに、
私はアクセルさんしか使えません…。

強いアクセルは接近戦で本領発揮らしいのですが、
私のぽんこつアクセルは徹底的にアウトレンジです。

山風ちゃんのように、
「近寄らないで~!」と叫びながら踏ん張っています(笑)。


もうひとつに、
スマホゲーム「チェインクロニクル」があります。

こちらはスタンダードなRPGでしょうか。

チェンクロもあまり強くありませんね、
無課金でのんびりやっている程度です。

ただ、
友人たちは積極的に頑張っている時期があり、
私以上の戦力を持っている猛者たちでもあります。

そのチェンクロですが、
いろいろなゲームやアニメなどとコラボをしており、
たまたま今回ギルティギアとのコラボが実現しました。


ギルティギアはちょくちょくやっているなかで、
チェンクロは下火になっていた私たちでしたが、
今回のコラボに向けて久しぶりにチェンクロにログインです。

ガチャをたくさん回せるように、
ひたすら石集めをがんばりました。

おかげさまで、
実は先週のウィークリー任務は、
北方までで諦めることになりました。

艦これと並行しながら石集めをしましたが、
時間はいくらあっても足りないのです…。


それでも、
私自身では納得のいく回数分の石を集め、
先週末はみんなで集まってガチャ大会となりました。

結果、
私のところにはソル・バッドガイさんが4凸しました!

ガチャだけで4凸できたのは、
もしかしたら初めての出来事かもしれません。

友人たちもエルフェルトやディズィーを4凸し、
ガチャ大会はそれなりに楽しめたと思います。

ただ、
ソルの4凸を狙っていた友人のところには、
あまり縁がなかったことだけが残念でした。

その分、
いわゆる「物欲センサー」がない私のところに、
うっかりソルが4凸するのですから不思議なものです。






艦これでも、
「物欲センサー」は敏感に働きますね。

うちの鎮守府では、
1日1まるゆを狙っているのですが、
最近は香取さんしか出てくれません…。

前回のイベントでは、
伊13を狙っていたのですが、
こちらもついにドロップしませんでした。

2回連続で伊13には嫌われています…。


「物欲センサー」をコントロールするためには、
やはり精神一到何事か成らざらんという心持でしょうか。

未熟な私には、
難しいことはさっぱりわかりません。

皆さんこんにちは。

待望の「由良改二」の調子はいかがですか?

うちの鎮守府では、
早速あちこちの海域に連れまわして、
ユーティリティプレイヤーぶりを楽しんでいます。

ステータス的に見てしまえば、
神通さんや阿武隈ちゃんのような絶対的な強さはなく、
器用貧乏な一面が見え隠れします。

とはいえ、
「何でもできる」ことは大きな武器です。

きっと次回のイベントでは、
獅子奮迅の活躍が期待できるのではないでしょうか。






さて、
基本的にぐうたらな艦隊運営をしているため、
今月の3-5をゲージ半分で放置していたのですが、
由良さんの実力を見るために出撃させることにしました。

伊勢日向の任務ですか?

それは後回しです(しばらく放置かなぁ…)。


うちの鎮守府では、
いつも3-5は下ルートで出撃しています。

すいらいせんたんを率いるのは、
なかなか指示に従ってもらえない阿武隈ちゃんです。

やはり先制雷撃があってこそ、
下ルートを楽に攻略できますからねぇ。


しかし、
今回は同じく先制雷撃ができるということで、
阿武隈ちゃんから由良さんにバトンタッチです。

装備面に関していろいろと試したかったのですが、
とりあえず以下の装備パターンを試してみました。


パターン1
15.2㎝連装砲改★9、探照灯★MAX、甲標的甲、(8㎝高角砲改+増設機銃)

先制雷撃と夜戦連撃、
さらに夜戦で探照灯を活用してみようというパターンです。

やはり由良さん自身の火力がマイルドなので、
由良さんの攻撃ではそれほどダメージが伸びませんでしたね。

ただ、
3-5では充分な火力だったように思います。


パターン2
10㎝連装高角砲+高射装置★9、13号対空電探改★9、甲標的甲、(8㎝高角砲改+増設機銃)

先制雷撃と夜戦連撃、
さらに対空カットインを組み合わせてみようというパターンです。

3-5の下ルートでボスが最終形態になると、
ボス手前に軽母ヌ級flagshipが出てきます。

水戦を載せて制空権争いでもよかったのですが、
とりあえずは従来の攻略コンセプトに近い形で、
由良さんを活用してみることにしました。

従来の攻略コンセプトでは、
駆逐の数名が対空カットインを狙っていました。

こちらは思ったよりもいい感じでした。

ボス手前の被害軽減にも役立ち、
ボス戦の夜戦でも輸送ワ級flagshipを薙ぎ払いました。

空母がいないので今回は関係ありませんが、
弾着観測射撃を捨てても面白いのかなと感じました。






ということで、
来月以降も3-5の軽巡は、
阿武隈ちゃんから由良さんへバトンタッチです。

おそらくいろいろな提督さんが、
由良さんの活用方法を試していくことでしょう。

それを参考にしながら、
こちらも自分なりの活用方法を探っていきます。

太ももが最高です(笑)。

↑このページのトップヘ