How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Category: Management of the Fleet

皆さんこんにちは。

受験生提督の皆さん、
センター試験お疲れ様でした。

この結果を踏まえて、
二次試験などへと戦いが続きますが、
まだまだ気を抜かずにがんばってください。

ちなみに、
私は直前の模試で志望校E判定でした。

センター試験の自己採点でも、
目標としている点数より50点以上低かったのですが、
二次試験できっちりと大逆転して合格しました。

数名しか枠のないところでしたが、
たぶん50人以上をぶち抜きました。

奇跡は起こるものです。

自分の力を信じること、
その力を最大限に活かすためにはどうするかを考えること、
それが厳しい受験戦争を勝ち抜く唯一の方法だと思います。






ちょっとだけ昔話をしましたが、
艦これの話題に戻しましょう。

提督の皆さんは、
自分が理想とするコンセプトに沿って、
あれこれと装備の改修を進めていると思います。

うちの鎮守府では、
戦艦が大好きな提督だけあって、
大口径主砲の改修が進んでいます。

巡洋艦用の主砲も、
阿賀野型用の能代砲を中心に、
3号砲などを手厚く改修しています。

そのほかの装備は、
「ほどほど」といったところにとどめ、
ネジをできるだけ節約しようとしています。


そのため、
いわゆる補助的な装備や飛行機については、
あまり改修が進んでいないのが実情です。

友人の提督などは、
むしろ飛行機が大好きということもあり、
私が無視しているような飛行機も改修してあります。

逆に大口径主砲などは、
あまり改修していないという特徴があります。






私のなかで、
駆逐艦の一番のお気に入りは島風ちゃんです。

先日、
長波改二と同時にD型砲が実装されました。

このD型砲は、
夕雲型と島風に装備させると、
大きなフィット補正が入ります。


つまり、
思わぬ形で「嫁艦装備」が実装されたのです。

ここで私を悩ませているのが、
D型砲をもう1つつくるかどうかです。

改修の候補としては、
満潮ちゃんがもってきたC型砲があります。

というか、
おそらくこのC型砲をD型砲にする以外、
うちの鎮守府ではD型砲を用意できません。

ちなみにB型砲は、
あれこれと牧場していたこともあり、
かなりの数を所有しているため、
多少減ったところで痛くもかゆくもありません。

ただ、
大きな問題となるのが「ネジ」です。

小口径主砲にもかかわらず、
意外とネジの消耗が激しいんですね…。






できればもう1門用意して、
火力補正がつく艦を増やしたいところです。

冬イベはレイテ沖海戦です。

栗田艦隊には多くの夕雲型が参加しており、
島風ちゃんとのコンビを考えると2門あっても足りないくらいです。


そんな話を友人提督にしていたら、
すでにD型砲が2門になっていました。

ちゃっかりしていますよね。


ということで、
少しずつですがC型砲の改修に着手します。

ネジのペースを考えると、
冬イベに間に合うかどうかというラインですが、
実際につかう場面が来るまでには時間がありそうなので、
マイペースで進めようと思っています。

最近のイベントでは、
思わぬ装備が突然必要になることがあります。

なくても攻略はできるのですが、
その装備をつかった方が楽に攻略できます。

秋イベを例にすると、
ハイクラスの水戦などがあります。

数だけでなく質も問われるようになりました。

二式水戦でもがんばれましたが、
強風改をもっていた友人提督は、
制空値が多少楽になっていたのを思い出します。

その友人提督は、
図鑑を埋めるためだけにつくった強風改が、
まさかこんな形で役立つとは思わなかったと言っていました。


今回のD型砲も、
なければないなりに攻略できると思います。

しかし、
駆逐艦が高火力を発揮することができれば、
意外なところで恩恵を受けられるかもしれません。

もちろん、
島風ちゃんに質の高い主砲を装備させたいですしね。

ということで、
しばらくはD型砲づくりをがんばりたいと思います。

皆さんこんにちは。

イベント前の準備といえば、
やはり物資の備蓄は避けて通れません。

燃料や鉄鋼などは、
短時間で回収しやすい物資ですね。

東京急行や北方鼠輸送作戦を回せば、
1日でかなりの量を回収することができます。

さらにオリョクルをすれば、
いつものプレイ時間で1万弱くらい手に入ります。


弾薬も回収しやすい物資ですが、
出撃するとつかってしまうため、
燃料や鉄鋼ほどスムーズに回収できません。

とくにうちの鎮守府では、
演習に大和型を入れていますので、
ある意味で高めの「必要経費」になります。

とはいえ、
こちらも出撃時の工夫によって、
消費を抑えることはできます。





しかし、
ボーキサイトやバケツは、
回収しにくい物資の代表格です。

イベントなどのあとに、
思ったより消費が少なくてよかったと思うことはあります。

ボーキサイトやバケツが残っていると、
次のイベントに向けての物資回収は楽になります。


ただ、
逆に思ったより消費してしまうと、
それを取り戻すのにはかなりの時間がかかります。

回収だけをがんばっているのであれば、
それなりのペースで集められるかもしれません。

けれども、
出撃任務をこなしながら回収しようとすると、
どうしても集めるペースを上げることができません。


とくにウィークリー任務をやると、
ボーキサイトやバケツは使ってしまいます。

それでも消費をガマンしないと、
ネジが手に入らないので悩みどころですよね…。






今週末には秋イベが始まりますから、
うちの鎮守府でも備蓄モード全開です。

それでも、
可能な限りウィークリー任務はやろうと思います。

しかもウィークリー任務は、
イベント開始前には終わらせたいところです。


アルフォンシーノ海域はいつもの編成にしますが、
カレー洋は潜水艦にある程度はがんばってもらう予定です。

いわゆるカレクルですね。

ボスマス手前の機動部隊で、
輪形陣の対潜攻撃がとても怖いですね。

魚雷の射線が戦艦に集中して、
いつもそこで1隻は中破してしまいます…。

きっと潜水艦労働組合による、
提督へのささやかな反抗なのでしょう。


ドックとの兼ね合いになりますが、
できるだけ少ない物資の消費にして、
備蓄と任務達成の両立を目指したいと思います。

皆さんこんにちは。

ついに秋イベが今週末に迫りました。

イベント前の準備で忙しいとは思いますが、
提督としてできるのは準備と祈ることだけです。

今から身を清めておいた方がいいでしょうか。






今更ではありますが、
扶桑さんと山城さんのレベルキャップを外します。

レベル99になってから、
おそらく2年くらい経っています。


うちの鎮守府では、
レベル99の艦娘がたくさんいますが、
ついついケッコンカッコカリをサボってしまいます。

必要がないと判断すると、
そのまま放置してしまいます。


ということで、
扶桑姉妹をつかおうとする局面で、
ケッコンカッコカリが必要かといえば、
これまでは必要がないという判断をしました。

それでもなんとかなりました。

ただ、
今回はなんともならないかもしれません。

扶桑姉妹はその特性上、
どうしても耐久と回避に難があります。

それを少しでも補ってあげたい…、
ということでついにレベルキャップを開放します。






ただ、
レベリングまでは手が回りません。

演習などに入れたら、
もしかしたらレベル110くらいにはなるかもしれません。

とはいえ、
とりあえずはレベルキャップだけ外して、
耐久が多少上がってくれたらそれでいいことにします。


あとは最上さんですね。

うちの鎮守府の重巡や航巡は、
すべてレベル99なのですが、
実はちょっと迷っています。

なぜなら、
私の悪癖のひとつに、
「レベルをそろえたい病」があるからです。

とくに同型艦は、
レベルはもちろんですが、
経験値もだいたい同じくらいに揃えています。

揃えていますというよりも、
揃えてしまいますというのが正しいかもしれません。


つまり、
最上さんだけでなく、
残りの3姉妹もケッコンカッコカリをしないと、
なんか喉の奥に小骨が刺さったような気分になります。

もう「ちくま~ちくま~」ですよ。

どうせレベリングまでは手が回らないので、
秋イベが始まってから様子を見て判断します。


それでは、
今夜にでも大本営にお布施を入れることにしましょう。

皆さんこんにちは。

今月は秋イベを控えていることから、
できることをできるだけ早く進めています。

とくにEO海域は、
先月のようにギリギリまで残して、
ラストに駆け込みで突破するのが難しく、
秋イベ前に攻略完了したいところです。






初日から5-5に突入して、
今さっき3-5と4-5が終わったところです。

1-5と2-5はいつの間にか終わっていて、
あとは1-6と6-5という状況になりました。

それぞれ、
ほぼストレートで突破できました。

正直なところ、
ここまで順調に突破できるとは思わず、
私自身が一番驚いているかもしれません。


これだけEO海域の攻略が順調であれば、
来週に物資をささっと集めることができそうです。

とはいえ、
攻略そのものが順調だったこともあり、
予想していたよりは物資の消耗が少なく、
この点もうれしい誤算だったといえます。


やはり人間やる気になれば、
どうにかなるものなのかもしれませんね。

ちょっとうれしかったので、
いつもは更新しない時間ですが、
思わずブログを更新してしまいました!

皆さんこんにちは。

前回のアップデートで、
いくつかの中口径主砲に補正が入りました。

個人的には、
嫁艦である阿賀野型のメイン火力、
15.2㎝連装砲改が火力+1となったのがうれしいです。

この主砲は命中が高いことで、
連合艦隊によるペナルティ気にならず、
よく当ててくれるという印象があります。

秋イベのスリガオ夜戦では、
おそらくPTの群れが襲い掛かってくることでしょう。

そこでの命中にも期待しています。






さて、
夜戦といえばこの装備を忘れてはいけません。

前回のアップデートでは、
20.3㎝(2号)連装砲(以下、羽黒砲)に夜戦補正が追加されました。

あわせて、
20.3㎝(3号)連装砲(以下、三隈砲)に命中補正が追加されました。

これまでは昼戦の羽黒砲、
夜戦の三隈砲という認識でしたが、
単純に羽黒砲の上位互換が三隈砲となりました。

わかりやすくなったといえば、
そうなるのかもしれませんが、
個人的には「うーん…」といった印象です。

使い分けをせざるを得ないところに、
私なりの面白さを感じていたからです。






とはいえ、
海外の中口径主砲には夜戦補正がないらしく、
この点では使い分けができるかもしれません。

一方で数が限られているのが、
海外の中口径主砲の特徴でもあります。

プリンツ砲はとくに数が少なく、
使いどころが難しい主砲のひとつですね。

ザラ砲は長射程になるため、
攻撃順を調節するためには効果的ですが、
ザラ級以外で命中率に難があるように感じます。

とくにイベント海域では、
回避能力が高い敵艦が多いため、
ザラ級以外ではせっかくの火力を活かせないこともあります。

カレー洋やアルフォンシーノ海域では、
命中率ダウンはほとんど気にならないんですけどね…(笑)。






入手コストや改修コストを考えると、
手っ取り早く数をそろえるなら羽黒砲、
じっくりと鍛えたいなら三隈砲になります。

今までは三隈砲中心で牧場してきましたが、
状況によっては足柄さんを検討したいところです。

羽黒砲でMAX改修にすれば、
改修途中の三隈砲以上の火力が期待できます。


とはいえ、
秋イベにはもちろん間に合いません。

現状で火力を発揮するためには、
三隈砲と羽黒砲を1門ずつ混載して、
☆の合計を13以上にする以外に手がありません。

これでも火力は問題ないと思いますが、
今後の改修の楽しみをひとつ見つけたと思うことにします。


それよりもうちの鎮守府では、
もっと魚雷の改修をがんばらないといけません。

たまに思い出すのですが、
なぜかいつも忘れてしまうのは悪い習慣ですね…(笑)。

↑このページのトップヘ