How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Category: From Lazy Admiral

皆さんこんにちは。

次回のメンテナンスは明日ですよね、
気が付くとお正月モードも終わりに近づきました。

任務の進捗はいかがでしょうか。

私は今夜に追い込みをかけることになりそうです。






実装される予定の軽巡改二ですが、
どうやら龍田さんで決まりみたいですね。

自信満々に阿賀野型を予想し、
それが外れたあとには名取を予想しました。

はい、
無残にすべて外れました。

某競馬番組で怪しいデータを用いては、
予想を外し続ける先生の気持ちがちょっとわかりました。


私の嫁艦は阿賀野型ですから、
改二への期待に胸を膨らませていたのですが、
残念ながら今回はあきらめざるを得ません。

一方で、
友人提督に龍田さんが嫁艦の提督がいます。

こちらは満面の笑みで、
ガッツポーズをしていました。

少なくとも、
私の周りでは阿賀野型ではないか、
という意見が大勢を占めていました。

そのため、
その友人提督はまさか自分の嫁艦に改二がくるとは思わず、
はじめはただただ驚いていました。

落胆する私と、
浮かれまくる友人提督、
今回の軽巡改二実装は明暗くっきりです。






ただ、
龍田改二はどのような性格になるのでしょうか。

可能性があるとすれば、
まずは史実で検討されていた防空巡洋艦です。

船体がコンパクトな天龍型ですが、
主砲を一部撤去して高角砲に換装することで、
防空能力を高めようとしていたようです。

実際には改装されませんでしたが、
if改装がたびたび実装される艦これですから、
このコンセプトがもっとも可能性が高そうです。

もともと水偵は乗らないので、
おそらく五十鈴改二のようなイメージでしょうか。

固有の対空カットインがあり、
それが集中機銃だけとかだったら、
他のスロットを有効活用できるので助かります。


あとは輸送に特化した巡洋艦も面白そうです。

具体的なイメージでは、
鬼怒改二のように輸送量に補正がのっていたり、
大発動艇系の装備が可能になったりすることです。

もちろん、
改二の軽巡であれば作戦投入もあると思いますが、
普段づかいを考えると輸送量ボーナスは欲しいところです。

ついでに、
燃費も据え置きになってくれると、
遠征艦隊のエースになること間違いなしですね。


僚艦の天龍ちゃんとくらべて、
戦果という面では若干劣る龍田さんですが、
意外と面倒見のいいところを表現してほしいです。

皆さんこんにちは。

ちょうどセンター試験の時期ですね。

ムーミンの出身地にかんする出題で、
あれこれと注目を集めている今年のセンター試験ですが、
受験生の皆さんにはがんばってほしいですね。

ほかには、
FGOにも関連する?内容が出題されているようですね。

単純に教科書を丸暗記するだけでなく、
高校生の生活に身近なところからも出題され、
出題傾向も年々変わってきているのかもしれません。

さすがに艦これが出題されることはないと思いますが、
出題傾向の変遷からするといつかはあるかもしれませんね。


私のセンター試験の思い出は、
私よりも父が張り切っていまして、
試験時間の2時間前には会場入りしていました。

とてもありがたかったのですが、
試験が始まる前にパワーダウンしてきてしまい、
午前中の試験ではあまり力を出せませんでした。

もっとも、
力を出せたとしても大して変わらなかったと思いますが…(笑)。






さて、
艦これの方では冬イベの告知がありました。

2月中旬からということですが、
11日前後の連休をはさむかどうか、
私はその1点だけに注目しています。

告知から約1か月後に始まるという法則からいえば、
これがまた非常に微妙な時期でもあります。


とはいえ、
RTAをするわけではないので、
連休から始まってくれたらうれしいというくらいです。

のんびりとキラ付けする時間がとれるので、
間宮さんの消耗を多少抑えられますからね。


逆に考えると、
うちの鎮守府として考えると、
備蓄は2月に入ってからでも間に合いそうです。

今は基本的にサーモン海域の周回だけですが、
物資に関してはバケツとボーキ以外はほぼ維持しています。

ボーキにかんしては、
たまたまレベリングの都合上、
空母を多めにしていることから、
どうしても消耗を抑えるのが難しい状況です。

バケツの方は、
できるだけ明石さんを活用しながら、
粘っているつもりではあるのです。

ただ、
ここ数日は大淀さん(ドラム缶担当)が絶不調で、
すぐに壊れてしまう傾向があり消耗が著しいです。

もしかしたら、
深海側によるバケツ漸減作戦でしょうか。


受話器「大淀を置いてください!」


おっと、
誰か来たようなのでこの辺で失礼します。

皆さんこんにちは。

日本列島にかなり強い寒気が入ってきたみたいですね。

九州や山陰地方でも、
山添いを中心に雪が降っているということですが、
皆さんがお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

風邪やインフルエンザはもちろんですが、
思いがけないケガや事故にも気を付けたいですね。






昨夜は友人提督がお雑煮をごちそうしてくれました。

阿賀野型に改二がこなかったことで、
私は激しくショックを受けていたのですが、
その話をしていたら「とりあえず来い!」ということで、
ちゃっかりお雑煮までいただいてしまいました。

そこで次の軽巡の改二は何かという話題になり、
私は名取を第一候補にあげました。

能代改二を外した私の予想を、
ちょっとだけお話していこうと思います。


「やや旧式」という言葉から、
阿賀野型や大淀は外れる見通しです。

阿賀野型の前につくられた軽巡は夕張ですが、
「やや旧式」とまでは言い切れない気がします。

したがって、
候補は天龍型・球磨型・長良型となります。


天龍型は輸送作戦にも多く従事し、
今回の要件にも合致しているようにも感じます。

しかし、
もっとも引っかかることとして、
「やや旧式」かどうかということです。

天龍ちゃんは世界水準を軽く超えていると主張しますが、
太平洋戦争開戦当時の軽巡の水準を考えると、
「旧式」だったといわざるを得ません。

「やや」という言葉がついているということは、
「もっと旧式」になる軽巡がいるとも考えられるので、
「もっと旧式=天龍型」ではないかと思いました。






残るは球磨型と長良型です。

現在、
球磨型で改二が未実装なのが球磨、
長良型で改二が未実装なのが長良と名取です。


そのなかでも名取だと予想する根拠は、
「第五水雷戦隊の旗艦」だったという史実です。

艦これでもすっかりおなじみの水雷戦隊は、
一水戦から四水戦までだと思います。

それぞれの旗艦、
麾下の駆逐艦の個性やチームワークが話題となり、
今では広く親しまれるようになりました。


第五水雷戦隊というのは、
開戦時からわずかの間ですが、
旧式の駆逐艦などで編成されていた部隊です。

睦月型や神風型の駆逐隊を率いたのは、
長良型軽巡の名取でした。

神風型の実装も少しずつ進み、
いつの間にか第五水雷戦隊はみんな実装されています。

第五水雷戦隊について言及する艦娘もいます。

他の水雷戦隊とちがって、
わかりやすい戦闘や戦果が少ないため、
あまり注目されてこなかったのは事実ですが、
そろそろ注目を集めてもいいころだと思います。


ちなみに、
開戦時の一水戦から四水戦の旗艦は、
いずれも改二が実装されています。

ということは、
次は五水戦の旗艦にも改二が実装されそうです。






また、
名取が沈んだ場所も理由のひとつです。

なんと「サマール沖」なのです。

サマール沖といえば、
レイテ沖海戦で栗田艦隊が戦った海域です。


名取が沈んだのは、
レイテ沖海戦が起こる前です。

「輸送作戦」中だった名取は、
米潜水艦に雷撃されて沈みました。


今回の改二実装のキーワードには、
「輸送作戦」という言葉があります。

どちらかといえば、
名取は輸送作戦に多く駆り出されたわけではありません。

しかし、
マリアナ沖海戦後に多くの輸送作戦に参加し、
最期もまた輸送作戦中だったことに注目しています。


一部では、
イベントに関連した改二は実装されにくい、
そのような意見があることもわかっています。

ただ、
これだけ関連するエピソードがあれば、
名取改二を期待せずにはいられません。

皆さんこんにちは。

少しずつですが、
次の改二改装にかんする情報が出てきましたね。

昨日の大本営電文によると、
次の軽巡改二が「やや旧式」になるそうです。

つまり、
「最新鋭」の阿賀野型は、
必然的に候補から外れてしまいました…。

楽しみにしていたのですが、
あまりにあっけなく希望が打ち砕かれました。

きっといつか改二になる機会が来ると思いますので、
それまではのんびりと待ちたいと思います。






さて、
提督の皆さんはお正月任務を終えましたか?

私は全く手を付けていません…。

あまり頭を使わず、
サーモン海域をルーティンで回っているだけですから、
現状では終わるはずもありません。


さすがにそろそろ手を付けないと、
任務そのものが終わってしまいそうなので、
コツコツと進めたいところですね。

ただ、
今週はあまり時間がなさそうなので、
実際にやるとしたら週末になりそうです。

ちゃんと把握すらしていないのですが、
任務で5-5に行くことになるという話ですね。

久しぶりの5-5になりますが、
編成が変わることもあってちょっと心配です。

5-5では支援艦隊を出さないのが、
私のひとつの考え方ではあるのですが、
今回に限っては支援艦隊も考えてみたいところです。

その前に、
まずはそこまで任務を進めないとダメですね。

皆さんこんにちは。

冬の冷え込みが一層厳しくなり、
朝起きるのがおっくうになりますね。

鎮守府のなかには、
「コターツ」という魔境があり、
その魅力に魅入られている艦娘が多いと聞きます。

私もその仲間に入れてほしい今日この頃です。






さて、
今月は冬イベに向けて、
サーモン海域にて粛々とレベリングを進めています。

おかげさまで、
涼月ちゃんもレベル80を超え、
多摩ちゃんもレベル93になりました。

もう少しだけレベリングをがんばってから、
他の艦娘のレベリングに移行したいところです。

なにせレベルを上げたい艦娘が、
駆逐艦を中心にたくさん残っていますから、
時間の許す限りがんばっていきたいです。






それはさておき、
去る1月7日といえば七草がゆを食べる日ですね。

無病息災を願い、
春の七草を入れたおかゆを食べます。


とはいえ、
実際のところ春の七草は、
この七草がゆくらいでしか食べる機会がなく、
七草がゆを食べない人にとっては縁の薄い食品でもあります。

かくゆう私も、
すっかり忘れていました…(笑)。


友人提督の話によると、
艦これでは1月7日に「七草がゆmode」になっていたみたいですね。

私はまったく気付かず、
スルーしてしまいました。

日本の四季のいいところは、
気候や景色だけでなく食べ物からも感じられます。

七草がゆのように、
時節で食べる食事にはちゃんと意味があります。

食文化の多様化により、
こうした日本古来の食文化への意識は薄れつつありますが、
できるだけ折を見て食事からも四季の変遷を感じたいものです。

↑このページのトップヘ