How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Category: Way of Life Hacks

皆さんこんにちは。

一昨日は備蓄の話題に触れましたが、
いつの間にか任務の話に逸れてしまいました。

脱線して戻ってこれないあたりが、
なんだか私らしいところですね(笑)。


実はカレクルの話ではなく、
バケツ集めについてお話ししたかったのです。

バケツは任務と遠征で入手できます。

基本的に私は、
艦これをプレイしているときは、
長距離練習航海を多用しています。

日中はタンカー護衛任務と鼠輸送作戦、
これを2~3回転させてバケツを集めます。






先日、
新しい遠征が追加されましたね。

そのなかに「海峡警備行動」という遠征があります。

こちらは55分の遠征で、
バケツを1つ確定させることができます。


友人提督は、
バケツ集めにこの新遠征を活用しているそうです。

この遠征のメリットは、
やはりバケツを確定で集められることです。

物資の方も比較的短めの遠征で、
燃料やボーキを集めることができます。

友人提督は燃料欠乏症気味なので、
バケツ集めもかねてこの遠征を多用しています。






一方で、
私は長距離練習航海を多用しています。

この任務では、
バケツはランダムで持ってくるため、
思うように集まらないことがあります。


それでも、
私がこの遠征を使うのは、
体内時計で正確に30分をカウントする練習になるからです。

思いっきり集中して仕事をしたリ、
逆にだらけまくりながら帰投を待ったりすることで、
いろいろなシチュエーションをつくるようにしています。

人は集中やリラックスの度合いによって、
体内時計の進み方が変わると思っています。

集中していると時間は早く流れ、
リラックスしていると時間はゆっくりと流れます。

正確に30分をカウントする練習では、
体内時計と実際に流れている時間を合わせることが目的です。

ちなみに30分であれば、
誤差は±30秒くらいでカウントできます。

この練習を続けることによって、
仕事でも遊びでも時間感覚を失わなくなるので、
時間を有効活用することができるようになります。


30分をベースにしながら、
半分の15分や2倍の60分もカウントできるようになります。

さらにそれらの基準があると、
体内時計で他の時間も合わせられるようになります。

私の隠れた特技の1つです。






実際に友人提督たちとくだらない話をしながら、
思い出したように遠征を回収しようとするとき、
のこり30秒くらいになっているとうれしいです。

それを見て、
友人提督たちはビックリしてくれます。

そして、
自分たちの遠征も回収しています。


まるで私は砂時計ですね(笑)。






物資集めは地味な作業ですが、
コツコツと進めておくことで、
誰でもしっかりと物資を貯めることができます。

さらにいえば、
単調な作業だからこそ、
何かしらの楽しみ方があると、
モチベーションを保つことができます。

私にとってのそれが、
30分のカウントということになります。

よかったら皆さんも遊び感覚で、
体内時計を実際に流れている時間に、
ピッタリと合わせる練習をしてみませんか?

皆さんこんにちは。

新しい一週間がはじまりますね。

そろそろ今週あたりから、
秋イベの準備も本格化させて、
レイテ沖海戦に備えたいところです。

もちろん、
艦これでの準備も大切ですが、
とくに社会人提督の皆さんにとっては、
イベントをプレイするための時間確保も、
重要な準備のひとつになるはずです。

かのハーロック提督も、
仕事の合間を縫うようにして、
プレイ時間を確保されていました。

こちらも無理することなく、
イベントに取り組める時間の確保に努めましょう。






ということで、
仕事時間が長引く原因となる残業にスポットを当て、
それをどのように解消するかを考えてみたいと思います。

艦これのプレイ時間を容赦なく奪う残業は、
ある意味ではイベント攻略よりも難敵です。

この難敵を上手に攻略できる人は、
きっと艦これでも効率的なプレイができるはずです。


多くの仕事のなかには、
「頭をつかう時間」と「ルーティンワーク」があります。

今回はそのなかでも、
「ルーティンワーク」について考えます。


慣れた作業を慣れた手順で行うルーティンワークは、
仕事のなかでも頭をつかわない仕事になります。

ミスしないことだけを気を付けて、
同じ作業を繰り返すわけですから、
「業務改善」という意識は薄れます。

いつものペースを疑うことなく、
ごく当たり前に繰り返してしまうことが、
実はルーティンワークの大きな落とし穴なのです。






仕事は突き詰めれば突き詰めるほど、
「絶対」というものがありません。

それはルーティンワークでも同じです。

その仕事がルーティンワークになったとき、
もしかしたら「もっとも効率的なやり方」だったのかもしれません。

しかし、
仕事への理解を深めた今、
果たして「もっとも効率的なやり方」のままなのでしょうか。


というような疑念を、
意識的もつようにすることが今回のテーマです。

どこにロスやミスがあるのか、
定期的にルーティンワークを見直していきましょう。


それを改善するためにはどうしたらいいのか、
私は「省エネ」を意識することにヒントが隠されていると思います。

作業効率を高めることも、
作業時間を縮めることも、
作業人数を減らすことも、
すべて「省エネ」につながります。

自分自身の努力で解決できることもありますが、
仕事には必ずしもそうではないこともあります。


そんなときには、
身近にいる「効率的な仕事をする人」を見つけて、
じっくりとその仕事ぶりを観察しておきましょう。

「省エネ」でルーティンワークをするヒントが、
そのなかに隠されていることが少なくありません。

どうしてもヒントに気付けないときには、
直接相談してみるのも重要なアクションです。


ちょっとした「省エネ」への意識によって、
少しずつルーティンワークも進化していきます。

ルーティンワークが省エネ化することは、
他の仕事につかえるリソースが増えるということです。

つまり、
「頭をつかう仕事」に割り当てるエネルギーが増えて、
余裕をもって仕事に取り組むことができるようになります。


空いたリソースをさらなる仕事に割り当ててもよし、
さっくりと帰宅して艦これに割り当てるのもいいでしょう。

たとえそれが数分しか変わらなくても、
一週間や一か月積み重ねてみていくと、
とても大きなエネルギーの塊になります。

今から「省エネ」を意識する習慣をつけ、
スムーズな秋イベの遂行を目指してみませんか。

皆さんこんにちは。

これまで日本の工業を支えてきた大企業で、
次々と信用を揺るがしかねない不正が発覚しています。

東芝にはじまり、
日産の検査員の問題が発覚し、
さらに神戸製鋼のデータ改ざん問題です。


品質がいいことで、
日本の工業は世界中から信頼を集めてきました。

しかし、
「品質がいい」と思われていた日本の大企業で、
これほどまでに信頼を失い問題が発覚してくると、
果たしてどれだけに企業がまじめにやっているのか、
そのように勘繰る人や企業が出てくることでしょう。

たまたま日産や神戸製鋼が、
運悪く不正が暴かれてしまっただけで、
本当はどこもやっているのかもしれません。


などというと、
本当に真面目に頑張っている方や企業が、
気分を悪くするというのも理解できます。

業界のトップランカーに位置する企業が、
こういう形で不正をしたということは、
業界そのものの信頼を失うことにもつながりかねません。

きっと忸怩たる思いで、
日産や神戸製鋼の謝罪と説明を見守っていることでしょう。






日産と神戸製鋼の謝罪会見で、
ちょっとした違いに気付いてしまいました。

私はどちらの業界にも明るくないため、
今回の不正がどういう意味を持つのか、
本質的に理解しきれていないところがあります。

もしかしたら、
私の解釈そのものが間違っているかもしれませんが、
気付いたことをできるだけありのままにお話しします。


まずは日産の謝罪会見ですが、
こちらは社長が1人で会見に臨み、
ざっくりといえば「謝っていない」会見でした。

検査員は無資格でしたが、
検査したことは事実であり、
それによって直ちに事故につながることはない、
品質に問題はないというスタンスに感じられました。

したがって、
この問題について「謝罪」というワードはつかわず、
あくまでもお騒がせしたことを「陳謝」したに過ぎません。


一方で神戸製鋼は、
発覚した不正については非を認め、
社長兼会長が全面的に謝罪するという会見でした。

印象とすると東芝に近い感じで、
「これはまだまだ不正があるな?」というニオイがします。

実際に社長兼会長の会見以後、
新たなデータ改ざんの不正がみつかりました。

重箱の隅を楊枝でほじくるように、
今後も神戸製鋼の「品質」は不信感を持った目を向けられ、
新たな不正が発覚するのも時間の問題かもしれません。






何が言いたいのかというと、
日産は強気に「だからなに?」という会見をしたのです。

日本では何かトラブルが起こった場合、
まずは全面的に謝罪することが当たり前のような文化があります。

これに対して、
大きなトラブルがあったときに、
日本の文化を無視したことで大炎上したのが、
かつてマクドナルドだったと記憶しています。

カサノバ社長は、
初動対応として謝罪をせず、
「だからなに?」という対応をしました。

その結果、
何様だという話が広がり、
一時的にマクドナルドはピンチに陥ります。

その後、
日本人の役員の方が謝罪会見を行い、
ここでようやく事態が沈静化に向かいます。


今回の日産の対応は、
ある意味でマクドナルドに似ているような気がします。

騒がせたことは謝るが、
悪いことはしていないので、
その点については謝らないという対応です。

しかも、
その会見を社長が一人で行いました。

あれだけの大企業ですから、
社長以上にその分野で詳しい担当役員がいて、
彼らを同席させながら質問に答えるのが一般的です。

しかし日産は、
まるで「何事もなかったかのように」、
社長一人で「騒動への陳謝」を行ったのです。






ここに日産が目論んだ理由が、
ちょっとだけ透けて見える気がします。

つまり、
役員を数多く引き連れた会見にすると、
その見た目的にも「大事」に感じられ、
さらに大きなトラブルがあるのではと、
勘繰る人も出てくることでしょう。

ここであえて社長一人で会見することで、
今起こっている問題は「大事」ではなく、
ちょっとした認識違いによるミスだから、
気にせず安全に車に乗ってくださいという、
言葉に出さないメッセージを発した形です。


私は業界人ではないので、
本当はどれだけ大きな失態なのかはわかりませんが、
少なくとも日産は「今回の失態の大きさ」を、
イメージ戦略によって小さくしようとしました。

それがうまくいくか、
それとも叩かれるのかはわかりませんが、
大企業による謝罪としては珍しい取り組みだと注目しています。






かつて今回の日産と同じように、
「だからなに?」的な謝罪をしたマクドナルドは、
その後に大炎上して企業価値が落ちました。

日産はマクドナルドのように、
企業価値を落としてしまうことになるのでしょうか。

実際に今回の日産の謝罪方法について、
「それでいいのか?」という声が上がっています。

ただ、
かつてのマクドナルドのように、
その声が大勢を占めているようには感じません。

これから広がっていくかもしれませんし、
このまま静まっていくかもしれません。

現在のところは、
マクドナルドの謝罪では感じなかったイメージ戦略が、
ある程度機能しているともいえます。

そういう点から見ても、
日産の今回の対応の成り行きには注目しています。






スマホゲームやブラウザゲームでは、
不具合やトラブルがあったときには、
いわゆる「詫び石」で解決するケースが目立ちます。

基本的にこれらのゲームには、
石をつかって「ガチャ」というシステムがあるからでしょう。

私がプレイしているスマホゲームでは、
チェンクロもハチナイも「詫び石」を配ります。

それが致命的なミスであればあるほど、
配られる「詫び石」の数も多くなります。

私のように無課金プレイヤーにとっては、
この詫び石がとても助かります。


一方で艦これでは、
「詫び掛け軸」になるんですよね。

そもそも石という概念がないというのもありますが、
意思ではなくてもネジやバケツあたりであれば、
石のような意味合いで配ってもいい気がします。

しかし、
艦これの提督さんたちは、
大本営で大きなトラブルが起こると、
一斉に「掛け軸をよこせ!」となるのです。

よくよく考えると、
これって不思議ですよね!

皆さんこんにちは。

サンマ漁も後半戦、
現実的には不漁が続いていますが、
うちの鎮守府でも不漁気味が続いています。

せめて艦これだけでも豊漁といきたいものです。






あと1か月もすれば、
秋イベがはじまることでしょう。

私もよくありますが、
イベント攻略中には「煮詰まる」ことがあります。

机上の計算では完璧に近いはずなのに、
なぜか実戦に出してみると思うように機能せず、
攻略が滞ってしまうことも少なくありません。


これは仕事や勉強の場面でも起こりうることです。

思考がループし始めると、
そのことだけに頭が支配され、
自分一人の力では脱出するのが難しくなります。

できるだけ早い段階で、
「ループしている自分」に気付き、
そこから脱出する方法をとる必要があります。






そういうケースで大切なことは、
「思考のスタート」を強引に変えることです。

思考がループする原因のひとつに、
「思考のスタート」がいつも同じになることで、
思考そのものが凝り固まってしまうということがあります。

仕事のアイデアや艦隊の編成を考えるときに、
「至高のスタート」を変えることができなければ、
どうしてもアウトプットが似通ってしまうのです。


ここで大切なことは、
まず「思考がループしている」ことに気付くことです。

ちゃんと気付けたら、
片足分は思考のループから脱出したようなものです。


次に行うのが、
「思考のスタート」を変えることです。

ただ、
意識して変えようと思っても、
そう簡単に変えられないのも「思考のスタート」なのです。

手っ取り早いのは、
身近にいる特徴的な人になったつもりで考えることです。

それが自分の考え方と違えば違うほど、
「思考のスタート」を強引に変えることができるはずです。






私の話でいえば、
友人提督のなかでいつもお世話になっている友人が、
私とは真逆の戦略や艦隊編成を考える傾向があります。

だからイベントをやると、
いつも攻略の方法を議論するたびに、
面白いくらいぶつかって大変です(笑)。

自分だけが気持ちよくプレイしたいのであれば、
こういう提督との議論を避けて自分の考え方に固執し、
自分に責任において行き詰まればいいと思います。


私は真逆の考え方をする友人提督を、
その考え方に至る理由までしっかりと聴くようにしています。

そこには自分にはない発想があったり、
自分が見落としていたリスクに気付かせてくれたり、
攻略するために必要な多くの発見があるからです。


そもそも、
私の周りにいる友人提督たちは、
人それぞれ戦略が異なるので、
話を聴くだけでも面白いです。

やたらとビビッてしまい、
慎重に慎重を期す提督もいれば、
夜戦火力を綿密な計算で導きだし、
それを活かすことだけを考えている提督もいます。

ちなみに私は、
戦艦や空母の火力を活かして昼戦で大勢を決しておき、
夜戦ではかるくとどめを刺すという戦略をとりがちです。






自分とは考え方が異なるからこそ、
思考のループに陥ったときの復活が早くなります。

同じ場所で艦これをしていれば、
その場で議論をはじめることでヒントをもらうことができます。

たとえひとりでプレイしていたとしても、
その提督になったつもりで考えてみることで、
自力で思考のループから抜け出すこともできます。


そういえば、
以前なにかのイベントを攻略中に、
友人提督と真っ向から主張がぶつかったことがあります。

お互いの主張に一理あると思いながらも、
自分が考えた戦略で攻略をしたいと思っていました。


けれども、
私も友人提督も攻略に行き詰りました。

そこでお互いが下した結論は、
私が友人提督の戦略をつかい、
友人提督は私の戦略をつかうというものでした。

意図的にそうしたかったのではなく、
自分なりに考え方を煮詰めていったら、
偶然にも友人提督の戦略に行きついてしまったのです。

逆に友人提督も、
あれこれと微調整を繰り返していくうちに、
気付いたら私が話していた戦略になっていたそうです。

参考にするつもりはまったくありませんでしたが、
結果的にお互いのアイデアを丸々採用した例です。






これは仕事や勉強の場面でも活用できるはずです。

とくにアイデアを求められている場面で、
思考がループしていると気付いたらすぐに実践しましょう。

考え方の離れた人の思考パターンを借りて、
その人だったらどう考えるのかという視点が大切です。


それを可能にするためには、
日頃から思考パターンが異なる人とコミュニケーションをとり、
その考え方の根本を理解しておくことが大切です。

どうしても人は、
自分の考え方を否定されると、
あまりいい気分にはならないものです。

それゆえに考え方の異なる人を遠ざけ、
一瞬の精神的安定に満足してしまいがちです。

しかし、
みせかけの安定に満足していては、
自分の考え方を成長させることができません。

議論している瞬間は、
はらわた煮えくりかえっているくらいでいいのかもしれません。

そのなかでも相手へのリスペクトを忘れず、
「いつか役に立つから」と第三者的に冷静さをもって、
自分とは異なる考え方に触れてみることが大切です。






私も精神的に子どもなので、
これが完璧にできているわけではありません。

しかし、
これに気付いて努力を重ねているのか、
見せかけの安定に満足して努力を放棄しているのか、
結果はそれが必要となる場面でわかります。

日頃からいろいろな考え方に触れ、
自分の思考パターンも成長させていきたいですね。

皆さんこんにちは。

今日未明にDMMさんで、
大規模なサーバーダウンがあったみたいですね。

艦これをはじめ、
花騎士さんとか城プロさんなど、
稼働数が多いゲームのイベントがはじまると、
その影響でDMMさんのサーバーが落ちることもあります。

よく艦これのイベント開始時に、
ほかのゲームをやっている方々から、
「艦これのせいで…」といわれると、
ちょっとだけ肩身が狭くなったのを思い出します。

もちろん、
今回はそれとは無関係に、
急に落ちてしまったみたいですね。

どこからか攻撃を受けてしまったのでしょうか…。

とりあえず、
私が今朝ログインした段階では、
無事に復旧していました。


昨日は気合でい号作戦を終わらせて、
無事にウィークリー任務を出すことができました。

潜水艦労働組合の皆さん、
無理をさせてしまいすみません…。

オレンジ疲労でも周回を重ねて、
どんどんぐったりしていく潜水艦に、
もう一回出撃というのは忍びないのですが、
心を鬼にしてがんばってもらいました。

こういう無茶ぶりを重ねていくと、
部下の心が離れていくのでしょうね。






ここ数日は、
ずっとサンマ漁の話題ばかりでした。

逆にいうと、
サンマ漁くらいしか新鮮なネタがなくて、
若干サボっているような気がしています。

ということで、
久しぶりにちょっと真面目な話でもしましょう。


社会人提督の皆さんのなかには、
部下を抱えて仕事を進めている方もいると思います。

人を育てるというのは、
難しくもあり楽しいことでもあります。

勝手に育っていく部下もいれば、
あれこれ気を揉んでもなかなか育たない部下もいることでしょう。

どういう部下であっても、
一人前になって戦力となると、
それだけでうれしい気持ちになります。


とはいえ、
せっかくの部下を失うというのは、
自分自身にとっても会社にとっても大きな損失です。

それぞれの人生で思い描くキャリアプランがあり、
それを叶えるために必要な選択だったとしても、
できることなら共に長く働きたいものです。

「辞めさせない」ということは、
これからのビジネスにおいて大きなテーマになるでしょう。






辞めさせないことへのアプローチは、
いろいろな企業がいろいろと試しています。

うまくいった企業もあれば、
その方法をそのまま行っても失敗する企業もあります。

元々もっている企業文化や地域性、
業種などからも影響を受けている気がします。


理想的ではありますが、
多くのケースで手っ取り早いのは、
「報酬を上げる」ということです。

報酬を上げると、
社員たちのモチベーションが高まります。

会社への帰属意識も高まり、
自然と辞めない環境となっていきます。


しかし、
報酬を上げられる企業は、
現実的に考えてあまり多くないでしょう。

上げたくても上げられない、
そのなかで何ができるかを考えるのが、
これからのリーダーには求められています。

そこで注目されているのが、
「社員教育の充実」です。

社員や部下の能力開発に力を入れたり、
社内でのキャリアチェンジの機会をつくったりすることで、
社員や部下の満足度を高めていくことが大切です。






ちなみに能力開発といえば、
外部講師を招聘して研修を行ったり、
e-ラーニングを活用した研修をしたりする方法があります。

私もまだ社会人になりたてのころに、
このような研修を受けたことがあります。

社内で上司から教育を受けているだけでは、
仕事をするうえでに自分のストロングポイントや、
どういう方向性で自分を成長させたらいいかがわからなくなりました。

それがオブザーバー的な視点で評価され、
助言をもらえることで自分自身を再発見することができました。


また、
社内に挑戦してみたい仕事があれば、
それに挑戦できる組織であることも魅力的です。

もちろん、
会社や上司の考えもあるとは思いますが、
そこは社内で築くキャリアです。

相談し合ったり、
それを理解しあったり、
尊重したりできる環境をつくることも大切です。


これらのことが企業文化として根付いていけば、
自然と「辞められない」会社や組織になると思います。

組織が小さいうちは、
リーダーの意思を部下に伝達するのも、
小回りが利いて難しくないと思います。

ただ、
組織が大きくなるに従い、
リーダーの意思は末端の部下には届きにくくなります。

今までのやり方が通用しなくなる瞬間ですが、
自分の成功体験だけに縛られてそれに固執すると、
だんだん向かうべき理念に対してバラバラになってしまい、
いつの間にか組織そのものが根元から崩れることもあります。


リーダーの意思が伝わりにくくなるからこそ、
それ以外の何かで補うようにしておくことが大切です。

そのひとつが「社内教育の充実」になるような気がします。






艦これも海外艦がくわわって、
かなりの大所帯となってきました。

一昔前であれば、
自分のお気に入りの艦だけを育てて、
目の前の海域を突破するのも可能でした。

しかし、
艦種も艦数も増えたことによって、
求められる役割も細分化してきました。

ひとたびイベントがあれば、
バランスよく艦隊を練成しておかないと、
手ごま不足で攻略が難しくなることもあります。


艦これにおける「社内教育の充実」といえば、
やはりレベリングと装備の強化が中心になります。

艦娘は勝手にレベルアップしてくれないので、
こちら側から積極的にその機会を用意する必要があります。

出撃機会が多い艦娘だけでなく、
あまり出撃させていない艦娘も、
たまには出撃させてみるといいかもしれません。

レギュラー組との動きの違いを知っておくと、
いざ必要になったときにどれくらい動けるのかがわかります。

意外とイベントで役に立ちます。


装備面は長期計画で進めたいところです。

物資やネジの都合もありますから、
焦って装備の改修を進めようとすると、
どうしても艦隊運営全体に歪みが生じます。

その歪みを改善しようとすると、
出撃したいときに出撃できなかったり、
逆にオリョクルをしまくったりと無理が生じます。

資材やネジがかかる改修と、
逆に消費が少ない改修を織り交ぜて、
艦隊運営に無理のない装備改修をしていきたいものです。

ちなみに、
うちの鎮守府ではネジが苦しいので、
本当は改修を進めたい大口径主砲は週一だけにして、
あとはネジ3本程度の改修をのんびりと進めています。


艦これをプレイできる時間も、
艦これにつぎ込めるお金も限りがありますから、
できるだけ知恵を絞りながら楽しみたいですね。

引き続き、
私のできる範囲で「鎮守府内教育の充実」を図り、
艦隊練度を高めていこうと思っています。

ただ、
今はサンマ漁を中心にがんばります(笑)。

↑このページのトップヘ