How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Category:Operations Report > 2017 Summer Operations

皆さんこんにちは。

大本営電文に矢矧ちゃんがいますね!

阿賀野型が大好きな私にとって、
今日はなんだかいい1日になりそうです。

調子に乗って、
夏イベE-7も頑張っていきたいと思います。






さてさて、
昨日はつまづいてしまったギミックのJマスですが、
多少ヒントを調べてから出撃してみました。

主な変更点は、
第一艦隊に高速戦艦を4隻入れたことだけです。

高速戦艦4隻に軽空母2隻、
軽巡1隻と雷巡2隻と駆逐3隻、
これでどうにかJマスに進んでくれました。


本当かどうかはわかりませんが、
友人提督が「JマスのJは、JapanのJ」と言っていて、
いわゆる欧州出身の海外艦を入れるとダメらしいのです。

たしかに、
私の艦隊にはビスマルクさんとかリシュリューさんがいて、
それもルートが荒ぶる原因なのかということで、
念のため海外艦をすべて外すことにしました。

日本艦の高速戦艦で4隻入れるとなると…、
必然的に金剛シスターズ以外の選択肢がありません。






ということで、
金剛型率いるJマス破壊艦隊を結成して、
満を持して突撃してみました。

しかし、
私はここでひとつのミスを犯していたのです…。


それは、
第二艦隊の編成だと思われます。

高速戦艦4隻を入れる編成では、
第二艦隊は軽巡1隻と駆逐5隻がオススメでした。

理由までちゃんと読んでいなかったのですが、
おそらく「艦隊が重くなりすぎる」ことによって、
道中が1戦増えるということなのでしょう。

初戦の空襲マスのあと、
思いっきり北西に流される艦隊…、
そして1戦多く戦闘が発生してしまいました。

幸い支援艦隊と雷巡の先制雷撃が突き刺さり、
被害軽微(比叡さんの「ヒエー…」のみ)で済みました。

道中の安定性を少しでも確保するには、
第一艦隊だけでなく第二艦隊にも配慮しましょう。






ただ、
Jマスに辿り着いたら、
あっさりとS勝利になりました。

さすがに雷巡も含めて、
先制対潜を6本も入れておきましたので、
むしろグズる方が考えにくいくらいでした。


まだいくつかギミックがあるみたいなので、
引き続きのんびりと攻略を進めたいと思います。

その前にお昼の時間ですね(笑)。

皆さんこんにちは。

伊58が「ほぼ確定」らしいですね。

先日、
インディアナポリスも見つかり、
何となくゴーヤちゃんも見つかる予感がしてしました。

確定というわけではないそうですが、
朝から非常にうれしいニュースでした。


週末になると、
とある友人提督の家に提督たちが集まり、
コツコツと自分のペースで夏イベ攻略をしています。

そこである提督さんが、
E-6輸送ゲージ破壊のための艦隊編成を質問してきました。

その段階でもっとも進んでいた提督さんから、
水上打撃部隊で攻略するのがいいとアドバイスがありました。

私自身も水上打撃部隊で攻略したので、
その提督さんにつたない助言をしました。






しかし、
その提督さんは機動部隊にこだわっていました。

何度も機動部隊では輸送できるのか、
機動部隊のメリットは何かと質問してきました。

繰り返される質問に、
もっとも進んでいた提督さんはイライラして、
水上打撃部隊以外では無理だと突き放しました。


少ししょんぼりした様子で、
その提督さんは輸送ゲージ破壊をはじめました。

編成については何も言わなかったので、
結局機動部隊なのか水上打撃部隊なのかはわかりません。






という話があったのですが、
私は私のなかの「大前提」を忘れていました。

艦これは自分なりの艦隊編成で出撃し、
「正解」以外の答えを見つける楽しさがあるということです。

攻略サイトやまとめブログなどを見ると、
水上打撃部隊で攻略するのが「正解」に近いようです。

メリットも多く、
一見ムダの少ない攻略ともいえるでしょう。


しかし、
その提督さんにとっては、
機動部隊が「正解」に近い答えだったのかもしれません。

今までの私であれば、
その提督さんの「正解」を正解に近づけるために、
できる限りのアドバイスをしていたことでしょう。

自分が攻略した方法以外で攻略する楽しさがあり、
その一助となることで疑似的に攻略できるからです。


ただ、
そのときはこれといったアドバイスもせず、
言葉は悪いですが「見捨てる」形になってしまいました…。

振り返ってみて、
とても申し訳ないことをしたと思います。

今度会ったら一言謝りたいですね。

ちゃんと謝ることで、
私は私のなかの大前提を再び心に刻むことができるはずですから。






ちなみにその提督さんですが、
仲間内では屈指の艦隊練度を誇る提督さんです。

つまり、
機動部隊でも水上打撃部隊でも輸送部隊でも、
E-6の輸送ゲージ破壊はカンタンにできることでしょう。

その点だけは安心しています。


私のマイルールとして、
イベントの最終海域には嫁艦を入れます。

つまり「正解」からちょっと離れた艦隊編成で、
今回の夏イベも攻略しようとしています。


自分の艦隊編成を押し付けることはせず、
「大前提」をもって質問に答えていきたいです。

とはいっても、
多くの場合私の方が質問しているのですが…(笑)。

皆さんこんにちは。

そういえば、
今日は大規模な通信障害がありましたね。

DMMさんにも入れない障害があったらしく、
艦これをしたくてもできない提督さんがいたかもしれません。

現在は復旧しているのでしょうか、
私は運よくプレイできている状況です。


今週はE-6突破後、
のんびりと夏イベができる時間がとれず、
遠征とデイリー任務が中心でした。

ようやく週末になり、
今夜はE-7のギミック破壊からやりたいと思います。






先にE-7攻略を始めている友人提督から、
ギミック破壊のための艦隊や基地航空隊の編成を教えてもらい、
多少自分なりにアレンジしながら攻略を始めます。

Kマスには一発でたどり着いたのですが、
なぜかJマスに艦隊が向かおうとしないのです。


これは自分なりのアレンジがよくないのか…、
そう思って友人提督の艦隊にできるだけ近づけました。

ただ、
支援艦隊用にキラ付けをしてしまっている都合上、
まったく同じ艦を出撃させるには躊躇しました。

そのため、
たとえば金剛さんを霧島さんにしたり、
鈴谷さんを熊野さんにしたりするなど、
同型艦を入れる形で艦隊編成を組み直しました。






それでもJマスには向かわず、
友人提督たちは隣で大爆笑しています…。

(くやしい…)

仕方がないので、
2人の友人提督がJマスに行ったと艦隊編成、
それとまったく同じ艦隊編成にして再々度出撃します。

キラ付けしたのにもったいないなぁ…、
と内心は残念に思いながらも、
ギミックが壊せないと意味がないので諦めて出撃します。






それでもJマスに向かわないのです…。

友人提督たちは、
またしても大爆笑しています…。

(なぜだ…)

索敵不足かな…、
司令部レベルかな…、
いろいろと原因を考えてみましたが、
とくに影響がありそうなものが思い浮かびません。

考えられることは、
友人提督たちがランダムの羅針盤を制して、
「偶然」Jマスに進撃したということでしょうか。

残念ながら、
私にはその「偶然」が起こらなかっただけかもしれません。

しかし、
偶然であれ必然であれ、
一度でも同じ艦隊編成でJマスに行った実績があるなら、
私の艦隊も一度くらいは行くかもしれませんよね?

ということで、
懲りずにもう一度出撃してみます。






結果は…、
ダメでした…。

ふてくされながらキラ付けに戻ります…。

皆さんこんにちは。

夏の甲子園もいよいよクライマックス、
注目は広陵高校の中村捕手でしょうか。

よく「10年に一度の…」といいますが、
中村捕手はまさに本物の逸材ですね。

甲子園のドラマがどのような結末を迎えるのか、
こちらも楽しみに結果を待ちたいところです。






さて、
艦これの夏イベの方ですが、
ようやくE-6を突破することができました。

艦隊編成はこちらです。


E-6攻略艦隊編成(戦力ゲージ)

第一艦隊
1.摩耶99、20.3㎝(2号)連装砲★7、パスタ高角砲★MAX、14号対空電探、零観
2.イタリア137、試製41㎝三連装砲★8、パスタ砲改★8、零観、Ro.44水戦
3.ローマ137、試製41㎝三連装砲★8、パスタ砲改★8、零観、二式水戦改
4.ザラ99、二式水戦改、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、零観
5.ポーラ99、Ro.44水戦、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、零観
6.大鳳142、天山村田、零戦53型岩本★5、烈風改、彩雲カロリン空、(集中機銃)

第二艦隊
1.阿武隈99、能代砲★9、8㎝高角砲改+増設機銃★7、甲標的
2.ヴェールヌイ96、四式ソナー★5、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★5
3.初月95、秋月砲★9×2、22号水上電探改四★6
4.木曾98、能代砲★9、摩耶高角砲、甲標的
5.大井121、能代砲★9、5inch連装砲 MK.28 mod.2、甲標的、(集中機銃)
6.北上126、能代砲★9、5inch連装砲 MK.28 mod.2、甲標的、(集中機銃)

基地航空隊
陸戦2、陸攻2
陸戦2、陸攻2


空母を大鳳さんだけにしてあるため、
道中ではとにかく制空拮抗のまま進撃することになりました。

そのため、
1戦目の軽母ヌ級改やボス手前の空母ヲ級改から、
かなりの確率で中大破をもらってしまいました。

対空カットインは、
はじめは摩耶サマだけにしていたのですが、
敵空母からの攻撃を耐えられなかったので、
途中から初月ちゃんを入れて手厚くしました。

艦隊防空と砲撃の命中を考えて、
雷巡と阿武隈ちゃんには能代砲と高角砲のセットです。

こちらは意図通りに機能したと思います。


削りの段階では、
ボス艦隊を相手に航空優勢をとることができます。

そのため多くの場合で、
昼戦のうちにS勝利が確定していました。


ただ、
ラスダンではさすがに拮抗までが精一杯でした。

昼戦終了時点で、
旗艦と随伴艦1隻という状態でしたが、
阿武隈ちゃんと雷巡の連撃であっさり撃破できました。





やってみての感想とすると、
とにかく道中を安定させることに尽きると思います。

私は水上打撃部隊でいきましたが、
現実的には空母機動部隊が向いていると感じました。

やはり制空権の確保ができないと、
敵空母からの強力な攻撃をしのげなくなるからです。


それにくわえて、
先制対潜ができる駆逐艦などを1隻入れておくと、
潜水艦マスを無事に通過できると思います。

実際に今回の駆逐艦の役割としては、
対潜攻撃か対空防御くらいしかなく、
摩耶サマがいるのであれば2隻とも対潜でいいかもしれません。


ボス艦隊の強さとしては、
辿り着けばS勝利が充分に狙えます。

夜戦カットイン艦を入れるよりは、
昼戦の砲撃戦を安定させる方がよさそうです。

実際に私のケースでは、
削りでは4回中3回が昼戦でS勝利となりました。






ちなみにドロップですが、
1回目のボス戦は忘れましたが、
2回目以降「蒼龍、蒼龍、蒼龍、赤城」でフィニッシュです…。

つまり、
ルイージちゃんの掘りが確定してしまいました…。

その前に、
まずはE-7の攻略をがんばります。

皆さんこんにちは。

スッキリしないお天気が続いていますが、
皆さんの夏イベの戦果の方は快晴でしょうか。

私の方は未だに明けない梅雨とも、
一足早い秋雨ともいえるぐずついた戦果です。






やっとのことで、
E-6の輸送ゲージを破壊できました。

さすがに2000を輸送するのはしんどいですね、
のんびりやっていたということもありますが、
それでも丸1日かかってしまいました。

多少入れ替えはしていますが、
もっとも多く出撃した艦隊編成はこちらです。


E-6輸送ゲージ破壊編成

第一艦隊
1.金剛99、アイオワ砲改★2、アイオワ砲★6、艦隊司令部施設、紫雲
2.摩耶99、20.3㎝(3号)連装砲★7、パスタ高角砲★MAX、FuMOレーダー、零観
3.鬼怒97、大発動艇×3
4.荒潮84、大発動艇×3
5.大潮88、大発動艇×3
6.大鳳142、天山村田、天山村田、零戦53型岩本★5、彩雲カロリン空

第二艦隊
1.阿武隈99、能代砲★9、秋月砲★9、甲標的甲
2.大井121、四連装(酸素)魚雷★MAX×2、甲標的甲、(集中機銃)
3.ザラ99、二式水戦改、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、夜偵★7
4.朝潮86、浦風砲×2、集中機銃
5.江風86、浦風砲×2、大発動艇(中戦車)
6.霞97、浦風砲×2、大発動艇(中戦車)

基地航空隊
1.陸攻×4
2.陸攻×4


ボス戦での制空値はギリギリで、
ときどき拮抗に落ちることがありました。

基地航空隊のうち1スロットを戦闘機にするか、
ポーラなどを入れて水戦を足すなどの対策で、
ほぼ安定的に航空優勢までは取れました。

もちろん、
大鳳の艦攻を艦戦にしても大丈夫です。


とにかく、
無事にボスマスに辿り着くかどうか、
開幕爆撃で小鬼を撃沈できるかどうかのゲームでした。

緒戦の小鬼ちゃんたちからは、
最大で中破まではもらいましたが、
大破撤退というのはありませんでした。

機銃などを積んで、
多少対策らしいことはしてみましたが、
当たるときは金剛さんでも撃沈できるし、
逆にダメなときはすべて健在というときもありました。


むしろ鬼門になったのが、
2戦目の戦艦4隻からのワンパン大破でした。

一度だけ丁字有利で、
大破の敵戦艦からの砲撃で、
ほぼ無傷だった摩耶サマが大破してしまいました…。

ほかにも多くの艦がここで大破したため、
連れて帰すか撤退するかということになりました。

ここで第一艦隊の駆逐艦が大破して、
それを連れて帰ってしまうケースでは、
どうやらルート固定用の駆逐艦数が不足することになり、
もう1戦増えてしまうことになりました。

またしても戦艦4隻のパターンであり、
そこで複数の大破艦が出てしまいました。

一度も経戦可能状態にはならず、
大破艦が増えて撤退することになりました。

つまり、
2戦目で第一艦隊の駆逐艦が大破したら、
迷わず撤退することをオススメします。

そもそもの艦隊に自信がある方、
バケツの数に自信のある方などは、
強引に進撃するのもひとつの方法かもしれません。







ボス戦では早めに小鬼ちゃんを倒せるかどうか、
それがS勝利を確実にする唯一の方法となります。

もっとも確実なのは、
しっかりと基地航空隊を回しておくことです。

それでもうち漏らすことが多いので、
不安な方は軽めの決戦支援でも入れておきましょう。


昼戦の砲撃戦に入る前に2隻とも落ちていれば、
夜戦まで含めてほぼ確実にS勝利を取れました。

逆に1隻でも残ってしまうと、
攻撃は吸われてしまいますし、
吸われた攻撃は当たりませんし、
それによって無駄な被弾が増えます。

かみ合わないとA勝利をかけて夜戦に突入…、
ということも数回あったような気がします。


ボスの港湾夏姫ちゃん対策としては、
特攻装備で夜戦連撃ができる艦を2隻用意しておくことです。

状況的にどちらか1隻が生きていて、
港湾夏姫ちゃんが中破以上であれば、
ほぼ確実に撃破することができました。

「2隻」必要だという理由は、
夜戦突入時に港湾夏姫ちゃんが攻撃可能のケースで、
アンカーが1隻大破させられてしまうケースが目立つからです。

1隻でも生きていればS勝利が見えるので、
私はアンカーとなりうる艦を2隻入れた編成にしました。

江風ちゃんと霞ちゃんさんですね。


輸送量については、
第二艦隊のアンカー役以外は大発動艇でいいと思います。

残念なことに、
うちの鎮守府では大発動艇が不足しており、
がんばってもこれしか大発動艇を積めませんでした。

うちの編成でいえば、
朝潮ちゃんのところにも大発動艇を装備しても、
道中やボス戦での火力や手数に影響はないと感じます。

また、
うちではザラさんや摩耶さんを起用しましたが、
航巡にしてドラム缶を積んでもおそらく大丈夫でしょう。

体感的にはそれくらいの難易度でした。






そういえば、
輸送のボスマスでアクィラさんがドロップしました。

うちの鎮守府では、
未着任の空母だったのでとてもうれしいです。


きっと強い空母なんだろうなぁ…(遠い目)






それでは、
引き続きE-6の戦力ゲージ破壊に向けて、
コツコツと出撃していくことにしましょう。

ここでの主力は、
イタリアさんとローマさんになります。

できればサクッと終わらせたいですね。

↑このページのトップヘ