How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:イベント

皆さんこんにちは。

サンマ漁も後半戦、
現実的には不漁が続いていますが、
うちの鎮守府でも不漁気味が続いています。

せめて艦これだけでも豊漁といきたいものです。






あと1か月もすれば、
秋イベがはじまることでしょう。

私もよくありますが、
イベント攻略中には「煮詰まる」ことがあります。

机上の計算では完璧に近いはずなのに、
なぜか実戦に出してみると思うように機能せず、
攻略が滞ってしまうことも少なくありません。


これは仕事や勉強の場面でも起こりうることです。

思考がループし始めると、
そのことだけに頭が支配され、
自分一人の力では脱出するのが難しくなります。

できるだけ早い段階で、
「ループしている自分」に気付き、
そこから脱出する方法をとる必要があります。






そういうケースで大切なことは、
「思考のスタート」を強引に変えることです。

思考がループする原因のひとつに、
「思考のスタート」がいつも同じになることで、
思考そのものが凝り固まってしまうということがあります。

仕事のアイデアや艦隊の編成を考えるときに、
「至高のスタート」を変えることができなければ、
どうしてもアウトプットが似通ってしまうのです。


ここで大切なことは、
まず「思考がループしている」ことに気付くことです。

ちゃんと気付けたら、
片足分は思考のループから脱出したようなものです。


次に行うのが、
「思考のスタート」を変えることです。

ただ、
意識して変えようと思っても、
そう簡単に変えられないのも「思考のスタート」なのです。

手っ取り早いのは、
身近にいる特徴的な人になったつもりで考えることです。

それが自分の考え方と違えば違うほど、
「思考のスタート」を強引に変えることができるはずです。






私の話でいえば、
友人提督のなかでいつもお世話になっている友人が、
私とは真逆の戦略や艦隊編成を考える傾向があります。

だからイベントをやると、
いつも攻略の方法を議論するたびに、
面白いくらいぶつかって大変です(笑)。

自分だけが気持ちよくプレイしたいのであれば、
こういう提督との議論を避けて自分の考え方に固執し、
自分に責任において行き詰まればいいと思います。


私は真逆の考え方をする友人提督を、
その考え方に至る理由までしっかりと聴くようにしています。

そこには自分にはない発想があったり、
自分が見落としていたリスクに気付かせてくれたり、
攻略するために必要な多くの発見があるからです。


そもそも、
私の周りにいる友人提督たちは、
人それぞれ戦略が異なるので、
話を聴くだけでも面白いです。

やたらとビビッてしまい、
慎重に慎重を期す提督もいれば、
夜戦火力を綿密な計算で導きだし、
それを活かすことだけを考えている提督もいます。

ちなみに私は、
戦艦や空母の火力を活かして昼戦で大勢を決しておき、
夜戦ではかるくとどめを刺すという戦略をとりがちです。






自分とは考え方が異なるからこそ、
思考のループに陥ったときの復活が早くなります。

同じ場所で艦これをしていれば、
その場で議論をはじめることでヒントをもらうことができます。

たとえひとりでプレイしていたとしても、
その提督になったつもりで考えてみることで、
自力で思考のループから抜け出すこともできます。


そういえば、
以前なにかのイベントを攻略中に、
友人提督と真っ向から主張がぶつかったことがあります。

お互いの主張に一理あると思いながらも、
自分が考えた戦略で攻略をしたいと思っていました。


けれども、
私も友人提督も攻略に行き詰りました。

そこでお互いが下した結論は、
私が友人提督の戦略をつかい、
友人提督は私の戦略をつかうというものでした。

意図的にそうしたかったのではなく、
自分なりに考え方を煮詰めていったら、
偶然にも友人提督の戦略に行きついてしまったのです。

逆に友人提督も、
あれこれと微調整を繰り返していくうちに、
気付いたら私が話していた戦略になっていたそうです。

参考にするつもりはまったくありませんでしたが、
結果的にお互いのアイデアを丸々採用した例です。






これは仕事や勉強の場面でも活用できるはずです。

とくにアイデアを求められている場面で、
思考がループしていると気付いたらすぐに実践しましょう。

考え方の離れた人の思考パターンを借りて、
その人だったらどう考えるのかという視点が大切です。


それを可能にするためには、
日頃から思考パターンが異なる人とコミュニケーションをとり、
その考え方の根本を理解しておくことが大切です。

どうしても人は、
自分の考え方を否定されると、
あまりいい気分にはならないものです。

それゆえに考え方の異なる人を遠ざけ、
一瞬の精神的安定に満足してしまいがちです。

しかし、
みせかけの安定に満足していては、
自分の考え方を成長させることができません。

議論している瞬間は、
はらわた煮えくりかえっているくらいでいいのかもしれません。

そのなかでも相手へのリスペクトを忘れず、
「いつか役に立つから」と第三者的に冷静さをもって、
自分とは異なる考え方に触れてみることが大切です。






私も精神的に子どもなので、
これが完璧にできているわけではありません。

しかし、
これに気付いて努力を重ねているのか、
見せかけの安定に満足して努力を放棄しているのか、
結果はそれが必要となる場面でわかります。

日頃からいろいろな考え方に触れ、
自分の思考パターンも成長させていきたいですね。

皆さんこんにちは。

夏イベ終了前、
最後の週末になりました。

皆さんのイベントの進捗はどうですか?


私はこの週末が勝負です。

今週は風邪をひいてしまい、
物資集めやキラ付けなど、
やりたいことがあまりできませんでした…。

その点だけは惜しまれますが、
その日にできることのベストは尽くしました。

あとは出撃するだけですね。






そういえば、
ゴーヤちゃんが特定されていましたね。

まっすぐに突き刺さっていたのが伊53、
ナナメに突き刺さっていたのがゴーヤちゃんでした。

無事に特定されてよかったです。


菊月ちゃんの主砲も、
保存会の皆さんの力があって、
舞鶴に帰ってくることができました。


今後も機会を得て、
旧軍の軍艦を調査することもあるでしょう。

比叡さんやしおいちゃんは、
実現する可能性が高そうです。


その時代に生きていない私たちは、
安らかに眠る姿に思いを馳せることしかできません。

興味をもつきっかけのひとつとして、
艦これがあったらいいと思います。


せっかくチャンスがありながら、
その思いを放置するようなことがあれば、
深海棲艦化して私たちを襲ってくるかもしれませんよ。

皆さんこんにちは。

日曜日の夕方くらいから、
鼻水が止まらなくなって、
まさかの夏風邪をひいてしまいました。

もう9月に入っているので、
夏風邪ではなく秋風邪になるのでしょうか…。

昨日は熱が出てしまい、
すっかりダウンしてしまいました。


季節の変わり目、
とくに朝晩の涼しさが目立つようになりました。

真夏のつもりでいると、
思わぬところに体調を崩す落とし穴がありそうです。

日中はともかく、
朝晩には1枚上着を着るようにしておくと、
私のように風邪をひかずに済むと思います。

夏場の疲れが出やすい時期でもありますから、
くれぐれも無理をしないようにしてくださいね。






そういえば、
私の夏イベの方もすっかりグズっております。

制空値を高めにとっていたのですが、
あまり意味がないと感じましたので、
600弱から300強へと一気に下げました。

それにともなって、
各空母に積む艦攻の数が2から3になりました。

反航戦でも余裕のキャップ火力で、
射線も一気に増えたことで道中の安定性が増しました。


とくに、
空母おばさんのマスでは、
開幕航空戦でのカスダメ以外は、
ほとんどダメージをもらうことがなくなりました。

初戦も同様に、
昼戦の砲撃戦に入る前には、
すでに駆逐棲姫ちゃんだけになっていて、
リシュリューさんかビスマルクさんの一撃で終わりです。


ただ、
肝心のケツダイソンだけは、
お祈りをすることになります。

開幕航空戦と支援攻撃で、
ある程度数を減らすことはできても、
完全にケツダイソンを沈黙させることはできません。

向こうが中大破していても、
思わぬ一撃でこちらが大破することが多発し、
結局のところ突破率そのものは変わらないという状況です。

これまでは基地航空隊を少しだけ回していましたが、
ボス戦での手数ダウンというデメリットと比べると、
それほど大きなメリットを感じなくなりました。

やはり基地航空隊を入れたところで、
ケツダイソンが1隻は残ってしまうため、
予期せぬ大破が出てしまうことには変わりありません。






ということで、
風邪がよくなるまではペースを落としながら、
次の週末に全力を投入する予定です。

できるところまでは今の編成にこだわり、
いわゆる「最適解」ではないラスダン突破を目指します。

どうしても無理そうであれば、
素直に速吸ちゃんを投入する形に切り替えます。


とはいえ、
今のところは火力不足を感じているわけではなく、
試行回数で攻略可能と判断しています。

何度か惜しい場面をつくっているので、
突破するためにあるいくつか条件のうち、
半分以上がそのときの手札にあることを祈ります。

皆さんこんにちは。

いよいよ週末になりましたね、
備蓄モードから出撃モードへと切り替え、
E-7ラスダン突破を目指していく予定です。


そこで気になりだしたのが「女神」です。

うちの鎮守府では、
応急修理女神の備蓄量が残り3つなのです…。

前にブログにした失敗時などに、
女神さんを使いすぎてしまったのが原因です。


さすがにケツダイソンの突破を考えると、
大破なしでの進撃は1/30という結果なのです。

それはそれで回数勝負に持ち込むには、
もはや油断できない物資量ということもあり、
私にできることは「1回の出撃の質を上げる」ことだけです。


数より質、
といえばまるで旧日本海軍のようですね。

ようやく海戦シミュレーションゲームらしくなってきました(笑)。






今考えていることは、
道中を安定させる戦力とボスを撃沈する戦力、
そのバランス配分ということになります。

ボス戦重視の艦隊にすると、
道中の対策がおろそかになりがちです。

とくに、
潜水マスへの対策はほぼできず、
お祈りするだけの虚しい時間となります。

そこで大破しなくても、
ダメージを負うことで次戦以降に狙われて、
蓄積ダメージによる大破撤退ということもあります。

とはいえ、
たとえお祈りだったとしても、
そこまで大破するわけでもないので、
ここへの対策は「好み」ということになるでしょう。


問題なのはケツダイソンです。

できるケアの方法としては、
道中支援と基地航空隊になります。

基地航空隊はボス戦でも必要になり、
まさにボス戦での手数とトレードオフとなります。


うちの艦隊編成では、
ボス戦での制空権を確保させるために、
ある程度基地航空隊で敵航空戦力を削ぐ必要があります。

そうなると最低でも2部隊は欲しいところです。


ちなみに、
速吸ちゃんがいなくても、
ボス戦での火力に不満はありません。

ということは、
陸攻4の基地航空隊をケツダイソンに回しましょうか…。






もう少し悩んでみます。

今週末には突破報告したいですね(笑)。

皆さんこんにちは。

早いもので今年も9月に突入です。

1年のうち3分の2が終わり、
これからは寒々としていく日々ですね。

まるで扶桑姉さまのような出だしで、
夢も希望も感じにくいかもしれませんが、
まずは夏イベの完遂を目指したいところです。






そういえば、
E-7ラスダンの話です。

大破撤退が日常茶飯事のマスといえば、
ケツダイソン3隻のところだと思います。

そこまで小破未満だけで来ていても、
ケツダイソンたちによって打たれまくって、
気付けば大破4隻だったこともありました…。


昨夜、
友人提督とそんな話をしていたら、
「あそこって2隻のパターンもあるよね?」
などと言い出したのです。

いやいやいや…、
私ラスダンになってから、
すべてケツダイソン3隻のパターンですよ?

おかしいと思ったので、
他の友人提督にも確認してみたら、
ラスダン突破時はケツダイソン2隻のパターンだったとか、
約80%が3隻で残り20%が2隻になるらしいとか、
にわかに信じがたい情報ばかりです。


ラスダンになってから、
かれこれ30回くらいはケツダイソンと戦っていますが、
「すべて」3隻のパターンだったのですよ?

運がなさすぎます…。

途中でいつになくドロップ運がいいと思ったら、
こんなところで牙を剥くとは…。






ということで、
本日も基本的には備蓄を中心にいきます。

もちろん、
秘書艦は昨日に引き続き、
ろーちゃんにお願いしています。

備蓄目標に対して進捗は順調なのですが、
あまりに順調なので目標を上方修正しようか迷いだしました。

人間欲が出るとよくないかもしれませんが、
今はたとえ燃料10でも惜しいくらい備蓄をがんばっています。


そんな私にとって、
1つだけ幸運と言えるのが、
今日からマンスリー任務が復活することです。

さらにいえば、
物資の宝庫1-6にも突入可能となります。


今日と明日をつかって、
できるだけ1-6とマンスリー任務を消化して、
さらに備蓄を万全にしたいところです。

それが今週末のラスダン再突入につながると信じています。

↑このページのトップヘ