How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:ケツダイソン

皆さんこんにちは。

決戦の土曜日は日曜日に突入し、
私の心は木星突入直前のシューメーカーレビー第9彗星のようです。

光る前に砕けてしまうか、
砕ける前に一花咲かせるか、
私の夏イベの運命はケツダイソンに握られています。

できるだけ少ない被害で通過できるように、
ケツダイソンのご機嫌とりでもしたいところです。






夏イベの話題は一休みして、
キラ付けのときに見つけた話をします。

日本でも増えてきた世界遺産ですが、
そのひとつにアンコールワットがあります。

カンボジアにあるこの世界遺産は、
世界各地から多くの観光客を集めています。


そのなかには、
12世紀にアンコール王朝がつくったとされる女神像があります。

石でつくられた女神像は、
アンコールワットのなかでも人気スポットのようです。






女神像は触れられる場所にあり、
訪れる観光客は女神の胸部を触りまくっているようです…。

触られまくっていることで、
女神像の胸部はテカテカになってしまっているとのこと、
石像の劣化にもつながっているようです。


この話を読んで思ったことは、
世界中の男性は胸部好きが共通言語なのかもしれないということです。

触ろうと思えば頭でもいいし、
お腹や脚だっていいわけですよ。

けれども、
こぞって胸部ばかりを触るあたり、
なんとも言えない気持ちにさせられます。


貴重な世界遺産の女神像が壊れてしまう前に、
うちの鎮守府から龍田さんでも派遣した方がよさそうですね。






そういえば艦これでも、
よく胸部装甲の話題になりますよね。

同じ戦隊や同型艦であっても、
胸部装甲の差に注目が集まります。

第七駆逐隊の潮ちゃんや、
阿賀野型軽巡の酒匂ちゃんのように、
姉妹のなかでひとりだけサイズが違うと、
余計に目立ってかわいそうなことになります…。


男性が思っている以上に、
女性は男性の「チラ見」に気付いています。

艦これはともかく、
リアルでは「チラ見」し過ぎないように、
紳士的な提督でいてもらいたいものです。






もう少しだけキラ付けをしてから、
E-7ラスダンに再突入する予定です。

ケツダイソンにいじめられているのは、
「ケツをガン見」しているからでしょうか…。

試しに戦闘中は目をつむり、
「見てないよアピール」をしてみることにします。

これであっさり通過したらどうしましょう…。

皆さんこんにちは。

いよいよ週末になりましたね、
備蓄モードから出撃モードへと切り替え、
E-7ラスダン突破を目指していく予定です。


そこで気になりだしたのが「女神」です。

うちの鎮守府では、
応急修理女神の備蓄量が残り3つなのです…。

前にブログにした失敗時などに、
女神さんを使いすぎてしまったのが原因です。


さすがにケツダイソンの突破を考えると、
大破なしでの進撃は1/30という結果なのです。

それはそれで回数勝負に持ち込むには、
もはや油断できない物資量ということもあり、
私にできることは「1回の出撃の質を上げる」ことだけです。


数より質、
といえばまるで旧日本海軍のようですね。

ようやく海戦シミュレーションゲームらしくなってきました(笑)。






今考えていることは、
道中を安定させる戦力とボスを撃沈する戦力、
そのバランス配分ということになります。

ボス戦重視の艦隊にすると、
道中の対策がおろそかになりがちです。

とくに、
潜水マスへの対策はほぼできず、
お祈りするだけの虚しい時間となります。

そこで大破しなくても、
ダメージを負うことで次戦以降に狙われて、
蓄積ダメージによる大破撤退ということもあります。

とはいえ、
たとえお祈りだったとしても、
そこまで大破するわけでもないので、
ここへの対策は「好み」ということになるでしょう。


問題なのはケツダイソンです。

できるケアの方法としては、
道中支援と基地航空隊になります。

基地航空隊はボス戦でも必要になり、
まさにボス戦での手数とトレードオフとなります。


うちの艦隊編成では、
ボス戦での制空権を確保させるために、
ある程度基地航空隊で敵航空戦力を削ぐ必要があります。

そうなると最低でも2部隊は欲しいところです。


ちなみに、
速吸ちゃんがいなくても、
ボス戦での火力に不満はありません。

ということは、
陸攻4の基地航空隊をケツダイソンに回しましょうか…。






もう少し悩んでみます。

今週末には突破報告したいですね(笑)。

↑このページのトップヘ