How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:サーモン海域

皆さんこんにちは。

ちょうどセンター試験の時期ですね。

ムーミンの出身地にかんする出題で、
あれこれと注目を集めている今年のセンター試験ですが、
受験生の皆さんにはがんばってほしいですね。

ほかには、
FGOにも関連する?内容が出題されているようですね。

単純に教科書を丸暗記するだけでなく、
高校生の生活に身近なところからも出題され、
出題傾向も年々変わってきているのかもしれません。

さすがに艦これが出題されることはないと思いますが、
出題傾向の変遷からするといつかはあるかもしれませんね。


私のセンター試験の思い出は、
私よりも父が張り切っていまして、
試験時間の2時間前には会場入りしていました。

とてもありがたかったのですが、
試験が始まる前にパワーダウンしてきてしまい、
午前中の試験ではあまり力を出せませんでした。

もっとも、
力を出せたとしても大して変わらなかったと思いますが…(笑)。






さて、
艦これの方では冬イベの告知がありました。

2月中旬からということですが、
11日前後の連休をはさむかどうか、
私はその1点だけに注目しています。

告知から約1か月後に始まるという法則からいえば、
これがまた非常に微妙な時期でもあります。


とはいえ、
RTAをするわけではないので、
連休から始まってくれたらうれしいというくらいです。

のんびりとキラ付けする時間がとれるので、
間宮さんの消耗を多少抑えられますからね。


逆に考えると、
うちの鎮守府として考えると、
備蓄は2月に入ってからでも間に合いそうです。

今は基本的にサーモン海域の周回だけですが、
物資に関してはバケツとボーキ以外はほぼ維持しています。

ボーキにかんしては、
たまたまレベリングの都合上、
空母を多めにしていることから、
どうしても消耗を抑えるのが難しい状況です。

バケツの方は、
できるだけ明石さんを活用しながら、
粘っているつもりではあるのです。

ただ、
ここ数日は大淀さん(ドラム缶担当)が絶不調で、
すぐに壊れてしまう傾向があり消耗が著しいです。

もしかしたら、
深海側によるバケツ漸減作戦でしょうか。


受話器「大淀を置いてください!」


おっと、
誰か来たようなのでこの辺で失礼します。

皆さんこんにちは。

冬の冷え込みが一層厳しくなり、
朝起きるのがおっくうになりますね。

鎮守府のなかには、
「コターツ」という魔境があり、
その魅力に魅入られている艦娘が多いと聞きます。

私もその仲間に入れてほしい今日この頃です。






さて、
今月は冬イベに向けて、
サーモン海域にて粛々とレベリングを進めています。

おかげさまで、
涼月ちゃんもレベル80を超え、
多摩ちゃんもレベル93になりました。

もう少しだけレベリングをがんばってから、
他の艦娘のレベリングに移行したいところです。

なにせレベルを上げたい艦娘が、
駆逐艦を中心にたくさん残っていますから、
時間の許す限りがんばっていきたいです。






それはさておき、
去る1月7日といえば七草がゆを食べる日ですね。

無病息災を願い、
春の七草を入れたおかゆを食べます。


とはいえ、
実際のところ春の七草は、
この七草がゆくらいでしか食べる機会がなく、
七草がゆを食べない人にとっては縁の薄い食品でもあります。

かくゆう私も、
すっかり忘れていました…(笑)。


友人提督の話によると、
艦これでは1月7日に「七草がゆmode」になっていたみたいですね。

私はまったく気付かず、
スルーしてしまいました。

日本の四季のいいところは、
気候や景色だけでなく食べ物からも感じられます。

七草がゆのように、
時節で食べる食事にはちゃんと意味があります。

食文化の多様化により、
こうした日本古来の食文化への意識は薄れつつありますが、
できるだけ折を見て食事からも四季の変遷を感じたいものです。

皆さんこんにちは。

昨日、
南太平洋バヌアツにあるアオーバ島で、
火山活動が活発になったことで避難勧告が出たそうです。

どういう島なのか、
詳しいことはよくわからないのですが、
島民5000人が避難準備をしているということですから、
割と大きな島なのかもしれません。

それにしても、
ピンポイントな名前の島ですよね。

某サイトのコメントでは、
「見ちゃいました」と某要塞の2強でした。

自然災害は突然起こるものであり、
ときに私たちはなす術がないこともありますが、
今はとにかく島民の皆さんの無事を祈りたいです。






さて艦これのほうですが、
ようやくすべての物資が自然回復から回復し、
人並な艦隊運営ができそうになってきました。

物資があまりない「日本軍プレイ」も楽しいのですが、
できればある程度の蓄えがあった方が気分的に楽です。






これでも昔は、
「日本軍プレイ」を楽しんでいました。

まだ艦これをはじめて1年くらいでしょうか、
ランカーを狙えるくらいになった頃のことです。

「物資は2万でいいのよ」ではありませんが、
だいたいいつも2万ずつくらいの備蓄で、
ひたすら5-4を周回していたような気がします。

あの頃はとにかくガムシャラでしたね、
なぜあそこまでがんばれたのかが不思議です(笑)。


その5-4周回があったからこそ、
空母と重巡のレベルがぐんぐん上がりました。

とくに正規空母たちは、
過酷なローテーションによく耐えてくれました。

レベルを上げにくいといわれる重巡も、
5-4周回をするときにどうにかして省エネ編成をと考え、
その末に重巡の活用方法を自分なりに組み立てられました。






そのときのノウハウが、
今となっては蒼龍牧場に活かされているかもしれません。

あの当時と比べると、
いろいろな新システムが導入されたことで、
5-4周回でとりうる戦略の幅は広がりました。

夏イベでリシュリューさんのレベリングで、
久しぶりに5-4を周回したときには、
重巡枠に阿賀野型を入れたくらいです。

当時の青葉さんくらいには、
今の阿賀野型は動けるように感じました。

今や空母が夜戦をしたり、
カットインをしたりするようになり、
システムの理解がかなり重要になりましたね。


ここ1年くらいは、
かつての5-4周回で培った艦隊練度だけで、
どうにか走りきることができたような印象です。

新システムへの理解がもう少しあれば、
攻略が多少楽になったかもしれないと思います。


もう少しだけ、
提督業のお勉強が必要かもしれません。

長すぎてあまり読む気にならないウィキ先生に、
家庭教師でもお願いしようかなと思っているところです。

皆さんこんにちは。

今月の日照時間がかなり少ないみたいですね。

このままではお米や野菜が値上がりして、
お財布にキビしい秋になってしまいそうです。

赤城さんにも食事の節制をお願いしないと、
鎮守府の財政がピンチになってしまいそうです…。


えっ?

ボーキは関係ないって?


これは痛いところを突かれてしまったかもしれません。






昨日はイベント攻略を一休みして、
のんびりとできる範囲のウィークリー任務をしました。

北方海域とろ号作戦を進め、
どちらも無事に終わりました。

支援艦隊用のキラ付けであ号作戦が終わり、
なんとなく出撃を繰り返しているうちにい号作戦も終わり、
ろ号作戦と北方海域と西方海域が残っていました。


さすがにカレー洋12回は大変なので、
今週は北方海域だけの出撃とします。

旗艦をリシュリューさんにお願いして、
レベリングを兼ねて出撃を繰り返しました。

意外とボスに行ってくれたので、
出撃7回で任務を達成できました。






多少時間もあり、
友人の提督から今回の夏イベで、
何かひとつ面白いことをしてほしいというリクエストもあり、
せっかくなのでそのままサーモン海域に出てみました。

もちろん、
リシュリューさんのレベルを上げて、
夏イベのE-5に出撃させるためです。

随伴艦にはレベリング中の鈴熊2号、
E-5で出撃させることにした一航戦の2人、
さらにドラム缶係として急遽大淀さんを入れました。


まるでランカーを争っていたときのように、
淡々と黙々とサーモン海域への出撃を繰り返します。

自分のなかの目安として、
ろ号作戦が終わるまで出撃することにしました。

つまり、
最低でも50周ということです。






好きな動画を見ながら、
リシュリューさんのレベリングをしていたら、
いつの間にかろ号作戦が終わっていたようです。

今週のろ号作戦は、
達成を半分諦めていたので、
まさかこのような形で達成するとは、
数日前の私では想像もつきませんでした…(笑)。


実際にE-5に出撃させるには、
レベル70~75くらいは欲しいかなと思っています。

ただ、
攻撃や防御の動きを見ていると、
金剛型改二に近いような印象を受けました。

38㎝四連装砲も、
史実とは違ってバンバン攻撃を入れてくれます。

はじめは違和感のあった戦闘セリフ、
「てき、かん、はっ、けん」というのも、
出撃を繰り返しているうちに馴染んできました。


それにしても、
中の人はコマちゃんと同じ方でしょうか。

フランス語が上手になりましたね、
艦これを立ち上げたときに「???」となります(笑)。

これでも一応、
大学での第二外国語は仏語だったんですけどね。

目の前で話しかけられたら「えっ?あーはー?」と、
笑顔とジェスチャーで乗り切る以外になさそうです。






予定では、
もう少しだけ5-4の周回を重ねてから、
今週末にE-5へ投入していきます。

これによって、
E-6の攻略時に機動部隊という選択肢が増えます。

水上打撃部隊でも、
それなりに自信はあったのですが、
何が起こるかわからないのが艦これです。

ひとつでも使えるオプションが多いのはいいことです。


ただ、
レベルを60から75に上げるには、
昨日のレベリングと同ペースで回す必要があります。

物資的には多少減ってもかまいませんが、
問題は「飽き」がくるかどうかです。

提督のやる気が気まぐれですから、
昨日に引き続いて同じテンションでレベリングできるか、
今から期待半分不安半分といったところです。

皆さんこんにちは。

艦これを楽しくプレイするために、
提督にはそれぞれこだわりが存在します。

牧場はしない、
ケッコンカッコカリは単艦のみ、
1人の艦娘をたくさん育てるなど、
そのこだわりは「宗教」といわれることもあります。


私は牧場もしますし、
必要を感じたら同じ艦娘であっても、
複数所持することもあります。

例を挙げると、
オリョクルに行かせるために、
潜水艦労働組合が結成されています。

ゴーヤちゃん、
イクちゃん、
はっちゃん、
イムヤちゃん、
彼女たちは3人ずついます。

また、
ゆーちゃんとろーちゃんが、
それぞれ1人ずついます。

それにもかかわらず、
ニムちゃんとヒトミちゃんがいません…(笑)。






また、
艦娘としては同一なのですが、
改装によって艦種が変わってしまうケースでは、
可能な限り複数持つようにしています。

こちらも例を挙げると、
ちとちよさんたちでしょうか。

水上機母艦のちとちよさんと、
軽空母のちとちよさんがそれぞれ在籍しています。

元々は、
遠征の「水上機基地建設」を出すために、
水上機母艦のちとちよさんを使い始めました。

ところが、
忘れてしまいましたがいつかのイベントのときに、
ルート固定をしながら攻略に有効だということで、
急きょ遠征舞台だった水上機母艦のちとちよさんで、
その海域を攻略して無事に突破したことがあります。

それ以来、
表だってレベリングこそしないものの、
遠征だけでコツコツと経験値を入れて、
いざというときに出撃できるようにしています。






この例と同様に、
数か月前から少しずつ経験値を入れる形で、
鈴谷さんと熊野さんの2隻目を育成しています。

もちろん、
航巡と攻撃型軽空母の2パターンを、
それぞれ手元に置きたかったからです。

ちなみに、
鈴谷さんと熊野さんの1号は、
航巡のままでそれぞれレベル99です。

そして、
現在レベリング中の2号は、
航巡のままでレベル75前後です。


予定では2号を軽空母にしたいのですが、
夏イベの状況によっては1号を改装することも、
頭に置きながらレベリングを続けています。

間に合えば軽空母にしますし、
間に合わなくて軽空母の鈴熊が必要なら、
やむを得ず1号を改装して使おうと思います。

ただ、
今のペースでレベリングを進めていけば、
確実に夏イベの開始には間に合わないでしょう。

レベリングといっても、
ウィークリー任務のアルフォンシーノ海域と、
カレー洋に連れまわすというだけなのです。

キス島やサーモン海域で、
一気に集中レベリングをできればいいのでしょうけど、
あいにくウィークリー任務を回すだけで手いっぱいなのです。






艦これのプレイスタイルについて、
「こだわりがない」ことがこだわりのような私ですが、
いくつか小さなこだわりを持っています。

そのひとつに、
同一の艦娘を複数所持するときには、
その1号は自分が本当に使いたい艦種にするということです。

つまり、
ちとちよさんの例でいえば、
軽空母としてのちとちよさんを一番に使いたいので、
1号が軽空母で2号は水上機母艦となっています。

大鯨ちゃんについては、
潜水母艦の方を一番に考えているので、
1号が潜水母艦で2号が軽空母の龍鳳ちゃんになっています。


このこだわりに当てはめると、
私は鈴熊を「航巡」として使いたいのが本音です。

軽空母になったのは「伊吹(未実装)」なので、
伊吹が実装されたら一番を軽空母に考えることでしょう。

あくまで、
軽空母の鈴熊は二番手であり、
現在レベリングしている方を軽空母にしたいのです。


ここまで言っておいてなんですが、
そのわがままを許してくれるほど、
次の夏イベが優しいとも思っていません。

とくに、
軽空母と航巡は数が不足しがちなので、
それを解消するためには鈴熊2号の育成が重要です。


とはいえ、
それをせずともクリアする提督がいるのも事実です。

未完成であればそれなりに、
うまく戦力を調整して戦うのが、
提督の腕の見せどころでもあります。

おそらく「腕の見せどころ」となることを想定しながら、
海域攻略の作戦を立てていくことになりそうです。






鈴熊の軽空母改装は、
レベル88を要求されます。

2日間くらいサーモン海域にこもれば、
難なく達成できる経験値でもあります。

レベリングに必要となる物資も、
夏イベ分を差し引いても潤沢にあります。


あとはやる気だけですね。

少ない時間をレベリングに投入する勇気、
それに伴うデメリットを計算しての決断、
今日はもうちょっとだけ悩んでから動くことにします。

↑このページのトップヘ