How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:ネジ

皆さんこんにちは。

受験生提督の皆さん、
センター試験お疲れ様でした。

この結果を踏まえて、
二次試験などへと戦いが続きますが、
まだまだ気を抜かずにがんばってください。

ちなみに、
私は直前の模試で志望校E判定でした。

センター試験の自己採点でも、
目標としている点数より50点以上低かったのですが、
二次試験できっちりと大逆転して合格しました。

数名しか枠のないところでしたが、
たぶん50人以上をぶち抜きました。

奇跡は起こるものです。

自分の力を信じること、
その力を最大限に活かすためにはどうするかを考えること、
それが厳しい受験戦争を勝ち抜く唯一の方法だと思います。






ちょっとだけ昔話をしましたが、
艦これの話題に戻しましょう。

提督の皆さんは、
自分が理想とするコンセプトに沿って、
あれこれと装備の改修を進めていると思います。

うちの鎮守府では、
戦艦が大好きな提督だけあって、
大口径主砲の改修が進んでいます。

巡洋艦用の主砲も、
阿賀野型用の能代砲を中心に、
3号砲などを手厚く改修しています。

そのほかの装備は、
「ほどほど」といったところにとどめ、
ネジをできるだけ節約しようとしています。


そのため、
いわゆる補助的な装備や飛行機については、
あまり改修が進んでいないのが実情です。

友人の提督などは、
むしろ飛行機が大好きということもあり、
私が無視しているような飛行機も改修してあります。

逆に大口径主砲などは、
あまり改修していないという特徴があります。






私のなかで、
駆逐艦の一番のお気に入りは島風ちゃんです。

先日、
長波改二と同時にD型砲が実装されました。

このD型砲は、
夕雲型と島風に装備させると、
大きなフィット補正が入ります。


つまり、
思わぬ形で「嫁艦装備」が実装されたのです。

ここで私を悩ませているのが、
D型砲をもう1つつくるかどうかです。

改修の候補としては、
満潮ちゃんがもってきたC型砲があります。

というか、
おそらくこのC型砲をD型砲にする以外、
うちの鎮守府ではD型砲を用意できません。

ちなみにB型砲は、
あれこれと牧場していたこともあり、
かなりの数を所有しているため、
多少減ったところで痛くもかゆくもありません。

ただ、
大きな問題となるのが「ネジ」です。

小口径主砲にもかかわらず、
意外とネジの消耗が激しいんですね…。






できればもう1門用意して、
火力補正がつく艦を増やしたいところです。

冬イベはレイテ沖海戦です。

栗田艦隊には多くの夕雲型が参加しており、
島風ちゃんとのコンビを考えると2門あっても足りないくらいです。


そんな話を友人提督にしていたら、
すでにD型砲が2門になっていました。

ちゃっかりしていますよね。


ということで、
少しずつですがC型砲の改修に着手します。

ネジのペースを考えると、
冬イベに間に合うかどうかというラインですが、
実際につかう場面が来るまでには時間がありそうなので、
マイペースで進めようと思っています。

最近のイベントでは、
思わぬ装備が突然必要になることがあります。

なくても攻略はできるのですが、
その装備をつかった方が楽に攻略できます。

秋イベを例にすると、
ハイクラスの水戦などがあります。

数だけでなく質も問われるようになりました。

二式水戦でもがんばれましたが、
強風改をもっていた友人提督は、
制空値が多少楽になっていたのを思い出します。

その友人提督は、
図鑑を埋めるためだけにつくった強風改が、
まさかこんな形で役立つとは思わなかったと言っていました。


今回のD型砲も、
なければないなりに攻略できると思います。

しかし、
駆逐艦が高火力を発揮することができれば、
意外なところで恩恵を受けられるかもしれません。

もちろん、
島風ちゃんに質の高い主砲を装備させたいですしね。

ということで、
しばらくはD型砲づくりをがんばりたいと思います。

皆さんこんにちは。

今日はこれからメンテナンスがあります。

このメンテナンスをもって、
ついにサンマ漁が終了となります。

毎年秋の恒例イベントになったサンマ漁ですが、
今年もこうして終わりとなると寂しく感じます。


メンテナンスがはじまる前に、
ちゃんと調理しておきましょう。

ちなみに、
今更言うまでもないことですが、
サンマは「刺身、塩焼、蒲焼」に調理できます。

刺身にすると「弾薬300、鉄鋼150」、
塩焼にすると「ネジ1本、開発資材3つ」、
蒲焼にすると「缶詰1つ、バケツ3つ」になります。


以前にも触れましたが、
うちの鎮守府では毎年1つだけ缶詰をつくります。

個人的な記念品ですね。

いつ食べる日がくるのかわからないので、
食べるときにありえないくらい発酵してしまい、
シュールストレミングみたいにならないことを期待します。

比叡さんあたりが、
調理スタッフに加わっていたら、
もしかしたらもしかするかもしれませんね…(笑)。


残りのサンマは、
基本的にすべてネジに変えます。

慢性的なネジ不足となっているので、
1本ではありますが補給されると助かります。






ちなみに、
今年はサンマが38尾とれました。

サンマ任務を達成後、
積極的にサンマ漁に出かけたわけではありませんが、
満潮ちゃんのレベリングにアルフォンシーノ海域へと出撃し、
ちょいちょいサンマがドロップしてくれました。

1尾余ってしまいますが、
缶詰1つとネジ6本へと調理しておきました。


それにしても、
艦これの世界のサンマは、
ネジになったり弾薬になったり、
まるで凶器のような魚ですね。

あのモンスターハンターにも、
攻撃アイテムになる魚がいましたが、
調理の時に毎年それを思い出します。

きっと艦これのサンマも、
ネジや弾薬などの素材に使われているのでしょう。

このあたりはブラックボックスなので、
あまり触れないようにしておくのが賢明です。






さて、
今日のメンテナンスで何が追加されるのでしょうか。

「地味なアップデート」と「秋の私服」、
どちらの追加も待ち遠しいですね。

皆さんこんにちは。

無事にメンテナンスが終わりましたね、
梅雨モードから夏モードへと様変わりです。

ただ、
何人かは梅雨モードから瑞雲モードですね、
単艦で放置しておいた明石さんが法被を着ていて、
艦これを開いた瞬間だけ焦ってしまいました…(笑)。





確定で来るとはアナウンスがなかったので、
当然と言えば当然なのかもしれませんが、
睦月型改二は実装されませんでしたね。

期待していた提督の皆さん、
次回までのお楽しみということですね。

その代わり、
「特別なおにぎり」なるものが実装されました。

海の上でさんまの缶詰と一緒に食べると、
とてもおいしい(大本営より)とのことです。

これは明石さんによる改修で、
入手することができるらしいです。






お料理に自信のある艦娘か…、
とりあえず単艦放置しておいた明石さんに隣に、
優秀な高速戦艦比叡を並べてみることにしました。

30ノットもの高速を誇り、
第一次大戦では「最強戦艦」とも言われていました。

そんな比叡さんですから、
「特別なおにぎり」の改修が可能かもしれません。

が、
無理だったようです。

分かりきっていることですね。


それならば、
優秀な艦隊型駆逐艦磯風を並べてみましょう。

太平洋戦争の海戦ほぼすべてに出撃し、
数ある駆逐艦の中でも最武勲艦といわれることもあります。

そんな磯風さんですから、
「特別なおにぎり」の改修が可能かもしれません。

が、
無理だったようです。

どちらかといえば、
磯風さんはさんま担当だったことを失念していました。






正解は誰なんでしょうねぇ。


ん?


まさかとは思いますが、
このタイミングでおにぎりの改修が可能になったということは、
夏イベの重要装備は「特別なおにぎり」かもしれません。

戦意の高揚がカギとなるか、
戦意の維持がカギとなるか、
ほかの要素がカギとなるか、
何かしらの対策を考える必要がありそうです。


ちなみに、
おにぎりの改修ですが、
★6まではネジは使いません。

ということは、
ついにデイリー任務でネジを貯められるようになりました。

これは非常に助かりますね。

ただ、
ボーキを少々消費します。






やっぱり、
食べるのは赤城さんということでしょうか…(笑)。

皆さんこんにちは。

イベントともなると、
事前に用意していなかった装備が、
急きょ必要になるということもあります。

最近のイベントでは、
索敵値のために零観の★3が必要になり、
慌てて零観の改修を進めたことがあります。

まだ零観だったので、
ネジ的にそこまで苦しくならなかったのですが、
これがネジをハードに消費する装備だったらと思うと、
勲章を大量に消費してしまう可能性もあったのです。

改修は計画的にとはいいますが、
できるだけ穴のないように改修を進めたいものです。






過去のイベントで、
急きょ作らざるを得なかった装備のなかでも、
大量に勲章を割りながら改修したのは「水戦」です。

友人の提督は、
事前に水戦を2つくらいつくっていました。

そのため、
制空権を取りながら攻略を進めていました。

一方で私は、
水戦づくりをおろそかにしていました。

どうせ使う機会はないだろうし、
あったとしても代用できるだろうと安易に考えていました。

ところが、
ふたを開けてみると大破祭りです…。

原因は明らかに制空権喪失による、
敵戦艦の弾着観測射撃だったのです…。


焦りましたね…、
ムダに消費していく燃料やバケツを見ながら、
制空権争いをせずに大破を繰り返す現実がありました。

急いで水戦をつくろうとしたのですが、
ネジと改修につかう装備がなかったのです。

そうなると装備の開発からはじめて、
さらに勲章を割ってネジにする作業しかありません。

攻略スピードを考えると、
明らかに大きなロスをしていました。






もちろん、
二式水戦をつくってからは、
あっさりと攻略することができました。

艦隊に空母系を入れない場合でも、
最近では水戦を装備できる艦が増えてきました。

イタリア艦をはじめ、
最近では由良改二にも装備できるようになりました。

あくまで艦隊編成にもよりますが、
やはり航空優勢でも取れるのであれば取る方がいいです。

最悪でも拮抗にしておくだけで、
戦艦からの連撃がなくなるわけですから、
目に見えて大破する確率が減るというわけです。






水戦は改修するにも一苦労です。

一応、
Pora改でも手に入りますが、
可能であれば複数用意しておきたいところです。

空母系抜きでも制空権が取れるほか、
空母系を入れた場合でも制空権争いの補助ができます。

その水戦1つで、
味方の弾着観測射撃が可能になったり、
空母に装備する艦攻が1スロット増えたりなど、
攻略難易度を確実に下げることができるはずです。


ちなみにうちの鎮守府では、
二式水戦が4つとRo.44が2つあります。

いずれも未改修のまま放置しています。

今では「二式水戦改(熟練)」や「強風改」が実装され、
改修を進めることで装備更新をかけることができます。

ただ、
重要度からすると改修の必要があるにもかかわらず、
なかなか手が伸びないのはネジの消費が重たいからです。

ちょっとした大口径主砲クラスの消費量は、
おいそれと改修を進めるのが難しいものです。


しかしながら、
いつかはやらなければならないものです

それならいつやるの?


今で…?

あっ…。

いや、
なんでもないデスケド…(笑)。

↑このページのトップヘ