How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:フィット砲

皆さんこんにちは。

受験生提督の皆さん、
センター試験お疲れ様でした。

この結果を踏まえて、
二次試験などへと戦いが続きますが、
まだまだ気を抜かずにがんばってください。

ちなみに、
私は直前の模試で志望校E判定でした。

センター試験の自己採点でも、
目標としている点数より50点以上低かったのですが、
二次試験できっちりと大逆転して合格しました。

数名しか枠のないところでしたが、
たぶん50人以上をぶち抜きました。

奇跡は起こるものです。

自分の力を信じること、
その力を最大限に活かすためにはどうするかを考えること、
それが厳しい受験戦争を勝ち抜く唯一の方法だと思います。






ちょっとだけ昔話をしましたが、
艦これの話題に戻しましょう。

提督の皆さんは、
自分が理想とするコンセプトに沿って、
あれこれと装備の改修を進めていると思います。

うちの鎮守府では、
戦艦が大好きな提督だけあって、
大口径主砲の改修が進んでいます。

巡洋艦用の主砲も、
阿賀野型用の能代砲を中心に、
3号砲などを手厚く改修しています。

そのほかの装備は、
「ほどほど」といったところにとどめ、
ネジをできるだけ節約しようとしています。


そのため、
いわゆる補助的な装備や飛行機については、
あまり改修が進んでいないのが実情です。

友人の提督などは、
むしろ飛行機が大好きということもあり、
私が無視しているような飛行機も改修してあります。

逆に大口径主砲などは、
あまり改修していないという特徴があります。






私のなかで、
駆逐艦の一番のお気に入りは島風ちゃんです。

先日、
長波改二と同時にD型砲が実装されました。

このD型砲は、
夕雲型と島風に装備させると、
大きなフィット補正が入ります。


つまり、
思わぬ形で「嫁艦装備」が実装されたのです。

ここで私を悩ませているのが、
D型砲をもう1つつくるかどうかです。

改修の候補としては、
満潮ちゃんがもってきたC型砲があります。

というか、
おそらくこのC型砲をD型砲にする以外、
うちの鎮守府ではD型砲を用意できません。

ちなみにB型砲は、
あれこれと牧場していたこともあり、
かなりの数を所有しているため、
多少減ったところで痛くもかゆくもありません。

ただ、
大きな問題となるのが「ネジ」です。

小口径主砲にもかかわらず、
意外とネジの消耗が激しいんですね…。






できればもう1門用意して、
火力補正がつく艦を増やしたいところです。

冬イベはレイテ沖海戦です。

栗田艦隊には多くの夕雲型が参加しており、
島風ちゃんとのコンビを考えると2門あっても足りないくらいです。


そんな話を友人提督にしていたら、
すでにD型砲が2門になっていました。

ちゃっかりしていますよね。


ということで、
少しずつですがC型砲の改修に着手します。

ネジのペースを考えると、
冬イベに間に合うかどうかというラインですが、
実際につかう場面が来るまでには時間がありそうなので、
マイペースで進めようと思っています。

最近のイベントでは、
思わぬ装備が突然必要になることがあります。

なくても攻略はできるのですが、
その装備をつかった方が楽に攻略できます。

秋イベを例にすると、
ハイクラスの水戦などがあります。

数だけでなく質も問われるようになりました。

二式水戦でもがんばれましたが、
強風改をもっていた友人提督は、
制空値が多少楽になっていたのを思い出します。

その友人提督は、
図鑑を埋めるためだけにつくった強風改が、
まさかこんな形で役立つとは思わなかったと言っていました。


今回のD型砲も、
なければないなりに攻略できると思います。

しかし、
駆逐艦が高火力を発揮することができれば、
意外なところで恩恵を受けられるかもしれません。

もちろん、
島風ちゃんに質の高い主砲を装備させたいですしね。

ということで、
しばらくはD型砲づくりをがんばりたいと思います。

皆さんこんにちは。

イベント前の準備として、
物資の備蓄と並んで大切なのが「装備改修」です。

しっかりと改修された装備は、
コンセプトをもって攻略するときに、
必ず提督の期待に応えてくれます。

どのような装備を改修していくのか、
提督の腕とこだわりの見せどころでもあります。






ちなみに、
うちの鎮守府では「主砲」系の改修が進んでいます。

基本的に戦艦が大好きなので、
戦艦に装備させる主砲を強くしたいというこだわりです。

そのために、
毎日46㎝砲の開発に努め、
51㎝砲もアイオワ砲改もつくりました。

もちろん、
他の海外戦艦用の主砲も改修しました。

唯一、
改修が進んでいないというか、
まだ手を付けていないのが「試製41㎝三連装砲改」です。

大口径主砲のコンプリートを目指したいところですが、
改修で消費する各資源を確保しきれていないのが現状です…。

簡単にいえば、
任務をサボっていた影響が出ているということです…。






大口径主砲のなかで、
もっとも気に入っているのが、
いわゆる「パスタ砲改」です。

「381㎜/50 三連装砲改」ですが、
なんといっても射程が超長というのが魅力です。

元々の主砲の特性上、
どうしても命中がアゲンストですが、
しっかりとMAXまで改修しておくことで、
命中はそれほど気にならない印象です。

51㎝砲や46㎝砲とは異なり、
誰でも装備できるのも嬉しいですね。

とはいえ、
できるだけ命中を稼ぎたいというのも、
提督の大きな悩みのひとつではないでしょうか。

そのために命中率が低下するパスタ砲改は、
使わないというこだわりを持っている提督も少なくありません。


それでも、
私は好きなんですよね。

パスタ砲改が好きというよりも、
実艦のリットリオ級が好きというのが大きいかもしれません。

リットリオ級を活躍させたいから、
必然的にパスタ砲改を躊躇なく改修しました。






このあたりは、
「こだわり>実益」かもしれません。

私の友人提督は、
きっちりと火力などを計算し、
それに合わせて必要分だけ装備の改修をしています。

連合艦隊の第2艦隊を見ると、
いつもきれいに夜戦キャップになっています。

私はざっくりしているところもあるので、
ピッタリ揃えてくるあたりはすごいなと思います。

そんな友人でさえ、
嫁の榛名ちゃん用の装備にダズル砲を使っています。

火力が足りないような気がする場面でも、
嫁だけは専用装備で特別扱いをしています。

こういうこだわりこそ、
艦これの提督っぽくて好きですね(笑)。

↑このページのトップヘ