How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:予想

皆さんこんにちは。

次回のメンテナンスは明日ですよね、
気が付くとお正月モードも終わりに近づきました。

任務の進捗はいかがでしょうか。

私は今夜に追い込みをかけることになりそうです。






実装される予定の軽巡改二ですが、
どうやら龍田さんで決まりみたいですね。

自信満々に阿賀野型を予想し、
それが外れたあとには名取を予想しました。

はい、
無残にすべて外れました。

某競馬番組で怪しいデータを用いては、
予想を外し続ける先生の気持ちがちょっとわかりました。


私の嫁艦は阿賀野型ですから、
改二への期待に胸を膨らませていたのですが、
残念ながら今回はあきらめざるを得ません。

一方で、
友人提督に龍田さんが嫁艦の提督がいます。

こちらは満面の笑みで、
ガッツポーズをしていました。

少なくとも、
私の周りでは阿賀野型ではないか、
という意見が大勢を占めていました。

そのため、
その友人提督はまさか自分の嫁艦に改二がくるとは思わず、
はじめはただただ驚いていました。

落胆する私と、
浮かれまくる友人提督、
今回の軽巡改二実装は明暗くっきりです。






ただ、
龍田改二はどのような性格になるのでしょうか。

可能性があるとすれば、
まずは史実で検討されていた防空巡洋艦です。

船体がコンパクトな天龍型ですが、
主砲を一部撤去して高角砲に換装することで、
防空能力を高めようとしていたようです。

実際には改装されませんでしたが、
if改装がたびたび実装される艦これですから、
このコンセプトがもっとも可能性が高そうです。

もともと水偵は乗らないので、
おそらく五十鈴改二のようなイメージでしょうか。

固有の対空カットインがあり、
それが集中機銃だけとかだったら、
他のスロットを有効活用できるので助かります。


あとは輸送に特化した巡洋艦も面白そうです。

具体的なイメージでは、
鬼怒改二のように輸送量に補正がのっていたり、
大発動艇系の装備が可能になったりすることです。

もちろん、
改二の軽巡であれば作戦投入もあると思いますが、
普段づかいを考えると輸送量ボーナスは欲しいところです。

ついでに、
燃費も据え置きになってくれると、
遠征艦隊のエースになること間違いなしですね。


僚艦の天龍ちゃんとくらべて、
戦果という面では若干劣る龍田さんですが、
意外と面倒見のいいところを表現してほしいです。

皆さんこんにちは。

日本列島にかなり強い寒気が入ってきたみたいですね。

九州や山陰地方でも、
山添いを中心に雪が降っているということですが、
皆さんがお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

風邪やインフルエンザはもちろんですが、
思いがけないケガや事故にも気を付けたいですね。






昨夜は友人提督がお雑煮をごちそうしてくれました。

阿賀野型に改二がこなかったことで、
私は激しくショックを受けていたのですが、
その話をしていたら「とりあえず来い!」ということで、
ちゃっかりお雑煮までいただいてしまいました。

そこで次の軽巡の改二は何かという話題になり、
私は名取を第一候補にあげました。

能代改二を外した私の予想を、
ちょっとだけお話していこうと思います。


「やや旧式」という言葉から、
阿賀野型や大淀は外れる見通しです。

阿賀野型の前につくられた軽巡は夕張ですが、
「やや旧式」とまでは言い切れない気がします。

したがって、
候補は天龍型・球磨型・長良型となります。


天龍型は輸送作戦にも多く従事し、
今回の要件にも合致しているようにも感じます。

しかし、
もっとも引っかかることとして、
「やや旧式」かどうかということです。

天龍ちゃんは世界水準を軽く超えていると主張しますが、
太平洋戦争開戦当時の軽巡の水準を考えると、
「旧式」だったといわざるを得ません。

「やや」という言葉がついているということは、
「もっと旧式」になる軽巡がいるとも考えられるので、
「もっと旧式=天龍型」ではないかと思いました。






残るは球磨型と長良型です。

現在、
球磨型で改二が未実装なのが球磨、
長良型で改二が未実装なのが長良と名取です。


そのなかでも名取だと予想する根拠は、
「第五水雷戦隊の旗艦」だったという史実です。

艦これでもすっかりおなじみの水雷戦隊は、
一水戦から四水戦までだと思います。

それぞれの旗艦、
麾下の駆逐艦の個性やチームワークが話題となり、
今では広く親しまれるようになりました。


第五水雷戦隊というのは、
開戦時からわずかの間ですが、
旧式の駆逐艦などで編成されていた部隊です。

睦月型や神風型の駆逐隊を率いたのは、
長良型軽巡の名取でした。

神風型の実装も少しずつ進み、
いつの間にか第五水雷戦隊はみんな実装されています。

第五水雷戦隊について言及する艦娘もいます。

他の水雷戦隊とちがって、
わかりやすい戦闘や戦果が少ないため、
あまり注目されてこなかったのは事実ですが、
そろそろ注目を集めてもいいころだと思います。


ちなみに、
開戦時の一水戦から四水戦の旗艦は、
いずれも改二が実装されています。

ということは、
次は五水戦の旗艦にも改二が実装されそうです。






また、
名取が沈んだ場所も理由のひとつです。

なんと「サマール沖」なのです。

サマール沖といえば、
レイテ沖海戦で栗田艦隊が戦った海域です。


名取が沈んだのは、
レイテ沖海戦が起こる前です。

「輸送作戦」中だった名取は、
米潜水艦に雷撃されて沈みました。


今回の改二実装のキーワードには、
「輸送作戦」という言葉があります。

どちらかといえば、
名取は輸送作戦に多く駆り出されたわけではありません。

しかし、
マリアナ沖海戦後に多くの輸送作戦に参加し、
最期もまた輸送作戦中だったことに注目しています。


一部では、
イベントに関連した改二は実装されにくい、
そのような意見があることもわかっています。

ただ、
これだけ関連するエピソードがあれば、
名取改二を期待せずにはいられません。

皆さんこんにちは。

いよいよ2018年に入りましたね。

三が日のあとは、
ちょっと仕事をしてから、
また三連休という力の入りにくい新年です。

無理をしてもしょうがないので、
のんびりとマイペースでいきたいと思います。






さて、
今年の艦これですが、
ついに第二期へと進んでいきますね。

それに伴ってかどうかはわかりませんが、
昨年末くらいからバタバタと新システムやら、
新装備やらが投入されています。

そして昨日には、
大本営から戦艦の改二実装が明言されました。

現在、
建造率アップしている武蔵、
四航戦の伊勢や日向という意見もあり、
まだ情報量が少なくて推測は難しいですね。

もちろん、
海外の戦艦という可能性も少なからずあり、
どの戦艦が改二になってもいいように準備したいところです。

はい、
清霜ちゃんは座っていましょうね。






うちの鎮守府では、
お正月はのんびりとお休みしていました。

そろそろ始動したいところですが、
何からはじめようか迷っています。

毎年1月にやっていたのは、
ランカーを取りに行くことでしたが、
最近の戦果を見ていると難しそうなので、
目標をどこに置くかを考えているところです。

一応、
5-4を周回することも考えていて、
その場合はすっかり放置されている涼月ちゃんを旗艦に、
エンガノ組のレベリングをしようかと思っています。

多摩改二も結局レベル80で止まっていますし、
五十鈴改二もあまりレベルが高くないので、
多少なりともレベルを上げておきたいところです。


栗田艦隊の方は、
レベル的には満足しているところなので、
とりあえすはレベリングの優先度は低めです。

ただ、
随伴していた夕雲型のレベルが、
軒並み75前後ではあるので、
こちらも少しずつ経験値を入れたいところです。

秋イベ準拠で考えると、
朝雲・山雲コンビは結局レベル80で足りたので、
栗田艦隊の夕雲型もレベル80が目標となります。

その点でいえば、
陽炎型の方は大丈夫そうです。


冬イベでは小沢艦隊のエンガノ岬海戦と、
栗田艦隊のサマール沖海戦が予想されるので、
物資の消耗が激しくなることが予想されます。

さすがに大和型をぶん回す海域でしょうから、
しっかりと備蓄もしておきたいのも本音です。

備蓄のペースとレベリングのペース、
そのさじ加減こそが今月の提督業となりそうですね。


それでは、
本年もマイペースで更新していきますので、
のんびりとお付き合いいただけたら幸いです。

皆さんこんにちは。

まもなく「由良改二」が来ますね!

大本営さんのアイコンにより、
おそらく「大発動艇」が搭載可能かといわれています。

妹たちも同じ艤装なので、
大発搭載可能軽巡がまた1つ増えそうです。

ただ、
私が期待しているのは、
大発搭載可能かどうかではありません。

それにくわえて、
なにか特殊能力がつくのかどうかです。


「阿武隈改二」は、
「甲標的甲」を装備できるため、
先制雷撃が可能な軽巡として重宝されています。

「鬼怒改二」は、
自身に輸送補正がついているため、
うちの鎮守府では東急のエースです。


おそらく、
「由良改二」にも何かしらの特殊能力がつくはず!

と考えている提督さんは、
意外に多いのではないでしょうか。

私もその一人です。






史実を少しだけ踏まえながら考えると、
可能性があるのは「対空」か「水偵」がらみでしょう。

一応「対潜」としては、
太平洋戦争開戦時に潜水艦隊の旗艦だったことで、
潜水艦にゆかりのある能力がついているかも…、
くらいの浅はかな考えです(笑)。

潜水艦に対して戦果があったかというと、
それほどなさそうなのでこの可能性は低そうです。


「対空」としては、
防空巡洋艦への改装プランに名前が挙がっていた、
というあたりなので少しだけ可能性はあるでしょうか。

ただ、
長良型で防空屋といえば、
「五十鈴改二」がいることから、
こちらも可能性はそれほど高くないかもしれません


「水偵」としては、
由良さんのカタパルトが有名ということで、
これがもっとも可能性が高いと私は考えています。

もちろん、
普通の水偵はたいていの軽巡は搭載可能です。

ということは、
もしかしたら「瑞雲」が載るのでは…?

ちょうどお祭り中ですし、
これがもっとも面白いのではないでしょうか!


水偵以外にもフロート付きなら何でもおk、
これであれば妹たちにも負けないオリジナル軽巡です。

設計図を支払ってもいいかなと思います。


あくまでも予想ですよ、
外れる可能性の方が高いと思いますが、
実装直前にしかできない待ち時間の楽しみ方でした。

↑このページのトップヘ