How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:先制対潜

皆さんこんにちは。

今日は時間がたっぷりありますから、
引き続きE-3のレポートをしていきます。


E-3攻略(ゲージ1本目)艦隊編成

第一艦隊
1.初月95、秋月砲×2、13号対空電探改
2.リシュリュー91、アイオワ砲改★2、アイオワ砲★6、一式徹甲弾★6、紫雲
3.プリンツオイゲン99、三隈砲★7×2、FuMOレーダー、紫雲
4.ザラ99、二式水戦改、三隈砲★7×2、零観
5.ポーラ99、二式水戦改、三隈砲★7×2、零観
6.大淀128、能代砲★MAX、秋月砲★MAX、零観、FuMOレーダー

第二艦隊
1.五十鈴93、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★6、探照灯★MAX
2.ヴェールヌイ96、四式ソナー★5、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★2
3.夕立96、秋月砲×2、33号水上電探
4.北上129、甲標的、能代砲★9×2、(集中機銃)
5.雪風99、秋月砲×2、33号水上電探
6.龍驤128、天山村田、零戦53型岩本、烈風改、彩雲カロリン空

基地航空隊
陸攻4、陸攻4

支援艦隊
決戦支援(砲撃支援)


たしかこんな感じだったと思いますが、
数日前のことなのですが思い出せません…(笑)。

装備面で多少間違っているかもしれませんが。
おおよその参考にしてもらえたらと思います。

この艦隊編成のポイントは、
先制対潜艦を2隻入れることで、
道中の潜水艦マスへの対応を狙っています。

この潜水艦マスへの対応としては、
新しく配備された対潜哨戒機「東海」を活用して、
基地航空隊を1部隊回すという方法があります。

むしろ、
そちらの方が一般的かもしれません。

ただ、
基地航空隊を入れ替えるのが面倒だった…、
という理由だけで艦隊だけで対潜攻撃することにしました。

艦隊のみで対潜をした場合ですが、
「割のいい運ゲー」までは持ち込めます。

先制対潜艦2隻のうち、
どちらかが黄色い潜水艦を狙ってくれたこともあり、
潜水艦マスでの事故は比較的少なかった印象です。

もちろん、
事故が起こることもありましたが、
確率的には他のマスでの事故と同程度以下でした。






ボスマスでは久しぶりの防空ちゃんがいますが、
予想以上に弱体化していたこともあり、
苦戦した印象はとくにありません。

ここで苦戦した印象がないため、
艦隊編成を忘れてしまったのかもしれませんね。

基地航空隊を2部隊回していたため、
夜戦まで持ち込めばS勝利が確実にとれるという印象です。


ただ、
ラスダンに入ったときに、
急に道中での事故が増えたため、
基地航空隊を1部隊道中支援に回しました。

もちろん、
ボス艦隊への手数が減ってしまいますが、
「誤差」の範囲で昼戦に入ることができます。






ざっくりなレポートですが、
記憶が薄れかけているため、
このあたりにとどめておきます。

夏休みの宿題と同じように、
できるだけ早くまとめておかないと、
必要なときに忘れてしまいますね。

それを防ぐために、
ブログを始めたというのもあるのですが、
それをサボっているようではいけません。

レポートが現在の攻略に追いつくように、
もう少しペースを上げていきたいと思います。

その前にお昼ですね。

皆さんこんにちは。

大本営電文に矢矧ちゃんがいますね!

阿賀野型が大好きな私にとって、
今日はなんだかいい1日になりそうです。

調子に乗って、
夏イベE-7も頑張っていきたいと思います。






さてさて、
昨日はつまづいてしまったギミックのJマスですが、
多少ヒントを調べてから出撃してみました。

主な変更点は、
第一艦隊に高速戦艦を4隻入れたことだけです。

高速戦艦4隻に軽空母2隻、
軽巡1隻と雷巡2隻と駆逐3隻、
これでどうにかJマスに進んでくれました。


本当かどうかはわかりませんが、
友人提督が「JマスのJは、JapanのJ」と言っていて、
いわゆる欧州出身の海外艦を入れるとダメらしいのです。

たしかに、
私の艦隊にはビスマルクさんとかリシュリューさんがいて、
それもルートが荒ぶる原因なのかということで、
念のため海外艦をすべて外すことにしました。

日本艦の高速戦艦で4隻入れるとなると…、
必然的に金剛シスターズ以外の選択肢がありません。






ということで、
金剛型率いるJマス破壊艦隊を結成して、
満を持して突撃してみました。

しかし、
私はここでひとつのミスを犯していたのです…。


それは、
第二艦隊の編成だと思われます。

高速戦艦4隻を入れる編成では、
第二艦隊は軽巡1隻と駆逐5隻がオススメでした。

理由までちゃんと読んでいなかったのですが、
おそらく「艦隊が重くなりすぎる」ことによって、
道中が1戦増えるということなのでしょう。

初戦の空襲マスのあと、
思いっきり北西に流される艦隊…、
そして1戦多く戦闘が発生してしまいました。

幸い支援艦隊と雷巡の先制雷撃が突き刺さり、
被害軽微(比叡さんの「ヒエー…」のみ)で済みました。

道中の安定性を少しでも確保するには、
第一艦隊だけでなく第二艦隊にも配慮しましょう。






ただ、
Jマスに辿り着いたら、
あっさりとS勝利になりました。

さすがに雷巡も含めて、
先制対潜を6本も入れておきましたので、
むしろグズる方が考えにくいくらいでした。


まだいくつかギミックがあるみたいなので、
引き続きのんびりと攻略を進めたいと思います。

その前にお昼の時間ですね(笑)。

皆さんこんにちは。

夏の甲子園もいよいよクライマックス、
注目は広陵高校の中村捕手でしょうか。

よく「10年に一度の…」といいますが、
中村捕手はまさに本物の逸材ですね。

甲子園のドラマがどのような結末を迎えるのか、
こちらも楽しみに結果を待ちたいところです。






さて、
艦これの夏イベの方ですが、
ようやくE-6を突破することができました。

艦隊編成はこちらです。


E-6攻略艦隊編成(戦力ゲージ)

第一艦隊
1.摩耶99、20.3㎝(2号)連装砲★7、パスタ高角砲★MAX、14号対空電探、零観
2.イタリア137、試製41㎝三連装砲★8、パスタ砲改★8、零観、Ro.44水戦
3.ローマ137、試製41㎝三連装砲★8、パスタ砲改★8、零観、二式水戦改
4.ザラ99、二式水戦改、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、零観
5.ポーラ99、Ro.44水戦、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、零観
6.大鳳142、天山村田、零戦53型岩本★5、烈風改、彩雲カロリン空、(集中機銃)

第二艦隊
1.阿武隈99、能代砲★9、8㎝高角砲改+増設機銃★7、甲標的
2.ヴェールヌイ96、四式ソナー★5、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★5
3.初月95、秋月砲★9×2、22号水上電探改四★6
4.木曾98、能代砲★9、摩耶高角砲、甲標的
5.大井121、能代砲★9、5inch連装砲 MK.28 mod.2、甲標的、(集中機銃)
6.北上126、能代砲★9、5inch連装砲 MK.28 mod.2、甲標的、(集中機銃)

基地航空隊
陸戦2、陸攻2
陸戦2、陸攻2


空母を大鳳さんだけにしてあるため、
道中ではとにかく制空拮抗のまま進撃することになりました。

そのため、
1戦目の軽母ヌ級改やボス手前の空母ヲ級改から、
かなりの確率で中大破をもらってしまいました。

対空カットインは、
はじめは摩耶サマだけにしていたのですが、
敵空母からの攻撃を耐えられなかったので、
途中から初月ちゃんを入れて手厚くしました。

艦隊防空と砲撃の命中を考えて、
雷巡と阿武隈ちゃんには能代砲と高角砲のセットです。

こちらは意図通りに機能したと思います。


削りの段階では、
ボス艦隊を相手に航空優勢をとることができます。

そのため多くの場合で、
昼戦のうちにS勝利が確定していました。


ただ、
ラスダンではさすがに拮抗までが精一杯でした。

昼戦終了時点で、
旗艦と随伴艦1隻という状態でしたが、
阿武隈ちゃんと雷巡の連撃であっさり撃破できました。





やってみての感想とすると、
とにかく道中を安定させることに尽きると思います。

私は水上打撃部隊でいきましたが、
現実的には空母機動部隊が向いていると感じました。

やはり制空権の確保ができないと、
敵空母からの強力な攻撃をしのげなくなるからです。


それにくわえて、
先制対潜ができる駆逐艦などを1隻入れておくと、
潜水艦マスを無事に通過できると思います。

実際に今回の駆逐艦の役割としては、
対潜攻撃か対空防御くらいしかなく、
摩耶サマがいるのであれば2隻とも対潜でいいかもしれません。


ボス艦隊の強さとしては、
辿り着けばS勝利が充分に狙えます。

夜戦カットイン艦を入れるよりは、
昼戦の砲撃戦を安定させる方がよさそうです。

実際に私のケースでは、
削りでは4回中3回が昼戦でS勝利となりました。






ちなみにドロップですが、
1回目のボス戦は忘れましたが、
2回目以降「蒼龍、蒼龍、蒼龍、赤城」でフィニッシュです…。

つまり、
ルイージちゃんの掘りが確定してしまいました…。

その前に、
まずはE-7の攻略をがんばります。

皆さんこんにちは。

のんびりと支援艦隊用のキラ付けをしているところです。

手間はかかりますが、
こうした時間も「イベントしてるなぁ」という気になります。


もちろん、
めんどくさいことが少なければ少ないほど、
サクサクとプレイできるので楽かもしれませんね。

とはいっても、
こうした手間のかかることをするのもまた、
艦これらしくて私はそれなりに好きな時間です。






夏イベの方は、
これからE-6戦力ゲージのラスダンです。

手間のかかった輸送ゲージ破壊とは一変して、
こちらは非常に順調に来ていると思います。

しいて言えば、
開幕の軽母ヌ級改さんの攻撃があらぶり、
予想以上に大破撤退が増えていることくらいです。


逆に潜水艦マスは、
先制対潜を任せているヴェールヌイちゃんが大健闘です。

すべての戦闘で必ず敵旗艦を攻撃して、
少なくても2回目の雷撃被害を防いでくれています。

これほどまでに正確な攻撃をしてくれるとは…、
ヴェールヌイちゃんの獅子奮迅の活躍で助かっています。


ボスマスにたどり着きさえすれば、
確実にS勝利をとることができるので、
無事にたどり着けるように道中支援を入れます。

そのためにのんびりとキラ付け中というところです。






なんとか今週末には、
E-7のラスダンまでいけたらいいのですが、
「魔境」の攻略にはもう少し時間がかかりそうです。

↑このページのトップヘ