How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:島風

皆さんこんにちは。

受験生提督の皆さん、
センター試験お疲れ様でした。

この結果を踏まえて、
二次試験などへと戦いが続きますが、
まだまだ気を抜かずにがんばってください。

ちなみに、
私は直前の模試で志望校E判定でした。

センター試験の自己採点でも、
目標としている点数より50点以上低かったのですが、
二次試験できっちりと大逆転して合格しました。

数名しか枠のないところでしたが、
たぶん50人以上をぶち抜きました。

奇跡は起こるものです。

自分の力を信じること、
その力を最大限に活かすためにはどうするかを考えること、
それが厳しい受験戦争を勝ち抜く唯一の方法だと思います。






ちょっとだけ昔話をしましたが、
艦これの話題に戻しましょう。

提督の皆さんは、
自分が理想とするコンセプトに沿って、
あれこれと装備の改修を進めていると思います。

うちの鎮守府では、
戦艦が大好きな提督だけあって、
大口径主砲の改修が進んでいます。

巡洋艦用の主砲も、
阿賀野型用の能代砲を中心に、
3号砲などを手厚く改修しています。

そのほかの装備は、
「ほどほど」といったところにとどめ、
ネジをできるだけ節約しようとしています。


そのため、
いわゆる補助的な装備や飛行機については、
あまり改修が進んでいないのが実情です。

友人の提督などは、
むしろ飛行機が大好きということもあり、
私が無視しているような飛行機も改修してあります。

逆に大口径主砲などは、
あまり改修していないという特徴があります。






私のなかで、
駆逐艦の一番のお気に入りは島風ちゃんです。

先日、
長波改二と同時にD型砲が実装されました。

このD型砲は、
夕雲型と島風に装備させると、
大きなフィット補正が入ります。


つまり、
思わぬ形で「嫁艦装備」が実装されたのです。

ここで私を悩ませているのが、
D型砲をもう1つつくるかどうかです。

改修の候補としては、
満潮ちゃんがもってきたC型砲があります。

というか、
おそらくこのC型砲をD型砲にする以外、
うちの鎮守府ではD型砲を用意できません。

ちなみにB型砲は、
あれこれと牧場していたこともあり、
かなりの数を所有しているため、
多少減ったところで痛くもかゆくもありません。

ただ、
大きな問題となるのが「ネジ」です。

小口径主砲にもかかわらず、
意外とネジの消耗が激しいんですね…。






できればもう1門用意して、
火力補正がつく艦を増やしたいところです。

冬イベはレイテ沖海戦です。

栗田艦隊には多くの夕雲型が参加しており、
島風ちゃんとのコンビを考えると2門あっても足りないくらいです。


そんな話を友人提督にしていたら、
すでにD型砲が2門になっていました。

ちゃっかりしていますよね。


ということで、
少しずつですがC型砲の改修に着手します。

ネジのペースを考えると、
冬イベに間に合うかどうかというラインですが、
実際につかう場面が来るまでには時間がありそうなので、
マイペースで進めようと思っています。

最近のイベントでは、
思わぬ装備が突然必要になることがあります。

なくても攻略はできるのですが、
その装備をつかった方が楽に攻略できます。

秋イベを例にすると、
ハイクラスの水戦などがあります。

数だけでなく質も問われるようになりました。

二式水戦でもがんばれましたが、
強風改をもっていた友人提督は、
制空値が多少楽になっていたのを思い出します。

その友人提督は、
図鑑を埋めるためだけにつくった強風改が、
まさかこんな形で役立つとは思わなかったと言っていました。


今回のD型砲も、
なければないなりに攻略できると思います。

しかし、
駆逐艦が高火力を発揮することができれば、
意外なところで恩恵を受けられるかもしれません。

もちろん、
島風ちゃんに質の高い主砲を装備させたいですしね。

ということで、
しばらくはD型砲づくりをがんばりたいと思います。

皆さんこんにちは。

3連休もあっという間に終わり、
再びいつもの毎日になりますね。

少しずつ深まる秋の気配、
とくに朝晩が肌寒く感じるようになりました。

日中も過ごしやすくなってきました。


たまには空を見上げてみてください。

袖がちょっと長すぎちゃった巻雲ちゃん…、
ではなく秋の空の風物詩「巻雲(けんうん)」が見えますよ。

刷毛で白い絵の具をさーっと引いたような雲、
それが巻雲ですからぜひ見つけてみてください。






さて、
私の大好きなF1に衝撃的なニュースが入りました。

予想できていたことではありますが、
ついにマクラーレンとホンダが離別します。


とにかく故障が多く、
コンペティティブとはいえないホンダエンジンに対して、
マクラーレンが来期以降の契約を白紙撤回して、
ルノーからエンジンを供給してもらうこととなりました。

ルノーはチームとしても参戦し、
自チームの他にレッドブルなどにエンジンを供給しています。

おそらく来期からマクラーレンに供給されるエンジンは、
カスタマータイプのエンジンということになるでしょう。

ホンダエンジンよりは多少マシでしょうけど、
ルノーエンジンも速いエンジンとは言えません。

さらにいえば、
メルセデスがチームとして参戦し、
マクラーレンに供給するエンジンがカスタマーになること、
それを嫌ってホンダエンジンとに長期契約を結びました。

結果としてカスタマーとはいえ、
最速のメルセデスエンジンを失い、
結果が出なかったホンダエンジンを経て、
あまり速いとはいえないルノーエンジンになったのですから、
マクラーレンの長期戦略は迷走気味なのかもしれません。

シャシーには自信があるらしいので、
おそらくルノーエンジンになれば、
今シーズンよりはコンペティティブになり、
「7位争い」はできるようになると思います。

ただ、
トップ3チームを切り崩して、
表彰台争いができるかといえば、
多少厳しいのではという印象を受けます。






一方で、
宙に浮いた形となったホンダですが、
来期はトロロッソにエンジンを供給します。

トロロッソは実質的にレッドブルのBチーム、
簡単にいえばレッドブルの実験台的なチームです。

若手のドライバーに経験を積ませたり、
革新的な技術に取り組んだりするようなチームです。

現在はレッドブルと同じルノーエンジンですが、
来期はルノーとホンダにわかれる形になります。


ホンダはトロロッソに対して、
専属的にエンジンを供給するワークス契約となります。

たとえばフェラーリチームは、
自チームの車ともっとも相性が合うように、
フェラーリエンジンをつくっています。

これがワークスのエンジンです。

そのエンジンを買い取り、
自分たちのチームに合わせる方法が、
カスタマーと呼ばれるエンジンです。

ワークスの方が車との相性がよく、
カスタマーだと相性が多少悪くなります。

ワークスのエンジンが欲しかったマクラーレンは、
自チームの専属エンジンとしてホンダと契約しましたが、
残念ながらホンダが期待に応えることができませんでした。

同じカスタマーなら、
より速いエンジンを求めて、
メルセデスやフェラーリとも交渉しましたが、
そのカスタマーエンジンは手に入りませんでした。

性能の上がらないワークスエンジンか、
多少性能がいいカスタマーエンジンか、
マクラーレンは苦渋の決断だったと思います。






一方でホンダですが、
実は来期のがんばり次第では
ビッグチャンスを手にするかもしれません。

来期のトロロッソのパフォーマンス次第では、
レッドブルがホンダエンジンを積むかもしれないのです。

レッドブルもまた、
ワークスエンジンが欲しいチームです。

数年前までは、
ルノーがチームとして参戦しておらず、
実質的にレッドブルがルノーのワークスエンジンを積んでいました。

ルノーがチームとして参戦するようになり、
ワークスからカスタマーとなったことで、
少しずつ不満が高まっていきました。

現在のレッドブルは、
ルノーのエンジンではありますが、
名称を時計メーカー「タグホイヤー」として積んでいます。

本当はルノーとの契約を解消したいのですが、
メルセデスもフェラーリもエンジンを供給してくれないので、
やむを得ずルノーエンジンを使い続けている状況なのです。


今シーズンのホンダエンジンは、
まさに「テールエンダー」です。

しかし、
シーズンの中盤から性能も信頼性も上がりつつあり、
コースによっては入賞できるレベルになりました。

一昨日のシンガポールでは、
一瞬だけ表彰台かという期待も抱かせました。

ほんの一瞬でしたけどね…(笑)。


それでも、
この調子で進化できれば、
ルノーと同じくらいの速さになれるかもしれません。

それを来期のトロロッソで証明できれば、
再来年のレッドブルにホンダエンジンが載るかもしれません。

ちなみに、
レッドブルはいわゆる「3トップ」のチームです。

非力なルノーエンジンを載せながら、
メルセデスやフェラーリと争っているのですから、
シャシーの力は相当高いと思います。

したがって、
どうにかルノーエンジン以上の成績を残せれば、
レッドブルとホンダは間違いなく手を取ることでしょう。






そのためには、
来期のトロロッソがライバルに勝つ必要があります。

そのライバルとなるのが、
まさにマクラーレンなのです。

今シーズンもマクラーレンとトロロッソは、
同じくらいの順位で戦うことが少なくありません。

ほかにもライバルはいますが、
目下マクラーレンとの順位が、
わかりやすい指標となることでしょう。


私としては、
もしレッドブルにホンダエンジンが載ったら、
再来年のF1が楽しくなると思っています。

そのために越えなければならないハードルは高く、
まずは速さと信頼性のあるエンジンをつくってほしいものです。

それで来期のトロロッソが、
マクラーレンより速かったら、
多少ごはんがおいしくなるかもしれません。






さて、
これと艦これを結び付けて、
いつものように終わりたいところなのですが、
どういう話にしたらいいのでしょうか…(笑)。

同型艦でも技術開発などを目的として、
意図的に異なる機関を積むことがあります。

艦これ的にポピュラーなパターンでは、
陽炎型の天津風ちゃんの例が思い浮かぶことでしょう。

「はっやーい!」機関を試験的に搭載しましたが、
天津風ちゃん自体は他の陽炎型とほぼ同速でした。

しかし、
そのデータが島風ちゃんに活かされたのです。


機関部の開発設計は難しく、
すぐに思うような結果が出ないこともあります。

ただ、
コツコツとデータを集めて、
直すべきところを直していけば、
ちゃんとした機関部は出来上がるのです。


ホンダがつかえる時間は多くありませんが、
ぜひ有効に活用して開発をがんばってもらいたいです。

少なくともチャンスがあるうちは、
それをみすみす逃すのではなく、
ガッチリと捕まえてほしいですね。

皆さんこんにちは。

出撃すること6回目、
やっとボスに行けたので、
一応レポートしておきます。


E-7ラスダン編成

第一艦隊
1.由良97、Ro.44水戦×2、パスタ高角砲★MAX、(応急修理要員)
2.イタリア137、パスタ砲改★8、試製41㎝三連装砲★8、二式水戦改、零観★3
3.ローマ137、パスタ砲改★8、試製41㎝三連装砲★8、二式水戦改、紫雲
4.大鳳142、天山村田、流星改、烈風601、彩雲カロリン空、(応急修理女神)
5.翔鶴137、天山友永、流星601、零戦53型岩本★5、Re.2005改、(応急修理女神)
6.瑞鶴137、天山村田、流星601、烈風改、烈風601、(応急修理女神)

第二艦隊
1.能代140、能代砲★9、探照灯★MAX、夜偵★6.(8㎝高角砲改+増設機銃★7)
2.ビスマルク142、アイオワ砲改★2、アイオワ砲★6、照明弾、夜偵、(応急修理女神)
3.雪風98、秋月砲★9、五連装酸素魚雷、13号対空電探改★MAX、(応急修理女神)
4.北上126、四連装酸素魚雷★MAX×2、甲標的、(応急修理女神)
5.島風122、五連装酸素魚雷★2、四連装酸素魚雷★MAX×2、(応急修理女神)
6.リシュリュー82、パスタ砲改★8、リシュリュー砲改、一式徹甲弾★6、夜偵

基地航空隊
1.二式大艇、一式戦 隼Ⅲ型甲(54戦隊)、零戦21型(熟練)★9、一式陸攻 三四型
2.二式大艇、一式戦 隼Ⅱ型(64戦隊)、一式陸攻 三四型、一式陸攻 三四型
3.一式陸攻、一式陸攻、一式陸攻(野中隊)、銀河


支援艦隊は道中と決戦どちらも出し、
基地航空隊はすべてボスマスに展開しています。






1戦目の駆逐ナ級の砲撃で、
あっさりと島風ちゃんが大破するところからスタートします。

本来なら即時撤退というところですが、
なぜか「提督の直感」がはたらきまして、
ボス戦までは壊れないような気がしたので、
撤退せずにそのまま進撃してみることにしました。


2戦目の集中雷撃で、
ビスマスもこらえきれずに大破してしまいます。

大破が2隻出たので、
もちろん撤退という判断が妥当なのですが、
いけそうな予感が変わらなかったので進撃します。


3戦目の敵連合艦隊を相手に丁字有利、
ここで空母組が4隻撃沈と1隻大破の大戦果です。

さらに支援攻撃で空母ヲ級改も沈黙し、
怖いのはバカンス中のお姉さんだけとなります。

さわらぬBBAにたたりなし…、
ということでまさかの完全S勝利で通過できます。

島風ちゃんもビスマルクさんも、
この時点では健在です。


4戦目のトリプルケツダイソンでは、
かわし切れずにビスマルクさんのダメコンが発動します。

ちょうどよく砲撃のタイミングだったため、
満タンのビスマルクさんの連撃でケツダイソンを1隻撃沈します。

しかし、
それ以降は膠着状態のまま、
第一艦隊にバトンタッチとなります。

ここでケツダイソンの旗艦が意地を見せ、
これまで無傷だった大鳳さんが大破します。

とはいえ反撃もそこまで、
島風ちゃんと大鳳さんが大破、
ほかは全艦小破未満という展開でボス戦へと突入します。






ボス戦では基地航空隊が踏ん張ります。

第一航空隊に1つだけ配備した陸攻が、
2度の攻撃できっちりと2隻撃沈します。

第二航空隊と第三航空隊で、
取り巻きを何隻かつぶしつつ、
ケツダイソンを1隻撃沈してくれました。

開幕航空戦では航空優勢まで、
決戦支援と北上さんの雷撃で残りがボスとケツ2隻、
あとは取り巻きが3隻というところから砲撃戦スタートです。

イタリアさんとローマさんは、
ひたすらケツダイソンを攻撃し、
ケツダイソンから攻撃されていました。

まるでイタリア戦艦2隻vsケツダイソン2隻で、
狭いリングでプロレスでもしているかのようです。

空母組は取り巻きをつぶしてくれましたが、
敵重巡からの砲撃で大鳳さんのダメコンが発動します。

ちょうど1巡目が終わりかけていたタイミングだったので、
大鳳さんがそのままケツダイソン攻撃を入れて大破させます。


第二艦隊はあえて初手に指名したリシュリューさんが、
きっちりと第二艦隊で残っていた駆逐ナ級を沈めて雷撃戦です。

再び第一艦隊に戻った時点で、
すでにイタリアさんとローマさんは大破、
敵のケツダイソンも大破していましたが、
空母組ではとどめを刺せずに夜戦に突入します。






夜戦セットはすべて発動、
島風ちゃんが依然大破のままですが、
残りは全艦小破未満という絶好のシチュエーションです。

第二水雷戦隊旗艦能代さん、
きっちりと大破の2番艦を撃沈してくれます。

その後のボスがビスマルクさんに連撃、
残念ながらこらえきれずに大破してしまいます。


こちらの3番艦は雪風さん、
対空に振ってある分だけ、
夜戦火力は期待していませんが、
カットインくらい出してくれるでしょう。

と思ったら、
まさかの不発でボスにノーダメージで終わります。


生き残っていたケツダイソン3号機が、
きっちりと島風ちゃんを狙って攻撃し、
まさかの「女神カウンター」が発動します!!


北上さんがきっちりとボスを中破まで追い込んだところで、
「シャッ!!シャッ!!シャッ!!」と気持ちいい音がします。

島風ちゃんのカットインがボスに向かいます。


…。


…。


残り7を残してしまいました…(笑)。


いやしかし、
2分の1ではありますが、
リシュリューさんの砲撃が残っています。

連撃を狙ってくれさえすれば、
特攻があろうとなかろうと撃沈できるはずです。

さぁリシュリューさん、
気持ちよくボスを撃沈して帰りましょう!


という提督の希望もむなしく、
ケツダイソン3号機へと吸い込まれる攻撃…、
もちろんきっちりと沈めてくれましたよ(笑)。






ダメコンを3つ消費し、
かつ女神カウンターまで発動させながら、
最後の最後で撃沈することができませんでした。

貧乏提督である私は、
使える女神さまの数がもうほとんどありません。


しかしながら、
この編成でもボス撃破が見えましたね。

ほぼ狙い通りに艦隊は動いていますし、
火力面にかんしても問題ありません。


リシュリューさんのダメージですが、
攻撃を外したショックでちゃんと見ていませんでした…。

ただ、
ビスマルクさんの連撃以上のダメージでした。

夜戦火力ではリシュリューさんの方が劣るので、
もしかしたら装甲貫通後に数%分の特攻効果があるかもしれません。

今回はアンカーで起用してみましたが、
引き続きアンカーでもいいかなと思っています。

前にも言いましたが、
うちのアンカーは5番艦なので、
6番艦はお守り的な存在でもあります。

経験値の低いリシュリューさんの負担にならないよう、
先輩の北上さんと島風ちゃんにがんばってもらいたいです。


さて、
提督の疲労を抜いたら、
もう一度出撃してみます!

皆さんこんにちは。

そういえば、
甲子園の予選の話ですが、
私の母校はベスト4で敗退となっていました。

忙しくてチェックするのを忘れていたのですが、
既に決勝も終わって代表校も決まっていました。

私の母校に勝った高校が代表ということもあり、
ぜひ甲子園でも伸び伸びと活躍してほしいです。






さて、
昨夜まるゆさんのレベリングが終わり、
ようやく1セット分用意することができました。

それを誰につかうか、
非常に悩ましいところでもあります。


候補は何人かいます。

まずは島風ちゃんです。

うちの島風ちゃんは、
私のお気に入りということもあり、
比較的運の改修が進んでいます。

カットイン艦にしたかったので、
少しずつまるゆさんでの改修を進め、
現在は運が53となっています。

できれば60まで乗せておきたい、
というのが本音ではありますが、
現状でも十分な活躍を見せてくれます。


妙高さんも候補の一人です。

数々のイベント海域で、
スナイプによってボスを撃沈してくれたのが妙高さんです。

まさに「圧倒的妙高!」なのです。

まるゆさんでの運改修はしておらず、
今後カットインを確実に出すためにも、
まるゆさんの力を借りたいところです。


同様にプリンツちゃんも候補です。

ただ、
ここぞというときに重巡を使う場合、
私はなぜか妙高さんを選択してしまいます。

重巡はすべてレベル99なので、
レベル差などで選んでいるわけでもなく、
プリンツちゃんが嫌いというわけでもありません。

けれども、
なんとなく妙高さんを選んでしまう性格上、
プリンツちゃんの運を改修しても使うかどうか…。


戦艦ではビスマルクさんでしょうか。

高い夜戦火力があり、
カットイン艦としても高性能なので、
かねてからビスマスクさんは候補のひとりでした。

ただ、
陸上型のボスが増えてきたことと、
フィニッシャーを戦艦に頼らない戦術をとるようになり、
戦艦の運改修は私のなかで重要度が下がりました。


この例でいえば、
イタリアちゃんも同様です。

運が高い高速戦艦なので、
連合艦隊の第二艦隊でも使えますが、
やはりフィニッシャーには使わないでしょう。

いつかは手を出すことがあるかもしれませんが、
「今で…、いや、なんでもないけど…」という感じです。


ただ、
アイオワさんだけは悩んでいます。

屈指の幸運艦であり、
高速戦艦では最強といっても過言ではありません。

陸上型のボスに対する攻撃力も高く、
私のなかでは信頼度が非常に高い戦艦です。

とはいえ、
陸上型のボスに戦艦でカットインをするかといえば、
まず選択肢に入らないというのが悲しいところです。


軽巡でいえば神通さんです。

うちの鎮守府では、
なぜか神通さんが冷遇されがちです。

神通さんごめんなさい、
もちろん嫌っているとかではないのです。

ただ、
強すぎて温存しているうちに、
出しどころを失ったままイベントが終わるのです。

トップバッターの軽巡は、
ほぼ例外なく那珂ちゃんで決まるのですが、
攻略を進めるにしたがってほかの軽巡を使います。

とくにうちの鎮守府では、
阿賀野型がすべて高練度ということもあり、
順番に出していくうちに軽巡のコマが足ります。

また、
最近のイベント最終海域などでは、
出撃させる軽巡が阿武隈ちゃんか大淀さんとなりがちです。

そこをあえて嫁艦にするのが、
うちの鎮守府の縛りプレイ的要素なのですが、
それでも神通さんの出番はないままなのです。

抜群の夜戦火力を活かすためには、
いっそカットイン艦にしてしまおうかと考えています。


逆にカットイン軽巡として人気なのが、
なかなか提督に名前を覚えてもらえない阿武隈ちゃんです。

阿武隈ちゃんの魅力は、
甲標的による先制雷撃と高い夜戦カットインの両立です。

ボスが陸上型でない限り、
阿武隈ちゃんは艦隊に欠かせない軽巡といえます。

けれども、
その固定化された概念を打ち破りたいのが私です。

阿武隈ちゃんは好きですが、
阿武隈ちゃんだけが活躍するのはさみしいものです。

ということで、
運改修の候補ではありますが、
今回は見送ろうかなと考えています。


軽巡では酒匂ちゃんも候補です。

元から運が高いこともありますが、
お気に入りの阿賀野型というのもポイントが高いです。

実際にはほとんど活躍できなかった酒匂ちゃんですが、
貴重な軽巡のカットイン艦として活躍してほしいです。

このあたりは単なる判官びいきですね。


駆逐艦では夕立ちゃんも候補です。

理由は神通さんと同じです。

綾波ちゃんが改二になってから、
さらに出しどころが難しくなりました。

陸上型のボスに連撃だけではつまらなさそうなので、
カットイン艦にして突撃させるっぽいという気持ちがあります。


ほかには暁ちゃんも考えています。

やはり誕生日が同じなので、
どこかで活躍させてあげたいというのが本音です。

ステータス的にみると、
相対的にトップレベルから一枚落ちますが、
それでも屈指の夜戦火力は魅力的です。

まるゆさんの力を借りて、
ぽんこつなレディから一人前のレディになれるように、
提督も陰ながら応援してあげたいところでもあります。

ただ、
趣味の範囲になるため、
重要度も優先度も低めといえます。

しばらくはぽんこつのまま、
イベントの途中などでがんばってもらいましょう。


あとは大井っちなども候補です。

単純に雷巡でカットイン艦が2隻いたら、
ヒャッハーできそうだというのが理由です。

お札などの状況によっては、
北上さんの切りどころが難しくなることがあります。

過去に牧場をしたまま、
残してあるレベル50の北上さんをつかってもいいのですが、
できれば「同じ艦の2隻目」を使いたくないのもあります。

そういうときに大井っちがカットイン艦であれば、
心置きなく雷巡をつかうことができるので魅力的です。


一方でうちの嫁艦ですが、
今回も見送る予定です。

過去のイベント攻略事例をみると、
役割的にカットイン艦である必要がないからです。

むしろ、
うちの嫁艦は最強のサポート役として使っています。

ほかの艦娘を主役にすべく、
三歩下がって黒子に徹することができる良妻賢母ですから。

でも、
いつかは運をMAXにしてあげたいものです。






ということで、
それぞれの候補を見比べながら、
まるゆさんを誰に使うかを悩みました。

これだけ悩んだ末に出した結論は、
まさかの北上さんとなりました…。


えぇ、
本当に候補にもあげていなかったのですが、
滝に打たれるような気持ちになったというか、
天からお告げがきたような気がしたというか、
直感的に北上さんしかいないと思いつきました。

ちなみにうちの北上さんですが、
こちらも運の改修はしておらず、
絶対的なカットイン艦には心もとない状況です。

したがって、
「思ったよりも」カットインが出ないことがあります。

気にならないレベルではありますが、
そろそろ気にした方がいいところでもあります。






ということで、
北上さんにまるゆさん5隻を投入し、
無事に運が49となりました。

かなり運が高くなりましたが、
本音を言えばもう一声ほしいところですね。

イベントまでまだ時間があり、
備蓄には多少余裕も出てきたことから、
まるゆチャレンジをもう少しだけがんばります。

あと3隻できればもう1セットできるので、
イベント前に仕上がるようにしたいところです。


さあゴーヤ、
オリョクルに行くぞ!

↑このページのトップヘ