How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:支援艦隊

皆さんこんにちは。

今日は時間がたっぷりありますから、
引き続きE-3のレポートをしていきます。


E-3攻略(ゲージ1本目)艦隊編成

第一艦隊
1.初月95、秋月砲×2、13号対空電探改
2.リシュリュー91、アイオワ砲改★2、アイオワ砲★6、一式徹甲弾★6、紫雲
3.プリンツオイゲン99、三隈砲★7×2、FuMOレーダー、紫雲
4.ザラ99、二式水戦改、三隈砲★7×2、零観
5.ポーラ99、二式水戦改、三隈砲★7×2、零観
6.大淀128、能代砲★MAX、秋月砲★MAX、零観、FuMOレーダー

第二艦隊
1.五十鈴93、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★6、探照灯★MAX
2.ヴェールヌイ96、四式ソナー★5、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★2
3.夕立96、秋月砲×2、33号水上電探
4.北上129、甲標的、能代砲★9×2、(集中機銃)
5.雪風99、秋月砲×2、33号水上電探
6.龍驤128、天山村田、零戦53型岩本、烈風改、彩雲カロリン空

基地航空隊
陸攻4、陸攻4

支援艦隊
決戦支援(砲撃支援)


たしかこんな感じだったと思いますが、
数日前のことなのですが思い出せません…(笑)。

装備面で多少間違っているかもしれませんが。
おおよその参考にしてもらえたらと思います。

この艦隊編成のポイントは、
先制対潜艦を2隻入れることで、
道中の潜水艦マスへの対応を狙っています。

この潜水艦マスへの対応としては、
新しく配備された対潜哨戒機「東海」を活用して、
基地航空隊を1部隊回すという方法があります。

むしろ、
そちらの方が一般的かもしれません。

ただ、
基地航空隊を入れ替えるのが面倒だった…、
という理由だけで艦隊だけで対潜攻撃することにしました。

艦隊のみで対潜をした場合ですが、
「割のいい運ゲー」までは持ち込めます。

先制対潜艦2隻のうち、
どちらかが黄色い潜水艦を狙ってくれたこともあり、
潜水艦マスでの事故は比較的少なかった印象です。

もちろん、
事故が起こることもありましたが、
確率的には他のマスでの事故と同程度以下でした。






ボスマスでは久しぶりの防空ちゃんがいますが、
予想以上に弱体化していたこともあり、
苦戦した印象はとくにありません。

ここで苦戦した印象がないため、
艦隊編成を忘れてしまったのかもしれませんね。

基地航空隊を2部隊回していたため、
夜戦まで持ち込めばS勝利が確実にとれるという印象です。


ただ、
ラスダンに入ったときに、
急に道中での事故が増えたため、
基地航空隊を1部隊道中支援に回しました。

もちろん、
ボス艦隊への手数が減ってしまいますが、
「誤差」の範囲で昼戦に入ることができます。






ざっくりなレポートですが、
記憶が薄れかけているため、
このあたりにとどめておきます。

夏休みの宿題と同じように、
できるだけ早くまとめておかないと、
必要なときに忘れてしまいますね。

それを防ぐために、
ブログを始めたというのもあるのですが、
それをサボっているようではいけません。

レポートが現在の攻略に追いつくように、
もう少しペースを上げていきたいと思います。

その前にお昼ですね。

皆さんこんにちは。

秋イベが始まりましたね。

皆さんの進捗はいかがでしょうか、
私の方はさっそくやらかしてしまいました…。






メンテナンスが多少遅れるということで、
連日の疲れもあったために少し休むことにしました。

メンテナンスが遅れるのは、
いつものことなので想定内でした。

日付が変わるくらいには、
メンテナンスが終わるだろうと予測して、
だいたい1時くらいには起きるつもりでした。


しかし、
私はぐっすりと眠ってしまいました…。

気付いたら5時を回っていて、
結局いつも起床時間だったのです。

ある意味で規則正しい生活ではあるのですが、
できるだけ早くイベントを始めようと思っていた私にとって、
まさかの寝坊は致命的な出遅れとなりました。


ということで、
これからイベントの攻略に出撃します。

事前の予想通り、
第二遊撃部隊である志摩艦隊を出撃させて、
台湾沖への進出が第一海域の戦略目標のようですね。

対潜警戒も予想通りですが、
支援艦隊に対潜警戒が加わったのですね。

これは心強い支援になりそうです。


これまでも、
支援艦隊に潜水艦を攻撃してほしい場面があり、
じれったく感じていたことがありました。

この点が解消されたことはよかったと思う反面、
それを駆使しなければ攻略が難しい可能性があるともいえます。

まずは出撃させてみて、
バランスを微調整していこうと思います。


それでは、
志摩艦隊の皆さんは抜錨して、
台湾沖への進出を開始してもらいましょう!

皆さんこんにちは。

艦これ第1期の総仕上げ、
レイテ沖海戦が刻一刻と近づいています。

できる準備はしておきたい、
とはいえ何をしたらいいのかわからない、
そういう提督さんも少なくないことでしょう。

やれることはたくさんありますが、
ちゃんと自分なりの優先度をもって、
決戦に備えた準備をしておきたいですね。






さて、
あっという間に月末になってしまいましたが、
今月のEO海域をたくさん残している私にとって、
突破に向けてちょっと焦りが出てきております…。

夏休みの宿題を残してしまい、
最終日に泣きながらやっている小学生みたいです。


時間的に考えて、
全部やるのはちょっと難しそうです。

したがって、
できる範囲で進めたいところですが、
そうなると5-5ということになります。






そういえば、
5-5の突破も楽になりましたよね。

はじめて5-5を突破したときには、
胃に穴が開きそうな思いをしながら、
出撃を繰り返したことを思い出します。

支援艦隊もフルで出して、
燃料や弾薬の消費もかなりありました。

5-5を突破するためだけに、
龍驤ちゃんとケッコンカッコカリをしたことも、
今となってはいい思い出と言えるかもしれません。


ところが、
今は高速戦艦に強い海外艦が増えて、
空母もシステム的に強化されたので、
あっさりと突破できる海域になりました。

支援艦隊も出さなくなりました。

道中くらいは出した方がいいのでは…、
と友人提督と議論になることもありますが、
3戦目の戦艦レ級eliteの強力な開幕攻撃に対して、
支援艦隊の攻撃が意味をなさないので、
私は事故のリスクも含めて割り切っています。

昼戦の砲撃戦までを考えると、
出した方が安定感が増すことはわかりますが、
そこは出撃させている艦隊を信じることにしています。

しいていえば、
昼戦のキャップが上がってしまったことで、
空母の皆さんがちょうど大破してしまうことが増えました。

それもすべて運だと割り切ります。






それでは、
今夜は久しぶり戦艦レ級ちゃんと遊んできます。

できるだけお手柔らかに願いたいものです(笑)。

皆さんこんにちは。

平日はなかなかイベント海域への出撃がむずかしいですね、
ましてE-7ラスダンですから気を使わざるを得ません。

ということで、
今日は消耗した物資の回復に専念し、
イベント海域への出撃はお休みです。


適度に休みながら、
あまり根詰めずに進めていきたいと思います。

月末で忙しいというのもありますから、
ちょっとぐうたらしながら過ごします。






それにしても、
E-7に入ってからの物資の消費が激しいですね。

道中で大破撤退が多いことで、
戦果は上がらずに物資だけが減っていきます。

さすがに大和型を回しているわけではないので、
多少は節約できているのかなとは思いますが、
それでもじわじわと目減りしていく物資を見ると、
果たして無事に突破できるのか心配になります

できれば週末までに、
燃料と弾薬を1万ずつくらいは貯め直したいところです。


久しぶりにキラ付けして海上護衛を回しています。

物資の貯め直しもまた、
イベントをやっている感じがしますね…(笑)。

皆さんこんにちは。

のんびりと支援艦隊用のキラ付けをしているところです。

手間はかかりますが、
こうした時間も「イベントしてるなぁ」という気になります。


もちろん、
めんどくさいことが少なければ少ないほど、
サクサクとプレイできるので楽かもしれませんね。

とはいっても、
こうした手間のかかることをするのもまた、
艦これらしくて私はそれなりに好きな時間です。






夏イベの方は、
これからE-6戦力ゲージのラスダンです。

手間のかかった輸送ゲージ破壊とは一変して、
こちらは非常に順調に来ていると思います。

しいて言えば、
開幕の軽母ヌ級改さんの攻撃があらぶり、
予想以上に大破撤退が増えていることくらいです。


逆に潜水艦マスは、
先制対潜を任せているヴェールヌイちゃんが大健闘です。

すべての戦闘で必ず敵旗艦を攻撃して、
少なくても2回目の雷撃被害を防いでくれています。

これほどまでに正確な攻撃をしてくれるとは…、
ヴェールヌイちゃんの獅子奮迅の活躍で助かっています。


ボスマスにたどり着きさえすれば、
確実にS勝利をとることができるので、
無事にたどり着けるように道中支援を入れます。

そのためにのんびりとキラ付け中というところです。






なんとか今週末には、
E-7のラスダンまでいけたらいいのですが、
「魔境」の攻略にはもう少し時間がかかりそうです。

↑このページのトップヘ