How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:西村艦隊

皆さんこんにちは。

今年も残すところあと2週間となり、
艦これもクリスマスmodeになりました。

私は仕事で完全に忙殺され、
毎日干からびながらかろうじて生きています。

その間、
すっかりブログをサボってしまいました。

気を取り直して、
できる範囲で更新していきます。






気付けば秋イベも終わりましたね。

私はイベントが終了した日、
その午前2時にかろうじて突破できました。

闇城さんゲージの一発目で、
海防艦の対馬ちゃんがドロップしてくれました。

さらに、
闇城さんのラスダンのときに、
「ジャマだ!どけぇぇえぇぇ~!」と叫びながら、
弾着カットイン197で闇城さんを撃破した直後には、
潜水艦のしおんちゃんがドロップしてくれました。


普段はドロップ運がよくないのですが、
このときばかりは神がかったドロップ運でした。

おかげで掘りを行うことなく、
今回の新規ドロップ艦は手に入りました。

ただ、
2本目のラスダンが確定してから、
自分でもビックリするくらいグズりました…。

空襲マスで扶桑姉さまが大破したり、
支援艦隊がグンマー4隻沈めた直後に旗艦が大破したり、
ドロップ運の反動にかなり苦しめられました。

予定では日付が変わる前には終わるはずでしたが、
気付けば2時になっていて半分ヤケクソ状態でしたが、
最後は扶桑姉さまがきっちりと仕留めてくれました。

決戦支援が不発だったため、
昼戦を迎えた段階で健在は扶桑姉さましかいませんでしたが、
全弾クリティカルで入れてくれたので助かりました。

アイオワ砲改と一式徹甲弾、
これらの改修をがんばっておいてよかったです。






カンタンですが、
一応ラスダンの様子を思い出しながら、
ざっくりとレポートしてみました。

西村艦隊で抜きたいという目標も、
無事に達成できたのも幸運でした。

秋イベに向けて、
朝雲・山雲コンビのレベリングをがんばった成果が出ました。

ダメコンも補強増設もつかわず、
E-4甲をギミックから半日で駆け抜けました。

ということで、
多少物資殴り的に艦隊を運用したため、
今はウィークリー任務などを進めながら、
基本的には備蓄中心の提督業です。

そういえば聞こえがいいかもしれませんが、
艦これをプレイする時間が確保できなくて、
空いている時間に遠征を回す程度しかできていません。

少なくとも、
年末休みに入るまではこの状況が続きそうです…。






そういえば、
ブログをお休みしているときに、
はじめてコメントをいただいていました!

ありがたいですね、
すぐに気付けなくて申し訳なかったです。

やはり藤沼直樹さんの歌声はいいですね、
そろそろ「クリスマス・イブ」熱唱の時期ですね。

日頃の疲れを、
藤沼さんの歌声で癒されたいものです。

皆さんこんにちは。

ついにこの日がやってきました。

今日のメンテナンス終了と同時に、
秋イベがスタートすることになります。

艦これ始まって以来初となる2期連続イベントは、
最大の海戦「レイテ沖海戦」がモチーフとなります。

前期作戦ともいえる今回は、
「スリガオ夜戦」がメインとなります。


西村中将率いる第一遊撃艦隊第三部隊は、
戦艦山城を旗艦に7隻の小規模艦隊です。

速力で劣る扶桑型ということもあり、
最短距離となるスリガオ海峡を通過、
レイテ湾へと進軍する予定でした。

そこに待ち構えていたのは、
作戦目標である敵輸送部隊ではなく、
レーダーを搭載した戦艦などの大艦隊でした。

旗艦山城を先頭に単縦陣で突入した西村艦隊でしたが、
前方だけでなく左右三方を敵艦隊に囲まれました。

丁字不利どころか、
鶴翼の陣のど真ん中を突き進む形となります。

砲雷撃による大破炎上で、
船体を2つに割ったのは扶桑です。

さらに、
集中砲火を浴びて落伍する旗艦山城から、
西村中将の「我を顧みず突撃せよ!」の命令が出されました。

しかし、
すでに山城の通信能力は失われており、
麾下の艦隊に届くことはありませんでした。

それでもあきらめない西村艦隊でしたが、
多勢に無勢を覆すことは不可能でした。


遅れてスリガオ海峡にやってきた志摩艦隊、
次第に見えてきた大型艦が大破炎上する様子に、
「西村艦隊、大戦果!」と沸き立ちます。

しかし、
それは船体を2つに割られた扶桑だったのです。


命からがら退避する時雨に、
「ワレ、ナチ」と追尾するように指示を出しますが、
時雨はそれを拒否してふらふらと帰投していきます。

その後衝突事故などで大混乱に陥った志摩艦隊は、
敵戦艦部隊と本格的に抗戦する前に海域を離脱します。






ある人は「無謀」だったといい、
ある人は「勇敢」だったといい、
西村艦隊の評価は視点によって変わります。

日本初の国産超弩級戦艦は、
絶望的に不利な状況ではありましたが、
戦艦同士の打ち合いによって果てました。

敵戦艦に自慢の主砲を打てずに沈んだ戦艦も多いなかで、
ある意味では戦艦としての本会を果たしたともいえます。






そして私たちは、
これからその作戦を成功へと導かなければなりません。

7隻での出撃、
単艦での戦場離脱など、
西村艦隊のための新システムが導入されそうです。

しかし、
現実的に考えれば、
退避などしていたらボス撃破は難しいでしょう。

今までのイベントを考えると、
モチーフとなった作戦やその海域で沈んだ艦が、
深海棲艦側のボスとして描かれるケースがあります。

今回は扶桑・山城棲姫でしょうか。

回避や装甲は低そうですが、
火力だけは相当高く設定されてそうですね。

最上さんをモデルにした「航巡棲姫」などもありそうですね。

今まで深海棲艦側に航巡はいませんでしたが、
これを機に実装されてもおかしくありません。


どのようなイベントになるか、
現時点では見えてきませんが、
ベストは尽くしたいと思います。

あまりプレイ時間を割けそうにないため、
私自身は今週末が勝負になるかもしれません。

某ハーロック提督のように、
睡眠時間を削る元気はありません(笑)。


今回も可能な限りでレポートしますが、
あまり期待しないでくださいね。

それでは、
気持ちを落ち着けながらメンテナンスを待ちましょう。

皆さんこんにちは。

私は日中のちょっとした時間に、
艦これの新しい情報を見るようにしています。

大本営電文はもちろん、
まとめサイトをナナメ読みするだけでも、
どういう話題が上がっているのかをつかめます。

ただ、
ここ数日はちょっとバタバタしていたこともあり、
新しい情報をフォローしきれていませんでした。


昨日、
友人提督からラインが入りました。

そこで初めて知ったのですが、
秋イベの最終海域は7隻編成になるみたいですね。

確かに西村艦隊は7隻ですから、
「史実優先」であればそうなるのはわかります。


てっきり私は、
これまでと同様に6隻編成だと思っていましたから、
朝雲ちゃんか山雲ちゃんかを選べると思っていました。

ローテーションもありかな…、
などとのんきに考えていたら、
大本営にしてやられてしまいました。






また、
西村艦隊に続く志摩艦隊も、
しっかりとレベリングしておいた方がよさそうですね。

こちらはどのような使い方になるのか、
逆に現時点では予想が立てにくくなってしまいました。

私のざっくりな予想では、
西村艦隊に志摩艦隊が追いついてから、
スリガオ海峡に突入することを想定して、
連合艦隊になるのではないかと思っていました。


もちろん、
その線もないとはいえません。

しかし、
西村艦隊を7隻で出撃させる以上、
連合艦隊を7隻×2艦隊にするのかどうか、
こちらは少し難しいかもしれませんね。


ただ、
スリガオ海峡で接敵するであろう敵は、
PT小鬼群と戦艦部隊になるのは間違いありません。

戦艦部隊は重巡をはじめ、
水雷戦隊を先行させることが予想されることから、
重巡ネ級や軽巡ツ級の群れを突破することになりそうです。

その後ろにダイソンさんが護衛について、
扶桑・山城棲姫みたいなボスと接敵するのではないでしょうか。

もしくは、
水雷戦隊と戦艦部隊が連合艦隊というのもありそうです。






夜戦である以上、
基地航空隊の支援は難しいかもしれません。

また、
史実に準じた艦隊編成になると、
空母を入れることができないため、
先日実装された空母の夜戦も難しそうです。

つまり、
西村艦隊(と志摩艦隊)のガチンコ夜戦で、
スリガオ戦を戦うことになりそうですね…。


扶桑型は回避があまり高くないため、
道中での思わぬ大破撤退がありそうです。

逆に夜戦が連続してくれるのであれば、
駆逐艦は電探カットインさえしていれば、
夜戦での回避性能が劇的に上昇するため、
練度が低めの朝雲ちゃんと山雲ちゃんのコンビも大丈夫でしょう。


約1週間後に秋イベの開始を控え、
そろそろ新しい情報が欲しいところです。

皆さんこんにちは。

鎮守府が備蓄モードなので、
あまり大型艦を動かせないため、
若干手持無沙汰な今週の私です。

オリョクルと並行して、
イベント前の牧場をがんばっています。


朝雲ちゃんと山雲ちゃん、
この2人を旗艦でローテーションしながら、
随伴艦を牧場の駆逐艦で編成した艦隊で、
ひたすら5-1-Aを周回するだけの日々です。

ときどき東に流されて、
あわあわしながら楽しくやっていますよ。

おかげさまで、
イベント前の追い込みが順調にきています。

牧場艦としてキープしてあった駆逐艦のうち、
約3分の2を無事に出荷することができました。

残った駆逐艦も、
このペースで進めていけば、
ほぼイベント前には出荷できそうです。






牧場のおかげで、
電探とかソナーとか見張員とか、
ある程度充実したような気がします。

少なくとも、
電探とソナーの改修用素材となる装備が手に入り、
装備の改修の方も順調に進められています。

なかでもソナーは、
長年うちの鎮守府の泣き所でもあり、
強いソナーが艦隊に行き渡りそうなので、
秋イベ以降の潜水艦対策が多少進みました。






一方で、
西村艦隊の朝雲ちゃんと山雲ちゃんは、
ようやくレベルが77になったところです。

こちらは不安の残る状況ですね。

秋イベ最終海域ではスリガオ夜戦がきますが、
史実艦をすべて出すことを要求された場合は、
練度的に穴になってしまう可能性が高いです。

旗艦が駆逐でもいいというのであれば、
まだ守ってもらえる可能性があるので
ガマンして出撃させても問題ないでしょう。

しかし、
旗艦を航空戦艦にしなければならない状況であれば、
練度の低い朝雲ちゃんと山雲ちゃんのどちらかを、
最難関海域に放り出さなければなりません。

そんな無慈悲な決断は、
できるだけ避けたいところです。


コテコテの史実艦隊になるか、
多少の妥協は許してくれるのか、
今のところ大本営のみぞ知るといったところですね。

皆さんこんにちは。

私が住んでいる地域では、
少しお天気が残念な週末になっていますが、
皆さんがお住いの地域はいかがでしょうか。

せっかくですから、
すっきりとした秋晴れを見たいところです。






さて、
秋イベが迫ってきていることもあり、
どうしてもブログの話題も秋イベに引っ張られがちです。

流行りのテーマがあるというのは、
ブログのネタとしては困らないのですが、
話が一辺倒になってしまいがちなので、
書いている方からすると寂しい気持ちになります。

とはいえ、
なにか面白いネタがあるかといえば、
今日はとくになにもありません(笑)。






ということで、
今日は航空巡洋艦の最上さんの話題です。

ドロップしたときに、
15.5㎝三連装砲をもってくることから、
既にお気づきの提督もたくさんいるとは思いますが、
最上型は軽巡として登録されている艦です。

一等巡洋艦には山の名前、
二等巡洋艦には川の名前、
それが日本海軍の命名法則です。

つまり、
重巡であれば山の名前がつけられ、
軽巡であれば川の名前がつけられるのが、
元々あった命名法則ということです。


最上さんは東北の最上川が由来であり、
名前からしても軽巡ということになります。

というか、
最上型はすべて川の名前がつけられており、
いずれも軽巡として登録されている艦です。






これは準主力艦である重巡について、
保有制限が設定されたことへの対抗策でした。

20.3㎝砲を積んでしまえば重巡となり、
保有制限に引っかかってしまいます。

これを回避するために、
15.5㎝三連装砲を5基15門搭載して、
主砲サイズこそ軽巡に甘んじますが、
火力としては重巡並みのバケモノができあがりました。


のちに20.3㎝連装砲へと改装することで、
最上型は重巡の仲間入りを果たすことになります。

もっとも、
書類的には「軽巡」のままだったと記憶しています。

用兵側の一部では、
15.5㎝三連装砲を名残惜しんだといいますから、
かなり性能の高い主砲だったといえるでしょう。

取り外した主砲は、
大和型の副砲や大淀さんの主砲などに流用されました。






やがて戦局は進み、
日本海軍は空母を一気に失ったことで、
既存艦の改修による航空戦力の確保に乗り出します。

もっとも有名なのが、
航空戦艦の伊勢型ですね。

後部甲板を飛行甲板へと改修して、
そこから彗星を発艦させることで、
一度に飛ばす飛行機の量を補おうとしました。

着艦は随伴する空母で行う形式で、
伊勢型の飛行甲板は「飛ばすだけ」の役割でした。

ここでつかわれる予定だった彗星を、
いつか実装してほしいと期待していますが、
現実はなかなか難しいようでして…。


伊勢型と同様に、
後部甲板を飛行甲板へと改修して、
水上機の運用数を増やしたのが最上さんです。

前方部分は主砲だけ、
後方部分は水上機の運用に特化させたのは、
のちに建造された利根型にも共通しています。

ただ、
全通甲板としたのは最上さんだけで、
この点が「航空巡洋艦」といわれる所以でしょう。


とはいえ、
オフィシャルな艦種に「航巡」はありません。

後部に飛行甲板をもっている「軽巡」、
それが最上さんの最終形ということになります。

もっとも、
艦これ的にいえば航巡のエースですけどね。


伊勢型も最上さんも、
航空戦力の補助を期待されていましたが、
機体の開発とパイロットの育成が追いつかず、
期待された運用はできませんでした。

伊勢型は対空火力と格納スペース、
最上さんにいたってはちょっと軽くなった程度、
それが航空甲板にした実戦での成果です。

せめて瑞雲が実戦レベルで間に合っていれば…、
少なくとも期待された運用はできたかもしれません。






艦これでの西村艦隊は、
航空戦艦にif改装された扶桑さんと山城さん、
そして航空巡洋艦の最上さんがいますから、
ある程度の制空権争いも可能といえます。

駆逐艦も時雨ちゃんと満潮ちゃんが改二となり、
実はそれなりに戦力が整っているともいえます。

しかし、
敵側もなにか工夫を要求してくることでしょう。

お手柔らかにお願いしたいところですが、
大本営から名指しで「スリガオ沖海戦」といわれており、
ほぼ史実艦による無慈悲な特攻となることでしょう。


そこで思い出したいのが、
「最上さんの軽空母改装計画」です。

鈴谷さんと熊野さんは、
攻撃型軽空母への改装が可能となり、
火力的にかなり強力な軽空母になりました。

あのときに、
「そのうち最上さんや三隈さんにも…」的なコメント、
たしか大本営の電文にあったような気がするのですが…。


さすがに今の時期に何も言われていないなら、
ぶっつけ本番で導入される可能性は低そうです。

しかし、
どうせ秋イベはif作戦のようなものですから、
西村艦隊に「攻撃型軽空母・最上」を投入して、
局面の打開を図るというのも面白そうですよね。

↑このページのトップヘ