How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:軽巡

皆さんこんにちは。

次回のメンテナンスは明日ですよね、
気が付くとお正月モードも終わりに近づきました。

任務の進捗はいかがでしょうか。

私は今夜に追い込みをかけることになりそうです。






実装される予定の軽巡改二ですが、
どうやら龍田さんで決まりみたいですね。

自信満々に阿賀野型を予想し、
それが外れたあとには名取を予想しました。

はい、
無残にすべて外れました。

某競馬番組で怪しいデータを用いては、
予想を外し続ける先生の気持ちがちょっとわかりました。


私の嫁艦は阿賀野型ですから、
改二への期待に胸を膨らませていたのですが、
残念ながら今回はあきらめざるを得ません。

一方で、
友人提督に龍田さんが嫁艦の提督がいます。

こちらは満面の笑みで、
ガッツポーズをしていました。

少なくとも、
私の周りでは阿賀野型ではないか、
という意見が大勢を占めていました。

そのため、
その友人提督はまさか自分の嫁艦に改二がくるとは思わず、
はじめはただただ驚いていました。

落胆する私と、
浮かれまくる友人提督、
今回の軽巡改二実装は明暗くっきりです。






ただ、
龍田改二はどのような性格になるのでしょうか。

可能性があるとすれば、
まずは史実で検討されていた防空巡洋艦です。

船体がコンパクトな天龍型ですが、
主砲を一部撤去して高角砲に換装することで、
防空能力を高めようとしていたようです。

実際には改装されませんでしたが、
if改装がたびたび実装される艦これですから、
このコンセプトがもっとも可能性が高そうです。

もともと水偵は乗らないので、
おそらく五十鈴改二のようなイメージでしょうか。

固有の対空カットインがあり、
それが集中機銃だけとかだったら、
他のスロットを有効活用できるので助かります。


あとは輸送に特化した巡洋艦も面白そうです。

具体的なイメージでは、
鬼怒改二のように輸送量に補正がのっていたり、
大発動艇系の装備が可能になったりすることです。

もちろん、
改二の軽巡であれば作戦投入もあると思いますが、
普段づかいを考えると輸送量ボーナスは欲しいところです。

ついでに、
燃費も据え置きになってくれると、
遠征艦隊のエースになること間違いなしですね。


僚艦の天龍ちゃんとくらべて、
戦果という面では若干劣る龍田さんですが、
意外と面倒見のいいところを表現してほしいです。

皆さんこんにちは。

日本列島にかなり強い寒気が入ってきたみたいですね。

九州や山陰地方でも、
山添いを中心に雪が降っているということですが、
皆さんがお住まいの地域は大丈夫でしょうか。

風邪やインフルエンザはもちろんですが、
思いがけないケガや事故にも気を付けたいですね。






昨夜は友人提督がお雑煮をごちそうしてくれました。

阿賀野型に改二がこなかったことで、
私は激しくショックを受けていたのですが、
その話をしていたら「とりあえず来い!」ということで、
ちゃっかりお雑煮までいただいてしまいました。

そこで次の軽巡の改二は何かという話題になり、
私は名取を第一候補にあげました。

能代改二を外した私の予想を、
ちょっとだけお話していこうと思います。


「やや旧式」という言葉から、
阿賀野型や大淀は外れる見通しです。

阿賀野型の前につくられた軽巡は夕張ですが、
「やや旧式」とまでは言い切れない気がします。

したがって、
候補は天龍型・球磨型・長良型となります。


天龍型は輸送作戦にも多く従事し、
今回の要件にも合致しているようにも感じます。

しかし、
もっとも引っかかることとして、
「やや旧式」かどうかということです。

天龍ちゃんは世界水準を軽く超えていると主張しますが、
太平洋戦争開戦当時の軽巡の水準を考えると、
「旧式」だったといわざるを得ません。

「やや」という言葉がついているということは、
「もっと旧式」になる軽巡がいるとも考えられるので、
「もっと旧式=天龍型」ではないかと思いました。






残るは球磨型と長良型です。

現在、
球磨型で改二が未実装なのが球磨、
長良型で改二が未実装なのが長良と名取です。


そのなかでも名取だと予想する根拠は、
「第五水雷戦隊の旗艦」だったという史実です。

艦これでもすっかりおなじみの水雷戦隊は、
一水戦から四水戦までだと思います。

それぞれの旗艦、
麾下の駆逐艦の個性やチームワークが話題となり、
今では広く親しまれるようになりました。


第五水雷戦隊というのは、
開戦時からわずかの間ですが、
旧式の駆逐艦などで編成されていた部隊です。

睦月型や神風型の駆逐隊を率いたのは、
長良型軽巡の名取でした。

神風型の実装も少しずつ進み、
いつの間にか第五水雷戦隊はみんな実装されています。

第五水雷戦隊について言及する艦娘もいます。

他の水雷戦隊とちがって、
わかりやすい戦闘や戦果が少ないため、
あまり注目されてこなかったのは事実ですが、
そろそろ注目を集めてもいいころだと思います。


ちなみに、
開戦時の一水戦から四水戦の旗艦は、
いずれも改二が実装されています。

ということは、
次は五水戦の旗艦にも改二が実装されそうです。






また、
名取が沈んだ場所も理由のひとつです。

なんと「サマール沖」なのです。

サマール沖といえば、
レイテ沖海戦で栗田艦隊が戦った海域です。


名取が沈んだのは、
レイテ沖海戦が起こる前です。

「輸送作戦」中だった名取は、
米潜水艦に雷撃されて沈みました。


今回の改二実装のキーワードには、
「輸送作戦」という言葉があります。

どちらかといえば、
名取は輸送作戦に多く駆り出されたわけではありません。

しかし、
マリアナ沖海戦後に多くの輸送作戦に参加し、
最期もまた輸送作戦中だったことに注目しています。


一部では、
イベントに関連した改二は実装されにくい、
そのような意見があることもわかっています。

ただ、
これだけ関連するエピソードがあれば、
名取改二を期待せずにはいられません。

皆さんこんにちは。

少しずつですが、
次の改二改装にかんする情報が出てきましたね。

昨日の大本営電文によると、
次の軽巡改二が「やや旧式」になるそうです。

つまり、
「最新鋭」の阿賀野型は、
必然的に候補から外れてしまいました…。

楽しみにしていたのですが、
あまりにあっけなく希望が打ち砕かれました。

きっといつか改二になる機会が来ると思いますので、
それまではのんびりと待ちたいと思います。






さて、
提督の皆さんはお正月任務を終えましたか?

私は全く手を付けていません…。

あまり頭を使わず、
サーモン海域をルーティンで回っているだけですから、
現状では終わるはずもありません。


さすがにそろそろ手を付けないと、
任務そのものが終わってしまいそうなので、
コツコツと進めたいところですね。

ただ、
今週はあまり時間がなさそうなので、
実際にやるとしたら週末になりそうです。

ちゃんと把握すらしていないのですが、
任務で5-5に行くことになるという話ですね。

久しぶりの5-5になりますが、
編成が変わることもあってちょっと心配です。

5-5では支援艦隊を出さないのが、
私のひとつの考え方ではあるのですが、
今回に限っては支援艦隊も考えてみたいところです。

その前に、
まずはそこまで任務を進めないとダメですね。

皆さんこんにちは。

決戦前夜となりましたが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

秋イベが始まる前に、
備蓄や装備の改修などの準備は進めてきました。

しかし、
秋イベ攻略に向けて、
「最大の難関」は放置したままです。

それは、
矢継ぎ早に実装された新システムへの理解です…。






空母の装備でさえ、
昼戦カットインがいいのか夜戦仕様がいいのか、
未だに自分自身の方向性を決め切れていません。

幸か不幸か、
今回のイベントでは空母を出す海域が少なくなりそうなので、
この点については問題を先送りできるかもしれません。


駆逐艦の夜戦カットインでは、
回避重視の電探カットインが主役になりそうですね。

発動条件がいくつかあるみたいですが、
それさえもちゃんと理解していないような状況です。

発動率に差があるのは、
熟練見張員の影響によるもの、
現時点ではその程度の認識です。






陣形の追加もあるんですよね、
「警戒陣」という西村艦隊仕様の陣形です。

こちらはどういう効果があるのか、
始まってみないとわかりません。

ただ、
後続艦(一般的には駆逐艦など)が先行するため、
もしかしたら接近戦となる夜戦時などでは、
攻撃順の変化があるかもと予想してみます。

たとえば、
「1.山城→2.扶桑→3.最上→4.時雨→5.満潮→6.朝雲→7.山雲」に並ぶ艦隊が、
陣形の影響を受けて「4.時雨→5.満潮→6.朝雲→7.山雲→3.最上→1.山城→2.扶桑」などです。

先行する短射程の水雷戦隊が仕掛けた後、
中口径主砲を持つ巡洋艦が砲雷撃戦を行い、
それを受けて後ろに控える戦艦が砲撃する、
というような流れになったら面白そうですね。

こうなると、
戦艦に中口径の副砲を持たせる意味が出てきます。

元々、
副砲は近づいてきた敵小型艦艇を追い払うものですから、
これで夜戦の攻撃順が変えられるなら大きいですね。

PT小鬼群への攻撃効果では、
副砲の有効性も認められているようですし、
「警戒陣」にする効果にも期待しましょう。






ほかにもいろいろとあるのですが、
このあたりを教えてもらおうと友人提督に連絡を入れたら、
「あとでイケメンさんがまとめてくれるよ!」とのことです。

友人提督さんが指すイケメンさんは、
イベントの時だけイケメンになると評判が高い、
あ艦これの管理人さんのことでしょう(笑)。

今回もお世話になりそうですね。






それと見落とせないのが、
「軽巡級改二」への言及でしょうか。

「軽巡」ではなく「軽巡級」、
この言い回しがなんともいやらしいですね。

「軽巡」であれば、
改二実装されていないすべての軽巡にワンチャンあります。

「軽巡級」であれば、
扱いとしては練習巡洋艦ですが、
主砲の大きさ的に「軽巡級」である香取型も該当します。

また、
書類的に「軽巡」だった艦まで含めると、
スリガオ夜戦に突入する最上さんなども該当します。


ちなみに、
レイテ沖海戦に参加した「軽巡級」艦艇は、
栗田艦隊では阿賀野型の能代と矢矧、
西村艦隊では最上型の最上、
志摩艦隊では長良型の阿武隈、
小沢艦隊では球磨型の多摩と長良型の五十鈴、
輸送部隊として長良型の鬼怒があります。

そのうち、
すでに改二が実装されているのが、
五十鈴・阿武隈・鬼怒となります。

これによって、
次の改二実装の可能性が高いのは、
能代・矢矧・多摩・最上となりそうです。

ただし、
最上は軽空母への改装も考えられるため、
実際のところ「軽巡級」には該当しない可能性が高そうです。


となると、
いよいよ私の嫁艦である阿賀野型でしょうか…。

とくに能代さん、
今回は期待していますよ!

皆さんこんにちは。

新しい一週間がはじまりますね。

そして、
秋イベの開始が11月17日に決まりました。

それに伴ってうちの鎮守府では、
本格的に備蓄モードに入る予定です。

これでしばらくは、
潜水艦労働組合に足を向けて寝られません。






さて、
今朝はあっさりとしたお話にします。

レイテ沖海戦といえば、
私の嫁艦である阿賀野型が活躍しました。

主力の栗田艦隊では、
第二水雷戦隊旗艦として能代さん、
それに後続する鈴木艦隊では、
第十戦隊旗艦として矢矧さんが出撃しました。

阿賀野型といえば、
最新鋭の水雷戦隊旗艦を担う軽巡として、
太平洋戦争の中盤戦以降にがんばりました。

すでに戦局は傾き、
水雷戦隊が夜戦で敵艦を撃沈する…、
というような作戦はありませんでした。


米英の最新鋭軽巡と比較して、
非力ともいえる対空防御が主になり、
ある意味では「用途外」の使われ方をしていました。

むしろコンセプト的には、
秋月型の方が米英の最新鋭軽巡みたいでした。






とはいえ、
阿賀野型が活躍できそうな海戦は少なく、
レイテ沖海戦はその数少ないチャンスです。

能代さんと矢矧さんは、
サマール沖海戦で砲雷撃戦を敢行しました。

その後の対空戦で、
能代さんは輪形陣の先頭としてがんばりましたが、
艦載機からの攻撃が集中して艦隊から落伍し、
矢矧さんはお姉さんの沈没を目の当たりにします…。

そんな矢矧さんも手負いで、
自慢の高速を発揮できない状況でした。

それでも、
無茶してかっ飛ばしていましたけどね(笑)。






どちらかといえば、
阿賀野型の出番は冬イベになりそうです。

多少寂しい気もしますが、
その代わりに秋イベは阿武隈ちゃんに期待します。

北方海域を守る第五艦隊として、
はるばる台湾沖を経由してレイテに参戦、
第一水雷戦隊を率いてスリガオ海峡に突入、
しかしそこには大破炎上する西村艦隊がありました。

大混乱に陥る中で、
阿武隈ちゃんも動けなくなってしまいます。


とはいえ、
スリガオ海峡に連合艦隊で突入する機会があれば、
第二艦隊の軽巡には阿武隈ちゃんを指名したいですね。

霞ちゃんさんや初霜ちゃんなど、
うちの鎮守府でもエース格の駆逐艦が、
阿武隈ちゃん率いる第一水雷戦隊の麾下にあります。

間違いなくクセはつよいですが、
きっと阿武隈ちゃんのいうことを聞いて、
先行突入する西村艦隊をアシストすることでしょう。

史実ではあまり活躍できませんでしたが、
阿武隈ちゃんも艦これのレイテ沖海戦では、
活躍を期待する艦娘の一人なのです。

↑このページのトップヘ