How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:電探

皆さんこんにちは。

今年も最終週に入り、
なにかと慌ただしくなってきました。

社会人提督の皆さんは、
そろそろ仕事納めでしょうか。

休みまでひと踏ん張り、
無理しない程度にがんばっていきましょう!






さて、
昨日は今年最後のアップデートでしたが、
そこで長波サマの改二が実装されました。

うちの鎮守府の長波サマは、
レベル75まで上げたところで、
レベリングをサボっておりましたが、
どうにかメンテ明けすぐに改装できました。

ちょうどレベル75で改装だったみたいですね。


先日ランカー報酬でも配られた長波砲を、
ついに手に入れることができてうれしいです。

しかもこの主砲は、
島風にも有効活用することができます。

うちの鎮守府の駆逐エースは、
昔から島風ちゃんと決めているので、
ついにフィット砲が来たという感じです。






話がそれてしまいましたので、
今回の主役である長波サマに戻しましょう。

長波改二大きな特徴といえば、
艦隊司令部やバルジを装備できることです。

よく田中少将について話していますが、
実際に田中頼三少将座乗の旗艦として活躍しました。

艦隊司令部が装備できるのは、
この史実を反映したものと考えられます。


また、
長波砲と水上電探を装備させることによって、
圧倒的な夜戦火力をたたき出すことができます。

予想以上に脳筋仕様となり、
さすがは武勲艦といったところでしょうか。

一方で、
艦隊型駆逐艦の後期タイプにもかかわらず、
対空があまり高くないのもひとつの特徴です。

主砲と電探の組み合わせでも、
水上電探であれば効果がありますが、
対空電探では効果がなくなります。

したがって、
秋月砲と対空電探を装備させて、
対空カットイン艦にしてしまうと、
長波サマの長所が失われることになります。

運用するときには、
ほかの誰かに対空カットインを任せて、
自分はガチの夜戦火力仕様にするのがよさそうです。






ちなみに、
長波砲の改修をしてみましたが、
いきなり10㎝連装高角砲2門とネジ5つを要求されました。

最初からこの調子だと、
☆7以降の改修が非常に不安です。


とりあえずウィキ先生をみましたが、
C型砲が必要になるみたいですね。

C型砲そのものは、
満潮ちゃんの分しかありませんが、
B型砲は牧コツコツと牧場していたので、
こちらをのんびりと上げる作業になりそうです。

ただ、
長波砲で得られるメリットを考えると、
多少時間がかかっても改修を進めたいところです。

長波サマの牧場は、
レベル的にはどうにかなりますが、
改修時に戦闘詳報をつかうことからも、
枚数不足に陥って事実上不可能だと思います。

コツコツとぽいぽい砲を改修していきます。


もちろん、
長波サマのレベリングもがんばらないといけませんね。

主力級としてつかうには、
せめてレベル85以上は欲しいところです。

冬イベで使うことは確定しているようなものですから、
年末年始休暇をつかってレベリングを進めたいですね。

仕事納めで落ち着くかと思えば、
今度は艦これで多忙を極めそうです…。

皆さんこんにちは。

決戦前夜となりましたが、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

秋イベが始まる前に、
備蓄や装備の改修などの準備は進めてきました。

しかし、
秋イベ攻略に向けて、
「最大の難関」は放置したままです。

それは、
矢継ぎ早に実装された新システムへの理解です…。






空母の装備でさえ、
昼戦カットインがいいのか夜戦仕様がいいのか、
未だに自分自身の方向性を決め切れていません。

幸か不幸か、
今回のイベントでは空母を出す海域が少なくなりそうなので、
この点については問題を先送りできるかもしれません。


駆逐艦の夜戦カットインでは、
回避重視の電探カットインが主役になりそうですね。

発動条件がいくつかあるみたいですが、
それさえもちゃんと理解していないような状況です。

発動率に差があるのは、
熟練見張員の影響によるもの、
現時点ではその程度の認識です。






陣形の追加もあるんですよね、
「警戒陣」という西村艦隊仕様の陣形です。

こちらはどういう効果があるのか、
始まってみないとわかりません。

ただ、
後続艦(一般的には駆逐艦など)が先行するため、
もしかしたら接近戦となる夜戦時などでは、
攻撃順の変化があるかもと予想してみます。

たとえば、
「1.山城→2.扶桑→3.最上→4.時雨→5.満潮→6.朝雲→7.山雲」に並ぶ艦隊が、
陣形の影響を受けて「4.時雨→5.満潮→6.朝雲→7.山雲→3.最上→1.山城→2.扶桑」などです。

先行する短射程の水雷戦隊が仕掛けた後、
中口径主砲を持つ巡洋艦が砲雷撃戦を行い、
それを受けて後ろに控える戦艦が砲撃する、
というような流れになったら面白そうですね。

こうなると、
戦艦に中口径の副砲を持たせる意味が出てきます。

元々、
副砲は近づいてきた敵小型艦艇を追い払うものですから、
これで夜戦の攻撃順が変えられるなら大きいですね。

PT小鬼群への攻撃効果では、
副砲の有効性も認められているようですし、
「警戒陣」にする効果にも期待しましょう。






ほかにもいろいろとあるのですが、
このあたりを教えてもらおうと友人提督に連絡を入れたら、
「あとでイケメンさんがまとめてくれるよ!」とのことです。

友人提督さんが指すイケメンさんは、
イベントの時だけイケメンになると評判が高い、
あ艦これの管理人さんのことでしょう(笑)。

今回もお世話になりそうですね。






それと見落とせないのが、
「軽巡級改二」への言及でしょうか。

「軽巡」ではなく「軽巡級」、
この言い回しがなんともいやらしいですね。

「軽巡」であれば、
改二実装されていないすべての軽巡にワンチャンあります。

「軽巡級」であれば、
扱いとしては練習巡洋艦ですが、
主砲の大きさ的に「軽巡級」である香取型も該当します。

また、
書類的に「軽巡」だった艦まで含めると、
スリガオ夜戦に突入する最上さんなども該当します。


ちなみに、
レイテ沖海戦に参加した「軽巡級」艦艇は、
栗田艦隊では阿賀野型の能代と矢矧、
西村艦隊では最上型の最上、
志摩艦隊では長良型の阿武隈、
小沢艦隊では球磨型の多摩と長良型の五十鈴、
輸送部隊として長良型の鬼怒があります。

そのうち、
すでに改二が実装されているのが、
五十鈴・阿武隈・鬼怒となります。

これによって、
次の改二実装の可能性が高いのは、
能代・矢矧・多摩・最上となりそうです。

ただし、
最上は軽空母への改装も考えられるため、
実際のところ「軽巡級」には該当しない可能性が高そうです。


となると、
いよいよ私の嫁艦である阿賀野型でしょうか…。

とくに能代さん、
今回は期待していますよ!

皆さんこんにちは。

私は日中のちょっとした時間に、
艦これの新しい情報を見るようにしています。

大本営電文はもちろん、
まとめサイトをナナメ読みするだけでも、
どういう話題が上がっているのかをつかめます。

ただ、
ここ数日はちょっとバタバタしていたこともあり、
新しい情報をフォローしきれていませんでした。


昨日、
友人提督からラインが入りました。

そこで初めて知ったのですが、
秋イベの最終海域は7隻編成になるみたいですね。

確かに西村艦隊は7隻ですから、
「史実優先」であればそうなるのはわかります。


てっきり私は、
これまでと同様に6隻編成だと思っていましたから、
朝雲ちゃんか山雲ちゃんかを選べると思っていました。

ローテーションもありかな…、
などとのんきに考えていたら、
大本営にしてやられてしまいました。






また、
西村艦隊に続く志摩艦隊も、
しっかりとレベリングしておいた方がよさそうですね。

こちらはどのような使い方になるのか、
逆に現時点では予想が立てにくくなってしまいました。

私のざっくりな予想では、
西村艦隊に志摩艦隊が追いついてから、
スリガオ海峡に突入することを想定して、
連合艦隊になるのではないかと思っていました。


もちろん、
その線もないとはいえません。

しかし、
西村艦隊を7隻で出撃させる以上、
連合艦隊を7隻×2艦隊にするのかどうか、
こちらは少し難しいかもしれませんね。


ただ、
スリガオ海峡で接敵するであろう敵は、
PT小鬼群と戦艦部隊になるのは間違いありません。

戦艦部隊は重巡をはじめ、
水雷戦隊を先行させることが予想されることから、
重巡ネ級や軽巡ツ級の群れを突破することになりそうです。

その後ろにダイソンさんが護衛について、
扶桑・山城棲姫みたいなボスと接敵するのではないでしょうか。

もしくは、
水雷戦隊と戦艦部隊が連合艦隊というのもありそうです。






夜戦である以上、
基地航空隊の支援は難しいかもしれません。

また、
史実に準じた艦隊編成になると、
空母を入れることができないため、
先日実装された空母の夜戦も難しそうです。

つまり、
西村艦隊(と志摩艦隊)のガチンコ夜戦で、
スリガオ戦を戦うことになりそうですね…。


扶桑型は回避があまり高くないため、
道中での思わぬ大破撤退がありそうです。

逆に夜戦が連続してくれるのであれば、
駆逐艦は電探カットインさえしていれば、
夜戦での回避性能が劇的に上昇するため、
練度が低めの朝雲ちゃんと山雲ちゃんのコンビも大丈夫でしょう。


約1週間後に秋イベの開始を控え、
そろそろ新しい情報が欲しいところです。

皆さんこんにちは。

昨夜ふと気づいたのですが、
今月のEO海域への出撃を、
すっかり忘れていたために、
タイトな艦隊運営になってしまいました。

時間もあまりないため、
バケツをガンガンつかいながら、
3-5と4-5を駆け抜けるように突破しました。

幸いどちらも大きくグズることなく、
スムーズに攻略できたのでよかったです。


5-5以降については、
どうしようか考え中です。

物資的な余力はあるのですが、
提督のやる気という問題があり、
やらない方向に傾きつつあります。

ただ、
勲章の消耗も激しくなっているので、
今月くらいは真面目にやっておかないと、
あとで勲章不足に悩まされることになりそうです。






来月に控えた秋イベですが、
おそらくレイテ沖海戦をモチーフに、
If作戦などを絡めたオペレーションになるでしょう。

演習を見ていると、
今週のメンテナンスまでは満潮ちゃんが多かったのですが、
メンテナンス後は朝雲ちゃんや山雲ちゃんが増えました。

皆さん考えていることとサボっていることが同じですね。

そういう私も、
朝雲ちゃんと山雲ちゃんのレベリングを始めました。

ほかには不知火ちゃんあたりも、
ローテーションに入れてのレベリングです。

駆逐艦の牧場ついでなので、
こちらは多少やる気があります(笑)。






ただ、
こうしたレベリングも大切なのですが、
同様に装備面の強化も忘れてはいけません。

メインどころはだいたいやってあるのですが、
改修が行き届いていない装備も少なからずあります。

とくにうちの鎮守府では、
電探系の改修が追いついていません。

昨日の話題でも触れましたが、
駆逐艦の電探と見張員のカットインを考えると、
圧倒的にエース級の電探が不足しています。

13号対空電探改が1つ、
22号水上電探改四が1つ、
MAX強化になっているのがあります。

とはいえ、
秋イベの夜戦がどういうものかわかりませんが、
状況によってはもう少し電探が必要になるかもしれません。

したがって、
多少ボーキサイトが消耗しますが、
電探の改修をがんばりたいところです。






また、
水戦や水偵の改修も考えています。

水戦の数という意味では、
全部で6機あるので足りると思います。

あとは質の問題です。

レベルを一段階引き上げ、
少しでも制空値を稼ぎたいところです。

なにせ「西村艦隊」での出撃を考えると、
空母なしで敵の制空圏内に突入するわけですから、
少しでも扶桑姉妹などに質の高い水戦を装備させ、
制空権を奪われないようにしたいところです。


同じく水偵は、
夜偵の改修を進めたいですね。

ちょっと前に川内牧場をしていたので、
夜偵は4機ほどもっています。

これらの改修を進めることで、
偵察値を稼ぎたいと考えています。

夜偵の弱点は、
偵察への寄与が少ないことです。

夜偵の発動率を高めようとして、
複数の艦に夜偵を装備させてしまうと、
索敵不足に陥るリスクも高まってしまいます。

したがって、
これを回避するためには、
夜偵を改修しておく以外に手がないのです。

逆にいえば、
夜偵の改修が順調にいけば、
夜戦での大きなアドバンテージをつくることも可能です。

せっかくなので、
こちらはぜひ狙ってみたいと思います。

皆さんこんにちは。

満潮ちゃんを改二にしたものの、
改修用の艦を集め忘れていたため、
未だにフルでポテンシャルを発揮できないままです。

ウィークリー任務のついでに、
もう少し戦艦や空母がドロップしてくれたら、
そう思っているとなかなか集まらないものです…。

ヘンなところで物欲センサーが出ており、
雪風ちゃんや大井っちばかりドロップしています。






友人提督に満潮改二の使用感を尋ねたところ、
こちらも「まだよくわからない」とのことでした。

えぇ、
私と同じく近代化改修が終わっていないようです。

とはいえ、
新しく追加された電探と見張員の夜戦カットインは、
さっそく試してみたとのことでした。


それについて詳しく教えてもらおうと思ったら、
「白だったよ!」と満面の笑みを浮かべてやがります。

何の話かと思ったら、
中破の話だったのですね。

さっそく私は、
憲兵さん業務に移行いたしました!






という余談はさておき、
発動率そのものは期待以下だったといっていました。

魚雷カットインや主砲魚雷カットインと比べても、
そんなに出やすいという印象ではないようです。

それらと同じくらいか、
多少出やすいかなといった程度らしいです。


一方で、
思わぬ副産物の発見があったそうです。

それは、
夜戦での回避能力です。

連撃が入っても一発分かわしたり、
カットインが入っても中破で耐えたり、
むしろこっちの方が大きな発見だったということです。


夜戦で敵艦から攻撃をもらうと、
とくに駆逐艦は被弾に脆いため、
大破撤退という場面が増えます。

しかし、
この電探と見張員のカットインをつかうと、
それを耐えしのぎつつ高命中が期待できそうですね。

発動率というよりも、
回避能力を考慮したい場面では、
積極的に狙ってみるのもよさそうです。

まだ私自身は試していませんが、
夜戦が続く5-3あたりで試運転してみようかと思っています。

↑このページのトップヘ