How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:5-4

皆さんこんにちは。

冬の冷え込みが一層厳しくなり、
朝起きるのがおっくうになりますね。

鎮守府のなかには、
「コターツ」という魔境があり、
その魅力に魅入られている艦娘が多いと聞きます。

私もその仲間に入れてほしい今日この頃です。






さて、
今月は冬イベに向けて、
サーモン海域にて粛々とレベリングを進めています。

おかげさまで、
涼月ちゃんもレベル80を超え、
多摩ちゃんもレベル93になりました。

もう少しだけレベリングをがんばってから、
他の艦娘のレベリングに移行したいところです。

なにせレベルを上げたい艦娘が、
駆逐艦を中心にたくさん残っていますから、
時間の許す限りがんばっていきたいです。






それはさておき、
去る1月7日といえば七草がゆを食べる日ですね。

無病息災を願い、
春の七草を入れたおかゆを食べます。


とはいえ、
実際のところ春の七草は、
この七草がゆくらいでしか食べる機会がなく、
七草がゆを食べない人にとっては縁の薄い食品でもあります。

かくゆう私も、
すっかり忘れていました…(笑)。


友人提督の話によると、
艦これでは1月7日に「七草がゆmode」になっていたみたいですね。

私はまったく気付かず、
スルーしてしまいました。

日本の四季のいいところは、
気候や景色だけでなく食べ物からも感じられます。

七草がゆのように、
時節で食べる食事にはちゃんと意味があります。

食文化の多様化により、
こうした日本古来の食文化への意識は薄れつつありますが、
できるだけ折を見て食事からも四季の変遷を感じたいものです。

皆さんこんにちは。

昨日、
南太平洋バヌアツにあるアオーバ島で、
火山活動が活発になったことで避難勧告が出たそうです。

どういう島なのか、
詳しいことはよくわからないのですが、
島民5000人が避難準備をしているということですから、
割と大きな島なのかもしれません。

それにしても、
ピンポイントな名前の島ですよね。

某サイトのコメントでは、
「見ちゃいました」と某要塞の2強でした。

自然災害は突然起こるものであり、
ときに私たちはなす術がないこともありますが、
今はとにかく島民の皆さんの無事を祈りたいです。






さて艦これのほうですが、
ようやくすべての物資が自然回復から回復し、
人並な艦隊運営ができそうになってきました。

物資があまりない「日本軍プレイ」も楽しいのですが、
できればある程度の蓄えがあった方が気分的に楽です。






これでも昔は、
「日本軍プレイ」を楽しんでいました。

まだ艦これをはじめて1年くらいでしょうか、
ランカーを狙えるくらいになった頃のことです。

「物資は2万でいいのよ」ではありませんが、
だいたいいつも2万ずつくらいの備蓄で、
ひたすら5-4を周回していたような気がします。

あの頃はとにかくガムシャラでしたね、
なぜあそこまでがんばれたのかが不思議です(笑)。


その5-4周回があったからこそ、
空母と重巡のレベルがぐんぐん上がりました。

とくに正規空母たちは、
過酷なローテーションによく耐えてくれました。

レベルを上げにくいといわれる重巡も、
5-4周回をするときにどうにかして省エネ編成をと考え、
その末に重巡の活用方法を自分なりに組み立てられました。






そのときのノウハウが、
今となっては蒼龍牧場に活かされているかもしれません。

あの当時と比べると、
いろいろな新システムが導入されたことで、
5-4周回でとりうる戦略の幅は広がりました。

夏イベでリシュリューさんのレベリングで、
久しぶりに5-4を周回したときには、
重巡枠に阿賀野型を入れたくらいです。

当時の青葉さんくらいには、
今の阿賀野型は動けるように感じました。

今や空母が夜戦をしたり、
カットインをしたりするようになり、
システムの理解がかなり重要になりましたね。


ここ1年くらいは、
かつての5-4周回で培った艦隊練度だけで、
どうにか走りきることができたような印象です。

新システムへの理解がもう少しあれば、
攻略が多少楽になったかもしれないと思います。


もう少しだけ、
提督業のお勉強が必要かもしれません。

長すぎてあまり読む気にならないウィキ先生に、
家庭教師でもお願いしようかなと思っているところです。

皆さんこんにちは。

今月の日照時間がかなり少ないみたいですね。

このままではお米や野菜が値上がりして、
お財布にキビしい秋になってしまいそうです。

赤城さんにも食事の節制をお願いしないと、
鎮守府の財政がピンチになってしまいそうです…。


えっ?

ボーキは関係ないって?


これは痛いところを突かれてしまったかもしれません。






昨日はイベント攻略を一休みして、
のんびりとできる範囲のウィークリー任務をしました。

北方海域とろ号作戦を進め、
どちらも無事に終わりました。

支援艦隊用のキラ付けであ号作戦が終わり、
なんとなく出撃を繰り返しているうちにい号作戦も終わり、
ろ号作戦と北方海域と西方海域が残っていました。


さすがにカレー洋12回は大変なので、
今週は北方海域だけの出撃とします。

旗艦をリシュリューさんにお願いして、
レベリングを兼ねて出撃を繰り返しました。

意外とボスに行ってくれたので、
出撃7回で任務を達成できました。






多少時間もあり、
友人の提督から今回の夏イベで、
何かひとつ面白いことをしてほしいというリクエストもあり、
せっかくなのでそのままサーモン海域に出てみました。

もちろん、
リシュリューさんのレベルを上げて、
夏イベのE-5に出撃させるためです。

随伴艦にはレベリング中の鈴熊2号、
E-5で出撃させることにした一航戦の2人、
さらにドラム缶係として急遽大淀さんを入れました。


まるでランカーを争っていたときのように、
淡々と黙々とサーモン海域への出撃を繰り返します。

自分のなかの目安として、
ろ号作戦が終わるまで出撃することにしました。

つまり、
最低でも50周ということです。






好きな動画を見ながら、
リシュリューさんのレベリングをしていたら、
いつの間にかろ号作戦が終わっていたようです。

今週のろ号作戦は、
達成を半分諦めていたので、
まさかこのような形で達成するとは、
数日前の私では想像もつきませんでした…(笑)。


実際にE-5に出撃させるには、
レベル70~75くらいは欲しいかなと思っています。

ただ、
攻撃や防御の動きを見ていると、
金剛型改二に近いような印象を受けました。

38㎝四連装砲も、
史実とは違ってバンバン攻撃を入れてくれます。

はじめは違和感のあった戦闘セリフ、
「てき、かん、はっ、けん」というのも、
出撃を繰り返しているうちに馴染んできました。


それにしても、
中の人はコマちゃんと同じ方でしょうか。

フランス語が上手になりましたね、
艦これを立ち上げたときに「???」となります(笑)。

これでも一応、
大学での第二外国語は仏語だったんですけどね。

目の前で話しかけられたら「えっ?あーはー?」と、
笑顔とジェスチャーで乗り切る以外になさそうです。






予定では、
もう少しだけ5-4の周回を重ねてから、
今週末にE-5へ投入していきます。

これによって、
E-6の攻略時に機動部隊という選択肢が増えます。

水上打撃部隊でも、
それなりに自信はあったのですが、
何が起こるかわからないのが艦これです。

ひとつでも使えるオプションが多いのはいいことです。


ただ、
レベルを60から75に上げるには、
昨日のレベリングと同ペースで回す必要があります。

物資的には多少減ってもかまいませんが、
問題は「飽き」がくるかどうかです。

提督のやる気が気まぐれですから、
昨日に引き続いて同じテンションでレベリングできるか、
今から期待半分不安半分といったところです。

↑このページのトップヘ