How to spend a Lazy Admiral -Kancolle Blog-

ぐうたら提督のまったりとした日常です(*´ω`)

Tag:E-3

皆さんこんにちは。

今日は時間がたっぷりありますから、
引き続きE-3のレポートをしていきます。


E-3攻略(ゲージ1本目)艦隊編成

第一艦隊
1.初月95、秋月砲×2、13号対空電探改
2.リシュリュー91、アイオワ砲改★2、アイオワ砲★6、一式徹甲弾★6、紫雲
3.プリンツオイゲン99、三隈砲★7×2、FuMOレーダー、紫雲
4.ザラ99、二式水戦改、三隈砲★7×2、零観
5.ポーラ99、二式水戦改、三隈砲★7×2、零観
6.大淀128、能代砲★MAX、秋月砲★MAX、零観、FuMOレーダー

第二艦隊
1.五十鈴93、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★6、探照灯★MAX
2.ヴェールヌイ96、四式ソナー★5、三式ソナー★MAX、三式爆雷投射機★2
3.夕立96、秋月砲×2、33号水上電探
4.北上129、甲標的、能代砲★9×2、(集中機銃)
5.雪風99、秋月砲×2、33号水上電探
6.龍驤128、天山村田、零戦53型岩本、烈風改、彩雲カロリン空

基地航空隊
陸攻4、陸攻4

支援艦隊
決戦支援(砲撃支援)


たしかこんな感じだったと思いますが、
数日前のことなのですが思い出せません…(笑)。

装備面で多少間違っているかもしれませんが。
おおよその参考にしてもらえたらと思います。

この艦隊編成のポイントは、
先制対潜艦を2隻入れることで、
道中の潜水艦マスへの対応を狙っています。

この潜水艦マスへの対応としては、
新しく配備された対潜哨戒機「東海」を活用して、
基地航空隊を1部隊回すという方法があります。

むしろ、
そちらの方が一般的かもしれません。

ただ、
基地航空隊を入れ替えるのが面倒だった…、
という理由だけで艦隊だけで対潜攻撃することにしました。

艦隊のみで対潜をした場合ですが、
「割のいい運ゲー」までは持ち込めます。

先制対潜艦2隻のうち、
どちらかが黄色い潜水艦を狙ってくれたこともあり、
潜水艦マスでの事故は比較的少なかった印象です。

もちろん、
事故が起こることもありましたが、
確率的には他のマスでの事故と同程度以下でした。






ボスマスでは久しぶりの防空ちゃんがいますが、
予想以上に弱体化していたこともあり、
苦戦した印象はとくにありません。

ここで苦戦した印象がないため、
艦隊編成を忘れてしまったのかもしれませんね。

基地航空隊を2部隊回していたため、
夜戦まで持ち込めばS勝利が確実にとれるという印象です。


ただ、
ラスダンに入ったときに、
急に道中での事故が増えたため、
基地航空隊を1部隊道中支援に回しました。

もちろん、
ボス艦隊への手数が減ってしまいますが、
「誤差」の範囲で昼戦に入ることができます。






ざっくりなレポートですが、
記憶が薄れかけているため、
このあたりにとどめておきます。

夏休みの宿題と同じように、
できるだけ早くまとめておかないと、
必要なときに忘れてしまいますね。

それを防ぐために、
ブログを始めたというのもあるのですが、
それをサボっているようではいけません。

レポートが現在の攻略に追いつくように、
もう少しペースを上げていきたいと思います。

その前にお昼ですね。

皆さんこんにちは。

世の中はお盆休みですが、
私はぐうたらしたり艦これしたりの日々です。

今週はぐずついた空模様のようですね、
夏らしいカラッとした空が恋しくなります。

ただ、
暑すぎるのは勘弁してほしいです…。






さて、
E-3のラスダンは一発で終わりました。

前の記事でも紹介しましたが、
削り段階での艦隊編成はこちらです。


E-3攻略用艦隊編成

第一艦隊
1.榛名99、アイオワ砲改★6、アイオワ砲★2、艦隊司令部施設、紫雲
2.鈴谷79、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、零観、二式水戦改
3.熊野79、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、零観、二式水戦改
4.天城134、流星改、零戦53型岩本★5、流星改、彗星601空
5.雲龍134、流星改、烈風改、流星改、彗星601空
6.瑞鳳97、流星改、Re.2005改、烈風601空、彩雲カロリン空

第二艦隊
1.川内97、能代砲★9×2、夜偵★7
2.古鷹99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、集中機銃、零観
3.加古99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、集中機銃、零観
4.陽炎73、秋月砲×2、13号対空電探改
5.不知火73、秋月砲×2、13号対空電探改
6.吹雪97、秋月砲×2、13号対空電探改★MAX


艦隊防空を意識しているので、
道中の安定性は抜群でした。

一方で、
ボス戦で攻撃力には不満がありました。

とくに夜戦火力の欠如が、
ボスを中破まではもっていけても、
装甲を貫通できずにトドメをさせない状況でした。






それを解消するために、
新たな艦娘の投入も検討しましたが、
できればお札をつけたくないこともあり、
すでにお札がついている艦娘の入れ替え、
装備と配置の見直しで対応していきます。


E-3攻略用艦隊編成(ラスダン用)

第一艦隊
1.榛名99、アイオワ砲改★6、アイオワ砲★2、艦隊司令部施設、紫雲
2.鈴谷79、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、零観、二式水戦改
3.熊野79、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、零観、二式水戦改
4.天城134、流星改、零戦53型岩本★5、流星改、熟練艦載機整備員
5.雲龍134、流星改、烈風改、流星改、熟練艦載機整備員
6.瑞鳳97、流星改、Re.2005改、烈風601空、彩雲カロリン空

第二艦隊
1.古鷹99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、探照灯★MAX、夜偵★7
2.加古99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、照明弾、零観
3.陽炎73、秋月砲×2、13号対空電探改★MAX
4.潮87、4連装(酸素)魚雷★MAX×2、熟練見張員
5.川内97、5連装(酸素)魚雷×2、熟練見張員
6.吹雪97、4連装(酸素)魚雷★MAX×2、熟練見張員


潮ちゃんをE-2で投入していたことを思い出し、
夜戦カットインメンバーに加えることにしました。

夜戦火力自体は強くありませんが、
安定的に夜戦カットインが出せるのであれば、
少なくとも陽炎型よりは戦力的に期待できます。

夜戦火力が高い川内ちゃんも、
夜戦カットイン担当に抜擢します。

運改修を行っていないので、
熟練見張員をつけて強引に出そうとしました。

吹雪ちゃんも同様で、
少なくともこの2人の夜戦カットインが出れば、
ボスを撃破できると考えました。

もちろん、
ちゃんと出るかどうかは未知数ではありますが…。


重巡2人には夜戦セットをお願いして、
陽炎ちゃんと不知火さんは対空カットインで使います。

ラスダンが数回かかることも想定して、
陽炎ちゃんと不知火さんはローテーションをかけます。


第一艦隊での変更点は、
正規空母2人に熟練艦載機整備員を入れたことです。

ボス戦まで健在だったのに、
攻撃順が後ろになってしまうことで、
空母が攻撃する前に中大破してしまい、
一発も攻撃に参加できずにデコイになっていました。

榛名ちゃんと同等の攻撃力が期待できるので、
中大破する前に一撃くらいかましてほしい…、
という期待を込めて射程を長にしておきました。






ラスダンの道中では、
2戦目にまさかの「支援艦隊が来ない」が発生し、
一瞬どうなることかと焦りました。

しかし、
何事もなかったかのようにS勝利で終わり、
そのまま進軍することができました。


ボス手前は左側のマスに進んだので、
軽巡ツ級の対空砲火で艦載機が減ってしまうことを心配しました。

結果として、
艦載機の熟練度は落ちていなかったので、
こちらもラッキーな結果に終わりました。


ボス戦では支援艦隊の攻撃が終わった時点で、
敵の第二艦隊が残り2隻という状況でした。

そこから第一艦隊の攻撃にうつり、
狙い通り雲龍さんと天城さんの攻撃が入ります。

戦艦ル級と空母ヲ級改をそれぞれ撃沈してくれた後、
2人とも中破してしまいました…。

しかし、
この動きこそ私が想定していたもので、
その通りにしっかりと動いてくれた2人に感謝です。


夜戦ではボス旗艦と古姫ちゃんだけが残っていました。

夜戦セットはすべて発動し、
全艦小破未満の好条件で夜戦突入です。

コツコツとボスにダメージを与え、
ラストは夜戦バカ…ではなく夜戦プロの川内ちゃんが、
華麗なるカットインでオーバーキルで仕留めました。

そのあとで吹雪ちゃんはカットインが出ず、
残念ながらS勝利こそ逃してしまいましたが、
あっさりと一発でE-3を突破することができました。






やばりこちらの狙い通りに艦隊が動いたこと、
早々に戦艦ル級と空母ヲ級改を撃沈できたこと、
運よく夜戦カットインが出たことが勝因です。

運の低い艦に夜戦カットインをさせたあたり、
多少提督の運に頼った戦略になりましたが、
それでも無理を可能にした川内ちゃんのファインプレイです。

だてに毎晩夜戦の特訓をしていたわけではなさそうです。


今日はE-4を攻略していく予定です。

E-4以降は艦隊編成をしっかり考えてから、
お札や戦力の配分を決めていきたいところです。

皆さんこんにちは。

時間を見つけては粛々とE-3に出撃して、
戦力ゲージを削っているところです。

ちなみに、
艦隊編成はこんな感じです。


E-3攻略用艦隊編成

第一艦隊
1.榛名99、アイオワ砲改★6、アイオワ砲★2、艦隊司令部施設、紫雲
2.鈴谷79、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、零観、二式水戦改
3.熊野79、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、零観、二式水戦改
4.天城134、流星改、零戦53型岩本★5、流星改、彗星601空
5.雲龍134、流星改、烈風改、流星改、彗星601空
6.瑞鳳97、流星改、Re.2005改、烈風601空、彩雲カロリン空

第二艦隊
1.川内97、能代砲★9×2、夜偵★7
2.古鷹99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、集中機銃、零観
3.加古99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、集中機銃、零観
4.陽炎73、秋月砲×2、13号対空電探改
5.不知火73、秋月砲×2、13号対空電探改
6.吹雪97、秋月砲×2、13号対空電探改★MAX


E-2とE-3輸送でお札がついている艦のなかから、
よさそうな艦をピックアップして並べているだけです。






制空値は360くらいだったような気がします。

すべてのマスで航空優勢以上を取ることができます。

道中支援を出しましたが、
安定性だけを考えるといらない気もします。

それだけ道中は安定しているので、
問題はボスだけということになります。


ボスには一度しか行っていませんが、
昼戦での安定感にくらべて夜戦が非力です。

ほぼボスだけをタコ殴り状態だったのですが、
それでもなお撃沈に追い込めませんでした…。

たしかに、
夜戦カットインができる艦もいなければ、
キャップに到達している艦もいませんから、
「撃破」はちょっと見えてこないところです。

削りの段階では、
道中の安定性をとって、
この編成を中心に攻略を進めます。

あまり切り札を切らないように、
第二艦隊を少しずついじってみて、
夜戦で安定した火力を出せる方法を考えます。

とりあえず、
編成を変える前の備忘録的な記事でした(笑)。

皆さんこんにちは。
 
攻略の早い提督さんたちは、
すでに最終海域への突入を開始しているようですね。

そんな彼らをもってしても、
全海域の突破に数日かかるということは、
やはり大規模作戦なんだなと感じます。

そこまでのペースは出せませんが、
引き続きこちらもマイペースでがんばります。






さて、
私は昨日に引き続き、
友人たちとの夏イベ合宿に参加してきました。

昨日は攻略がメインというよりも、
後段作戦などを踏まえた艦隊の割り振りについて、
それぞれの戦力を考慮しながら議論していました。

それぞれが攻略にかんする情報を集めて、
それをもとに艦隊編成案を出していきました。


ところが、
明らかになっていない情報が多いことから、
基準となる情報が錯綜していました。

そのため、
一度考えた艦隊編成案が、
数時間後にはまるっきり変わってしまうこともあり、
出撃したくても思いきれない時間が続きました。

そんななかで、
マイペースの私はのんびりとキラ付けをして、
道中支援用の艦隊を4セット用意しておきました。

今回は一度も道中支援は出しませんでしたが、
そろそろ攻略のスピードアップを図るために、
道中支援を入れて大破撤退を減らす作戦です。






ということで、
無事にE-3の輸送ゲージ破壊まで終わりました。

攻略につかった艦隊編成はこちらです。


E-3輸送ゲージ破壊用艦隊編成

第一艦隊
1.熊野77、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、艦隊司令部施設、紫雲
2.鈴谷78、20.3㎝(2号)連装砲★7×2、二式水戦改、零観
3.睦月79、浦風砲、大発動艇、ドラム缶
4.如月79、浦風砲、大発動艇、ドラム缶
5.皐月79、浦風砲、大発動艇、ドラム缶
6.文月77、浦風砲、大発動艇×2

第二艦隊
1.川内97、能代砲★9×2、夜偵★7
2.加古99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、集中機銃、零観
3.古鷹99、20.3㎝(3号)連装砲★7×2、集中機銃、零観
4.陽炎72、秋月砲×2、ドラム缶
5.不知火72、秋月砲×2、ドラム缶
6.吹雪97、秋月砲★MAX×2、13号対空電探改★MAX


まずはセイロン沖海戦への参加艦艇を6隻入れると、
最初の潜水艦マスを回避できるということなので、
それを考慮することにしました。

鈴谷さんと熊野さんは、
軽空母に改装するために育成していた2号です。

川内ちゃんはE-2でもつかったので、
そのまま引き続き作戦に参加させました。

駆逐艦は輸送用と戦闘用を分けて考え、
輸送用には睦月型4隻を指名しました。

夏イベ直前で文月ちゃんが改二になったので、
ちょうどよくお姉ちゃんたちと作戦参加です。

朝潮型も検討しましたが、
この先でもう一度輸送作戦があるかもしれないこと、
たとえ輸送作戦がなかったとしてもふつうに強いこと、
このあたりを理由にE-3では作戦参加を見合わせました。

結果として、
E-6でもう一度輸送作戦があるということなので、
このあたりの読みが当たってしまったということです。

友人提督の何人かは、
ここで霞ちゃんさんなどをつかってしまい、
あとから気付いてショックを受けていました…。

うちの鎮守府では、
大発動艇の数が絶対的に不足しています。

そのため、
せっかく大発動艇を搭載できる睦月型を出しているのに、
各艦に1つずつしか積めなかったのはちょっと悔しいです。

第二艦隊に入れる戦闘用の駆逐艦は、
連合艦隊なのでローテーションをかける可能性を考慮しました。

そのため、
練度よりも取り回しできる駆逐艦を2隻入れ、
しかもそれが史実艦にになるように配慮しました。

たまたま陽炎さんと不知火さんが目に入り、
「これでいいか…」みたいな感じで決めました。

一方で、
1隻は軸になるような駆逐艦を入れたかったので、
史実艦でオールマイティプレイヤーいうことで、
吹雪ちゃんにいろいろとがんばってもらうことにしました。


装備面での工夫は、
ボス艦隊にだけ弾着観測射撃ができるように、
鈴谷さんに水戦を積んで制空権をとりに行きました。

逆に道中の制空権争いは、
うちの水戦の数と力ではどうにもならず、
ひたすらお祈りを続けることになりました。

少しでも艦隊防空を高めるために、
スロット的に余裕がない鈴熊と川内ちゃん以外は、
すべて何らかの対空装備を入れるようにしました。

重巡2隻に集中機銃を入れたのも、
連撃に干渉しないように対空を入れるため、
少しだけ苦肉の策をとることにしました。

無難に三式弾や対空電探でもいいかもしれません。


支援艦隊は、
道中も決戦も入れました。

感覚的には、
道中はいらないかなとも感じましたが、
友人提督たちが「入れた方がいい」と強く言うので、
道中では重巡と軽空母の命中を重視した支援を入れました。

決戦は戦艦と二航戦のゴージャスな編成です。

運がよければ、
旗艦にちかいところの艦が2隻撃沈、
運が悪ければ、
全艦にカスダメのみということもあります

道中で駆逐の随伴による大破艦の撤退は、
1回出撃するごとに必ずと言っていいほど、
誰かしらが帰っていたような気がします。


輸送量は平均すると80前後、
すべてボスマスに到達してS勝利だと100オーバーでした。

ここは各鎮守府の大発動艇の数によって、
柔軟にルート固定を入れ替えましょう。






さいごに、
E-3輸送のボスマスでS勝利をとったときに、
新艦娘の天霧ちゃんがドロップしてくれました。

ドロップ運の悪い私にとっては、
かなり久しぶりの攻略中ドロップになります。

とてもテンションが上がりました。


引き続き今日は、
E-3戦力ゲージの破壊に努めます。

予定では、
連合艦隊(機動部隊)で行きます。

↑このページのトップヘ